訪問したらクリックしてね!

【 更新・新着記事 】

2022/7/6

伝統的七夕

目次1 七夕の物語|彦星と織姫の話2 世界の七夕事情2.1 中国では「恋人の日」2.2 韓国では雨が降ると・・・2.3 ブラジルにもある七夕祭り3 もともとの七夕の行事というのは旧暦の7月7日4 短冊に願い事を書く由来4.1 短冊の5色と意味 七夕の物語|彦星と織姫の話 七夕と言えば有名な彦星と織姫の物語があります。中国が発祥の牛郎織女(ぎゅうろうしょくじょ)というお話です。牛の世話をしていた彦星と結婚した織姫。二人が仲良く、仕事もせず遊んでいました。その結果、牛は瘦せてしまい天の神さまは怒り、二人を天の ...

2022/7/6

葛西臨海公園のカブトムシ徹底調査 2022年版 開始しました

目次1 2022年7月3日 カブトムシは来週か2 2022年7月2日 樹液にカナブン集合3 2022年の有望な木を調査4 外来植物がカブトムシの活動リズムを変化させる5 葛西臨海公園に コクワガタ生息6 葛西臨海公園にノコギリクワガタ生息7 そろそろ終盤の2021/8/29 日中調査8 2021/8/9 雨上がりの日中調査9 葛西臨海公園には、クワガタ生息しているのか調査10 2021/7/24 日の出直後の調査で、立派な角のオス確認  (^O^)11 2021/7/22 日の出直後の調査で、今季初のカブ ...

2022/7/6

新型コロナウイルス 変異ウイルス BA5による第7波の始まり

目次1 明らかな増加傾向2 新型コロナ 変異ウイルス BA5拡大3 マスク着用 新基準4 都会地は集団免疫獲得か5 1/4  オミクロン株か?!   日本も増加傾向へ5.1 オミクロン株の初期症状6 11/247 11/228 随分減少しましたが、これを維持したい9 今年最小の感染者数まで減少 ⇒ 弱毒化により発症する人が減少9.1 今後、弱毒化して最終的には風邪の原因の一つになっていく??10 人流8割減並みの感染者の急減少11 緊急事態宣言 解除12 変異株対策13 緊急事態宣言 延長14 新規感染者 ...

2022/7/6

C 2017/K2 パンスターズ彗星 地球最接近 2022年7月14日 今が見頃

目次1 距離が遠いため見かけは小さいが見事な彗星2 最接近のときは満月なので、現在と今月下旬が見頃です3 近日点通過 2022年12月19日 1.8AU 距離が遠いため見かけは小さいが見事な彗星 最接近のときは満月なので、現在と今月下旬が見頃です c 2017/K2の発見時は太陽から24億kmもの遠方でしたが、すでにコマがある活動が活発な彗星でした。地球最接近といっても、地球から約2億7000万kmを通過するため、明るさは8等級にとどまりますが、彗星の活動が活発なため、写真のような見事な姿が捉えられます。 ...

2022/7/6

2022年の「月面X」 本日、7月6日(水曜日) 18時40分  前後1時間

目次1 7/6 天気状況2 5/8 月面X    東北地方で撮影されたもの2.1 15:30時点 雲が所々にあります2.2 関東の南方に気圧の谷が残りました3 「月面X」の観察できる日時 7/6 天気状況 全国的に天気が不安定ですが、見られる地域はありそうです。 5/8 月面X    東北地方で撮影されたもの 15:30時点 雲が所々にあります 関東の南方に気圧の谷が残りました   「月面X」の観察できる日時 NO 見られる日 見られる時間帯 日没時刻 状況 1 3月10日 16時45分  前後 ...

2022/7/5

キハ40国鉄色車両 富良野~幾寅

JR北海道が廃止を予定している区間を走る キハ40国鉄色車両

2022/7/5

7月10日 小清水原生花園 すなはま宝探し

はな*花 フェスティバル 満開を迎えたエゾスカシユリと、JR釧網線と斜里岳。

2022/7/4

TDR 突然の発表 「ウィークナイトパスポート」「アーリーイブニングパスポート」

突然の発表、驚きました ⇒ 7月5日14:00より販売 現在販売休止中の「アフター6パスポート」「スターライトパスポート」は、2022年7月4日(月)をもって廃止となります。

2022/7/5

日本最北スタバ 北見に7月4日オープン

目次1 開店 大学生で賑わう2 北見KIT FRONT店 開店 大学生で賑わう 北見KIT FRONT店 北見工大の向かいに立地し、アルゴグラフィックス北見カーリングホールにも近接しています。

2022/7/4

次回発売 7月20日 😀 【まるで生ジョッキのうまさ】アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶

目次1 最近は、次回発売の少し前くらいまで、潤沢な在庫あり2 4月以降の発売日3 リニューアル缶 販売状況3.1 4月12日 ローソン再入荷3.2 4月11日 ローソン完売3.3 4月9日  ローソン、アコレ でまだ在庫あり3.4 3月29日 ローソンで販売3.5 3月26日 オーケーで販売  ⇒  3月27日もまだ 在庫あり4 3月29日発売分からリニューアル4.1 生産体制を強化し、年間製造可能数量は昨年の5倍4.1.1 現在                                       ...

