訪問したらクリックしてね!

【 更新・新着記事 】

2024/6/15

EVSCOPE Ver1 都市部で撮影した天体

目次1 6月15日未明 快晴に近い1.1 NGC7293  らせん星雲1.2 NGC67721.3 M222 6月13日 所々に薄雲あり2.1 NGC 6781    The Snowball Nebula2.2 M162.3 M203 6月12日3.1 NGC63694 6月夜~7日未明 快晴に近い4.1 NGC67514.2 M6   バタフライ星団4.3 M74.4 M44.5 M804.6 M54.7 M104.8 M124.9 M144.10 M224.11 M554.12 M84.13 M16 ...

2024/6/15

鬼滅の刃 柱稽古編  第6話 鬼殺隊最強 6月16日23時15分~ 👹🐍

目次1 第6話「鬼殺隊最強」2 第5話「鬼を喰ってまで…」3 第4話「笑顔になれる」4 第3話 炭治郎全開! 柱稽古大参加5 第2話 富岡義勇の痛み6 柱稽古編 第1話 鬼舞辻無惨を倒すために 5月12日23時15分~7 刀鍛冶の里編 特別編集版  2024年5月4日・5日放送8 3月9日(土)22:30より『鬼滅テレビ-柱稽古編 新情報発表SP-』9 2月23日 2回目鑑賞 「キービジュアルクリアスタンド 第一弾」が入場者にプレゼント10 ufotableにより制作された第一弾~第三弾の入場者特典映像を ...

2024/6/15

6月20日(木)夕方 アンタレスが月に隠される

東の空に昇ってきた月が、アンタレスを隠します 2024年6月20日(木) アンタレス食の時刻(日本時間) 地名 月出 暗縁潜入 明縁出現 日没 札幌 17:52 隠されない (最接近18:55) 19:18 仙台 17:36 隠されない (最接近18:53) 19:04 東京 17:32 18:46 18:59 19:01 大阪 17:46 18:29 19:09 19:15 福岡 18:04 18:20 19:12 19:33 那覇 17:55 18:11 19:15 19:26

2024/6/15

二十四節気 6月21日 夏至 真夜中の空にある太陽(ミッドナイト・サン)

目次1 真夜中に北の低空に見える太陽2 Midnight Sun cam Live Sodankylä, Finland3 サンタクロース村 ライブカメラ  北極圏のサークルライン4 6月3日 24時夜中のフィンランド 北部ムルマンスクの夜??5 気象衛星から見た白夜5.1 日本北端の宗谷岬では、薄明終了は22:03、薄明開始は01:05 暗い夜空はわずか3時間のみ6 日の出から日の入りまでの時間がもっとも長い日が夏至7 日本の夏至のお祭り8 真夜中の太陽“ミッドナイト・サン”8.0.0.1 北緯71度1 ...

2024/6/15

2024年の月面X 6月14日 日中

目次1 6月14日   14時前後2 4月16日 15時頃3 2024年3月17日24時25分 前後30分 ⇒ 曇天 ☁4 好条件の「月面X」は2024年1月18日19時20分 前後30分4.1 20時5分 薄雲を通してXを確認4.2 2024年の月面X  Xが見え始める時刻4.3 2025年の月面X  Xが見え始める時刻5 2023年に起こる月面Xはすべて日中の時間帯5.1 11月20日(月)    18時過ぎ5.2 9月22日(金)   13時ごろ5.3 9月22日(金)   アメリカ西 ...

2024/6/16

NASAの無人探査機「ボイジャー1号」復活!!

目次1 2024年6月14日 4つの観測機器から恒星間空間に関する科学データを受信2 2024年5月19日 修理プロセスの第2段階を実行3 2024年4月23日 【ボイジャー1号】復活!4 老朽化したボイジャー1号から驚きの応答5 ボイジャー2号の機器を予備電力であと3年稼働6 惑星直列という好機に合わせて打ち上げられた探査機7 ボイジャー1号によって撮影された「太陽系の家族写真」8 60億km先から撮影された地球 (中央やや右の小さな青い点)9 オーストラリアのキャンベラで運用されている「DSS 43」 ...

