更新・新着記事

2021/12/6

鬼滅の刃 遊郭編 12/5開演

目次1 第1話 『音柱・宇髄天元』1.1 宇髄と共に遊郭に向かう竈門炭治郎の姿2 東京スカイツリーが“ド派手”にライトアップ 宇髄天元をイメージ 12/5 17:30~24:002.1 「鬼滅の刃」遊郭編ではデータ放送プレゼント企画を実施    dボタンを押して豪華プレゼント ⇒ スタンプの数は11、11話2.2 カウントダウン色紙3 あと1日4 あと2日5 あと3日6 あと4日7 「鬼滅の刃 無限列車編」最終話となる第7話「心を燃やせ」放送終了後に次週より公開となる「鬼滅の刃 遊郭編」の予告映像が公開8 ...

2021/12/5

ポテトチップスうすしお味と鬼滅の刃カードのセット 店頭購入できた!!

目次1 12/5  ファミリーマートで販売を確認&購入2 11/30  ローソンで販売を確認&購入3 11/27  マルエいで販売を確認 購入4 11/23  ワイズマートで販売を確認 購入5 11/14  ついに店頭で購入!!6 ポテトチップス鬼滅の刃 コンソメ無限パンチ 2021年11月08日発売 コンビニエンスストア以外の店舗での販売6.1 どこで売っているのか ???7 鬼滅の刃チップス うすしお味 カードリスト 2021年11月30日発売 コンビニエンスストアのみでの販売 12/ ...

2021/12/5

南極皆既日食 2021/12/04

目次1 南極大陸で皆既日食2 現地の様子3 皆既日食 動画 南極大陸で皆既日食 この珍しい天文現象を目撃したのは、一握りの科学者や観光客、たくさんのペンギンでした。皆既日食が観測できたのは南極大陸のみで、現地には一部の科学者や専門家の他、約4万ドル(約450万円)のツアーに参加した少数の観光客が集まりました。 現地の様子 皆既日食 動画 https://hrykosd.com/wp-content/uploads/2021/12/total-solar-eclipse-s.mp4

2021/12/5

東京ディズニーリゾート チケット販売 12/8 14:00 2/5~2/11分販売 ・ 12/10 14:00 1/8~1/14分追加販売

目次1 次回の販売予定2 販売済3 今後の販売予定 注意!! 入園日の約2ヶ月前より1週間分のチケットを販売する予定4 追加販売5 10/13の販売枚数6 原則5,000人だった入場制限が、1万人に緩和7 9月22日 「ハロウィーンモーニング・パスポート」発売8 9月8日の販売状況9 チケット販売状況 チェック      &     コンビニ端末でチェック!!10 9月1日の販売状況11 8月25日の販売状況12 8月11日の販売状況13 7月28日の販売状況14 次回チケット販売は7月14日(水 ...

2021/12/5

北京冬季オリンピック(あと61日)・パラリンピック(あと89日) 

目次1 オミクロン株の北京五輪への影響2 29日から 冬の北京オリンピックとパラリンピックをPRする展示会が東京都内で始まる3 北京冬季五輪 選手村の食堂メニュー発表 料理数は678超4 中国河北省張家口 ジャンプ台5 中国河北省張家口にある北京冬季五輪の選手村6 黄色警報発令!北京・天津・河北に大雪の予報  積雪20cm7 2022年北京冬季オリンピック会場  シークレット・ガーデンスキー場 タイウースキー場7.1 シークレット・ガーデンスキー場7.2 タイウースキー場8 北京五輪のコロナ対策9 カウン ...

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)

天文関連

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)

赤外線観測用宇宙望遠鏡 望遠鏡の主鏡は6.5m

JWSTの主な任務は、宇宙誕生ビッグバンの約2億年後以降に輝き始めたとされるファーストスターを初観測することです。ファーストスターからの光は赤方偏移により波長が引き延ばされ赤外線に変化すると考えられており、赤外線域で捜索・観測することによって、ファーストスターを発見することが期待されています。可視光域は観測できません。

配置される軌道 ラグランジュ点

ラグランジュ点 とは、天体力学における円制限三体問題の5つの平衡、すなわち天体と天体の重力で釣り合いが取れる「宇宙の中で安定するポイント」です。JWSTの質量が他の2天体(太陽と地球)の質量に比べ無視できるほど小さいため、JWSTがラグランジュ点にあれば、JWSTはその位置に留まっていられます。打ち上げ後JWSTは、太陽 - 地球のラグランジュ点の1つ(L2)に置かれます。HSTは地表から約600kmという比較的低い軌道上を飛行しているため、光学機器にトラブルが発生してもスペースシャトルで現地へ行って修理することが可能でした。これに対し、JWSTは地球から150万kmもの遠距離に置かれるため、万が一トラブルが発生してもHSTのように修理人員を派遣することは事実上不可能とみられています。

打ち上げ予定日 2021年10月31日

観測のためには、機体を極低温に冷却し、太陽や地球の光なども避ける必要があります。そのため、JWSTは折畳まれた遮光板を搭載し、遮光板によってJWSTの機体に到達する不要な光が遮蔽されます。

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.