C/2020 F3 NEOWISE

天文関連

C/2020 F3 NEOWISE 23年ぶりの大彗星 コロナ禍の暗い日々に明るさを与えてくれた

(2020/12/24更新)

ピーク時には肉眼で20度以上のイオンの尾とダストの尾が見られた大彗星も、15等級まで暗くなりました。次は、6684年後です。

(9/14更新)

10等級の明るさでも、ある程度長いダストテールを保っています。太陽方向になってきているので、この彗星の最後の姿になりそうです。2021年版の天文年鑑の表紙は、当然のようにネオワイズ彗星です。

(9/6更新)

近日点通過から約3ケ月後にオーストラリアで大型アストロカメラで撮影されたネオワイズ彗星です。光度は9等級まで暗くなり、オーストラリアの空でも、双眼鏡では確認できないそうです。

(9/4更新)

微かに確認できる程度まで暗くなりました。

(8/28更新)

(8/26更新)

こんなに北半球から見やすい大彗星には次はいつ出会えるのでしょうか

(8/25更新)

1997年春に地球へ接近した「ヘール・ボップ彗星(C/1995 O1)」以来、北半球から観測できる彗星としては最も明るくなったネオワイズ彗星を「ハッブル宇宙望遠鏡」が8月8日にクローズアップ撮影していたそうです。直径4.8km以下とみられるネオワイズ彗星の核そのものは小さすぎて写っていませんが、画像には彗星の核から噴出したガスと塵でできた「コマ」と呼ばれる核を取り巻く大きな領域の一部(幅およそ1万8000kmの範囲)が捉えられています。太陽に再接近した後のこのように明るい彗星を、ハッブル宇宙望遠鏡がこれほどの高解像度で撮影したのは今回が初めてだそうです。彗星が太陽から遠ざかるにつれて塵の色が変化する様子を調べることで、塵の本来の性質を探ることを目標としているとのことです。優れた解像度を持つハッブル宇宙望遠鏡で核から噴出したばかりの塵の変化を観測することで、可能な限り彗星の元の性質に近い塵を調べることができるそうです。太陽への最接近を終えたネオワイズ彗星は、太陽系の外側に向かって秒速60km以上の速度で遠ざかりつつあり、次に太陽へ近づくのは、およそ7000年後になるとのことです。

(8/22更新)

存在がわかる程度の明るさになりました。

(8/21更新)

8.0等級まで暗くなりました。

(8/15更新)

このような大彗星、次は何年後に現れるのでしょうか?

(8/14更新)

随分暗くなりました。日本では梅雨が長引き、この23年ぶりの大彗星はほとんどまともに見れませんでした。なんとも、残念でしたが、次の彗星に期待しましょう!!

(8/12更新)

ネオワイズ彗星、レモン彗星、パンスターズ彗星 が集合しています。

(8/11更新)

(8/9更新)

どこまで追えるでしょうか。

(8/8更新)

大きなアストロカメラでは、まだ迫力ある姿が捉えられます。

(8/7更新)

ネオワイズ彗星は、M64、M53 、パンスターズ彗星、へ接近しています。

左上の球状星団がM53です。

(8/5更新)

オーストラリアで大きな望遠鏡で撮影されたネオワイズ彗星です。

(8/4更新)

彗星が暗くなったのと、月が満月近いということで、見つけづらくなりました。

(8/2更新)

随分暗くなりました。

(8/1更新)

世界遺産“モンサンミッシェル” とネオワイズ彗星

(7/31更新)

大きなアストロカメラでは迫力ある姿が捉えられますが、一般のカメラでは存在が捉えられるレベルになりました。

(7/29更新)

地球最接近を過ぎて、どんどん暗くなっています。もうかなり暗い空の下でないと、存在を確認するのも難しくなってきています。

(7/28更新)

光度がかなり落ちてきました。

(7/26更新)

ネオワイズ彗星は、北半球から非常に観易い、大彗星でした。天の川が楽々見えるような夜空では、以下の写真のようにさぞかし素晴らしい光景だったでしょうね。

(7/25更新)

地球から遠ざかりはじめたネオワイズ彗星。

(7/24更新)

ほぼ地球最接近時の姿。まだ見事な姿です。尾は35度以上あるようです。

(7/23更新)

そろそろ肉眼では見納め。3.3等級。

(7/22更新)

ネオワイズ彗星は明日23日に地球に最接近します。その後は、暗くなるスピードが速くなりますので、見頃の期間もあと少しです。

  

(7/21更新)

明るさは3等級台になつたようです。

(7/20更新)

こんな明るい彗星でも、暗い夜空で見るのと、光害にまみれた都会の夜空で見るのとでは、見える姿はまるで違います。できるだけ暗い空で見てください。イオンの尾は非常に長いですね、40度くらい伸びているようです。。