2024/6/14

オルバース彗星(13P) 6月30日 近日点通過

目次1 6月13日2 6月11日3 6月5日4 オルバース彗星(13P/Olbers)4.1 2024年6月30日 薄明終了後  北西 高度16度 6月13日 6月11日 6月5日   オルバース彗星(13P/Olbers) 公転周期が約70年の短周期彗星。1815年3月6日にドイツの天文学者ヴィルヘルム・オルバースが発見。 2024年6月30日 薄明終了後  北西 高度16度

2024/6/14

TDS ファンタジースプリングス グランドオープン当日~8日目 ☆彡

目次1 発行終了時刻2 開業7日目3 開業6日目3.0.1 DPA3.0.2 スタンバイパス4 開業5日目   平日はパス終了までは少し猶予あり5 開業4日目 初日同等の激戦6 開業3日目    初日同等の激戦7 開業2日目 11:10現在8 オープニングセレモニーでオープン宣言9 6月6日0時から並び開始9.1 6時40分現在9.2 7時40分10 6月7日、8日も開園時刻変更11 ファンタジースプリングスのアトラクションのスタンバイパスの終了時刻11.1 DPAはハッピーエントリー(ホテルアーリー)じ ...

2024/6/15

恋人の日(6月12日)

目次1 恋人の日とは2 6月12日が「恋人の日」と定められた理由 恋人の日とは 縁結びの神様 聖アントニオにちなんだブラジルのイベント「恋人の日」は、家族や友人、恋人同士との縁を深めるためにフォトフレームを送りあう習慣があります。恋人同士を中心として、他にも友達・家族などの親しい人と贈り物をしあいます。そしてそれによって、縁や愛情を深める日なんです! 6月12日が「恋人の日」と定められた理由 サン・アントニオはキリスト教を学んだ聖職者。とても話が上手な人であり、彼の話は魚でさえも聞き入ってしまったといわれ ...

2024/6/13

C/2023 A3(Tsuchinshan-ATLAS)彗星 増光が鈍ってきました 近日点通過時 +2.0等級

目次1 6月12日 11等級と思われます2 増光が鈍るどころか減光してきました3 4 5月9日5 5月3日 彗星らしい姿になってきました6 近日点追加後 西空7 近日点通過前後 東空低空8 4月26日9 4月19日10 3月20日 11等級11 1月8日 14等級12 2024年最接近の年  公転周期26,000年、大きな核を持つ非周期彗星13 2023年8月22日 予想光度が上方修正されました14 2023年8月6日 尾が出始めた15 かなり明るくなる(-4等級) 可能性あり   ➡これは ...

2024/6/9

TDS ファンタジースプリングス グランドオープン3日目

目次1 ディズニーシー到着時の様子1.1 到着した 5:15の位置2 ファンタジースプリングスへの入場の権利を求めて2.1 一般ゲストの入園開始時刻は 8:15過ぎ3 ファンタジー溢れる 新エリア3.1 いよいよ、新エリアへ向かいます3.2 ファンタジースプリングスの入り口が見えてきました ここまでは、FS入場の権利が無くても来れます3.3 いよいよ 新エリア ディズニーシー到着時の様子 到着した 5:15の位置 徹夜組も予想されましたので、可能な限り早く来ましたが、すでに写真の位置でしたので、ファンタジ ...

2024/6/9

祝💛 6月9日 ドナルドの誕生日

目次1 ドナルド誕生日 号外2 2023年6月9日にゲット3 6月9日のドナルドダックの誕生日に合わせ、ドナルドをモチーフにしたポップコーンバケットが6月1日に登場4 販売店舗5 ドナルド Happy Birthday To Me6 ドナルド探検7 ドナルドのバースデイグッズ  2021年のグッズ8 短気ながら激しい憎めない性格9 ドナルドのバースデイグッズ  2020年のグッズ10 ドナルドのバースデイグッズ  2019年のグッズ11 TDRで初開催! 「ドナルドの“ハッピーバースデー・トゥ・ミー!”」 ...

2024/6/7

第33回 YOSAKOIソーラン祭り 6/5(水)~6/9(日) 

目次1 第33回 YOSAKOIソーラン祭り2 第32回YOSAKOIソーラン大賞は「REDA舞神楽」に決定!3 笑顔全開 踊れ鳴らせ 第33回 YOSAKOIソーラン祭り 第32回YOSAKOIソーラン大賞は「REDA舞神楽」に決定! 北海道外から参加のチームが大賞を受賞したのは、第1回・第25回以来の3度目。千葉県船橋市から長年参加するREDA舞神楽が初の大賞受賞となりました。 笑顔全開 踊れ鳴らせ

2024/6/9

TDS ファンタジースプリングス に入場するためには!  (^^♪

目次1 ファンタジースプリングスのレストラン利用2 スタンバイパスは抽選なのか、先着なのか2.1 ディズニーのスタンバイパスに関しては、先着(入場した順番)に取得可能3 対象アトラクション4 ファンタジースプリングス  最近では頻繁にスニークを実施5 ファンタジースプリングスに入場するために必要なもの5.1 多くの人がプレミアムアクセスを購入するのでは !!6 「ファンタジースプリングス」開業までカウントダウン! 2月28日よりフォトロケーション7 新エリア映像公開8 予約状況9 ファンタジースプリングス ...

2024/6/9

6月5日 20時30分~ 開業前夜配信イベント「THE FANTASY BEGINS」を実施

目次1 フランク・ウェルズ2 THE FANTASY BEGINS3 ドローンリハーサル4 一夜限りのライブイベント4.1 ファンタジースプリングスを舞台に4.2 東京ディズニーリゾート公式 SNS にてライブ配信4.3 フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」 午後 8 時 30 分頃、番組内にて放送 フランク・ウェルズ 1984年、ウォルト・ディズニー・カンパニーに入社。東京ディズニーシーのディズニー側責任者として交渉に臨みました。1991年9月5日、オリエンタルランドの高橋政知会長との会談で日本側よ ...

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)

天文関連

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST) 初期銀河が存在する「未知の世界」を発見

初期銀河が存在する「未知の世界」

これまでに見られた最も遠い銀河のうちの 2 つが、巨大銀河団 Abell 2744 の外部領域のウェブ宇宙望遠鏡の写真に捉えられています。これらの銀河は、銀河団の内部ではなく、数十億光年離れたところにあります。 (1) とラベル付けされた銀河は、ビッグバンからわずか 4 億 5000 万年後に存在していたものです。 (2) の銀河は、ビッグバンから 3 億 5000 万年後に存在していたものです。 どちらも、138 億年前に起こったビッグバンに非常に近い時期のものです。 これらの銀河は、私たちの天の川銀河に比べて小さく、そのサイズのほんの数パーセントです。

砂時計のような星雲

海王星のリング

海王星本体を取り囲む幾つもの環は、1989年8月に海王星のフライバイ探査を行ったNASAの惑星探査機「ボイジャー2号」以来、30年以上も観測されていませんでした。塵の帯が赤外線の波長で観測されたのは今回が初めてです。

明るい星は、衛星トリトン

「幻の銀河(Phantom Galaxy)」とも呼ばれるM74

中心から外側へ向かって巻いている壮大な渦状腕の中にあるガスと塵の繊細なフィラメント構造が、ウェッブの鮮明な画像によって明らかになりました。中心領域にガスがないため、視界を遮られずに銀河中心核星団(NSC)が見えています。

NASA   HP

日本時間7月12日23時30分から、カリーナ星雲や南のリング星雲、ステファンの五つ子銀河など、さらに多くの画像を公開

イータカリーナ星雲   ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

ステファンの五つ子銀河  ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

南のリング星雲  ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

南のリング星雲  ハッブル宇宙望遠鏡

画像とデータが、2022年7月12日に初公開

驚愕!!   あのハッブル宇宙望遠鏡をはるかに上回る性能!!

画像の中央部には、46億年前に出現した銀河団SMACS 0723が写っている。また、SMACS 0723がもつ巨大な質量による重力レンズ効果によって、その周囲には、背後にあるはるか遠くの銀河が拡大して歪んで見えています。

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

同じ領域をハッブル宇宙望遠鏡が撮影した画像

「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」に微小隕石が衝突し鏡に窪み

鏡を構成する金のセグメント1枚に隕石衝突

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の巨大な鏡を構成する金のセグメント18枚のうち1枚に、想定されていたものより大きなサイズの微小隕石が2022年5月23~25日に衝突していたことが判明しました。その一枚はC3と呼ばれるセグメントで、この衝突によりセグメントに「くぼみ」ができたそうです。このダメージは、観測データに顕著な影響を及ぼしているそうですが、ミッション全体に影響を及ぼすことはないと予想されているそうです。今後も、ウェッブ望遠鏡は宇宙空間で今後何度もこうした衝突に見舞われる可能性が高いので心配です。