(7/19更新)  こんなすばらしい彗星が現れているのに、梅雨明けの大幅な遅れ

こんなすばらしい彗星が現れているのに、梅雨明けの大幅な遅れ・・・なんとも悔しいですね。天気の良い北海道では、凄い姿が捉えられています。北緯45度の稚内では、一晩中沈まずにみえています。また、北緯50度前後のパリやロンドンでも、一晩中ネオワイズ彗星が見られるという夢のような夜となっています。この日、北海道小平町では、肉眼で20度以上のイオンの尾とダストの尾が見られました。

(7/18更新)

見頃は来週末くらいまでで、その後はどんどん暗くなっていき、肉眼では見えなくなるでしょう。今夜は、おおぐま座の前足のところに見えます。暗い空なら   "一生もの"  の彗星の姿が見えるでしょう。以下は札幌市での見え方です。尾は0.2天文単位くらい伸びています。

(7/17更新)

夕暮れ後の北西の空でもまだまだ、見事な姿を見せています。

(7/16更新)

夕暮れ後が見頃となってきました。まだ、1等級台を保っているようです。北緯45度以北では、地平線下に沈まない周極彗星となっています。23年前のヘールボップ彗星も同じでした。

(7/15更新)

明け方の彗星の高度は低くなり、今後は夕暮れ後の夜空となります。

(7/14更新)  3色の彗星

明け方の彗星の高度は少しづつ低くなりなじめました。今後は、夕暮れ後の北西から北北西の間の方角の低空に現れます。

(7/13更新)

近日点通過から10日ほどたちましたが、明るさはそれほど低下していません。堂々たる彗星です。

(7/12更新)

各報道機関もネオワイズ彗星を取りあげています。まだ、1.3等級をキープしています。太陽に近づいて彗星の活動が相当活発になったようです。次に太陽に近づくのは5000年以上先となります。

(7/11更新)

ついに北半球から、このような見事な彗星をみることができるときがきました。写真だけみると、1997年のヘールボップ彗星のようです。

宇宙ステーションからも雄姿がみえています

(7/10更新)

北半球では、1997年のヘールボップ彗星以来の、見事な彗星の姿です。 (1997年のヘールボップ彗星)

(7/9更新)   彗星が「V字」に見えてきました

(7/8更新)   見事な姿です

(7/7更新)

現在、ネオワイズ彗星までの距離は1.041 AU、地球に最接近する7月23日には0.692 AUまで近づきます。一部、断片化が発生か?

(7/6更新)

ダストの尾は扇形に拡がっているようです。

(7/5更新)

北半球から見れる、久しぶりに明るい彗星です。

(7/3)更新 ネオワイズ彗星の雄姿が見えてきました

(7/2更新)   ついに、ネオワイズ彗星が姿を現しました

(7/1更新)   1.0等級に達しました

(6/29更新)

今朝未明、日の出直前の空でネオワイズ彗星を捜してみましたが、さすがに確認できませんでした。

(6/28更新)

これはもう0等台の明るさになっているようですね。

 

(6/27更新)

太陽観測衛星SOHOLASCO/C3コロナグラフの視野内に、ネオワイズ彗星が見えるのは明日くらいまでかな。

(6/26更新)

γ星 1.93等と同等くらいの明るさに見えます。このくらいの明るさになると、薄明がかなり進んだ明るい空でも、双眼鏡で確認できそうです。

(6/25更新)

光度曲線が上方修正されました。やはり、明るいため観測事例がでました。

(6/24更新)

太陽観測衛星SOHOLASCO/C3コロナグラフの視野内に、C/2020 F3 NEOWISE が見えています。ネオワイズ彗星は、ふたご座の足元の星 2.87等星よりはるかに明るく見えますね。

7/3の夜明け前の薄明の空に、ぎょしゃ座の下方の低空に、以下のように見える可能性が高まってきました。

(6/16更新)

現在は太陽に近く、観測事例がありません。7月に明るい姿となって、現れるのを期待しましょう!     次は、7/5未明のシミュレーションです。このような美しい光景がみみたいな。

(6/11更新)

ネオワイズ彗星は、アトラス彗星・スワン彗星と比較して、核がしっかりしているようです。近日点通過までの増光に注目です。

(6/9更新)

これから、7/3の近日点に向けて、どこまで明るくなるか注目です。増光ペースが上がってきたようです。

(5/29更新)  明るくなれば、以下のような雄姿が見られるかもしれません

7/10  未明 3:00頃 ぎょしゃ座の近くで見つけやすい

7/15  日没後 20:15頃

明るくなることが期待される、ネオワイズ彗星。日本からですと、7/10~7/18頃の夜明け前の北東から北北東の低空に3.5等級前後、7/15~7/20頃では日暮れ後の北北西から北西の低空に4等級から5等級、で見える可能性があります。ネオワイズ彗星は期待通りの明るさになるでしょうか?

 

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.