今回の衝突では、影響を受けたミラーのセグメントを取り外すことはできず、エンジニアが歪みの一部を打ち消すために、ミラーの位置を調整するそうです。

ブ宇宙望遠鏡が撮影した鮮明な写真が公開

2021年12月に打ち上げられた「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」は、2022年1月に主鏡の展開に成功して以降、主鏡の位置合わせを続けていました。そして、2022年3月17日には主鏡の位置合わせがほぼ完了し、星を鮮明に撮影した写真が公開されました。公開された写真には撮影対象の星だけでなく、はるか遠方の銀河までもが鮮明に写っています。ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の観察能力は想定を上回っているとのことです。主鏡の調整は今後も続き、2022年5月上旬に光学系の調整が完了して、夏頃にはフル解像度の写真や科学データが公開される予定となっています。

中央に写る星は「2MASS J17554042+6551277」と呼ばれる星で、その周囲に写る細かな点々ははるか遠方の銀河とのこと。なお、この写真にはNASAによって赤いフィルターが施されています。

L2ラグランジュ点に無事到着

目的地である太陽と地球のラグランジュポイントであるL2点を回る最終軌道(ハロー軌道)に乗ったと発表しました。L2点は地球から約100万マイル離れており、地球から最も離れたラグランジュポイントとなっています。

サンシールドや直径6.5mの主鏡など、主要部分の展開が完了

打ち上げの3日後にサンシールドの展開が始まり、8日間かけてピンと張った状態に固定された。続いて3本の支柱に支えられた副鏡と、主鏡の背後に搭載されているラジエーターが展開され、最後に2か所で折られていた主鏡が片側ずつ広げられました。1月9日、主鏡を構成するパネルが所定の位置にあることが確認され、望遠鏡の主要部の展開が完了しました。1月13日20時時点でJWSTは地球から約120万kmの位置を航行中。今後スラスターの噴射で軌道を修正し、1月下旬に地球から約150万km離れたラグランジュ点のL2付近の最終軌道に入ります。一方、展開された主鏡は18枚の鏡が合わさってできており、その裏側には各部分の位置を微調整するためのアクチュエーターが126個あるります。今後はこれらのアクチュエーターを動かし、数か月かけて光学系を調節します。その後、科学機器のキャリブレーションを経て、夏に最初の画像が得られる見通しです。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡打ち上げ

NASAは25日、南米のフランス領ギアナの宇宙センターから、「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」を打ち上げた。30年あまり運用されている「ハッブル宇宙望遠鏡」の後継にあたり、地球から150万km離れた宇宙空間から、宇宙の成り立ちなどの解明に向け観測を始める。度重なる開発の遅れで、これまでおよそ1兆円の費用がかかっているこの望遠鏡は、およそ1カ月かけて目標に到達し、準備やテストを経て、夏ごろに観測を始める見通し。

赤外線観測用宇宙望遠鏡 望遠鏡の主鏡は6.5m

JWSTの主な任務は、宇宙誕生ビッグバンの約2億年後以降に輝き始めたとされるファーストスターを初観測することです。ファーストスターからの光は赤方偏移により波長が引き延ばされ赤外線に変化すると考えられており、赤外線域で捜索・観測することによって、ファーストスターを発見することが期待されています。可視光域は観測できません。

配置される軌道 ラグランジュ点

ラグランジュ点 とは、天体力学における円制限三体問題の5つの平衡、すなわち天体と天体の重力で釣り合いが取れる「宇宙の中で安定するポイント」です。JWSTの質量が他の2天体(太陽と地球)の質量に比べ無視できるほど小さいため、JWSTがラグランジュ点にあれば、JWSTはその位置に留まっていられます。打ち上げ後JWSTは、太陽 - 地球のラグランジュ点の1つ(L2)に置かれます。HSTは地表から約600kmという比較的低い軌道上を飛行しているため、光学機器にトラブルが発生してもスペースシャトルで現地へ行って修理することが可能でした。これに対し、JWSTは地球から150万kmもの遠距離に置かれるため、万が一トラブルが発生してもHSTのように修理人員を派遣することは事実上不可能とみられています。

打ち上げ予定日 2021年10月31日

観測のためには、機体を極低温に冷却し、太陽や地球の光なども避ける必要があります。そのため、JWSTは折畳まれた遮光板を搭載し、遮光板によってJWSTの機体に到達する不要な光が遮蔽されます。

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.