訪問したらクリックしてね!

【 更新・新着記事 】

2024/6/15

EVSCOPE Ver1 都市部で撮影した天体

目次1 6月15日未明 快晴に近い1.1 NGC7293  らせん星雲1.2 NGC67721.3 M222 6月13日 所々に薄雲あり2.1 NGC 6781    The Snowball Nebula2.2 M162.3 M203 6月12日3.1 NGC63694 6月夜~7日未明 快晴に近い4.1 NGC67514.2 M6   バタフライ星団4.3 M74.4 M44.5 M804.6 M54.7 M104.8 M124.9 M144.10 M224.11 M554.12 M84.13 M16 ...

2024/6/15

鬼滅の刃 柱稽古編  第6話 鬼殺隊最強 6月16日23時15分~ 👹🐍

目次1 第6話「鬼殺隊最強」2 第5話「鬼を喰ってまで…」3 第4話「笑顔になれる」4 第3話 炭治郎全開! 柱稽古大参加5 第2話 富岡義勇の痛み6 柱稽古編 第1話 鬼舞辻無惨を倒すために 5月12日23時15分~7 刀鍛冶の里編 特別編集版  2024年5月4日・5日放送8 3月9日(土)22:30より『鬼滅テレビ-柱稽古編 新情報発表SP-』9 2月23日 2回目鑑賞 「キービジュアルクリアスタンド 第一弾」が入場者にプレゼント10 ufotableにより制作された第一弾~第三弾の入場者特典映像を ...

2024/6/15

6月20日(木)夕方 アンタレスが月に隠される

東の空に昇ってきた月が、アンタレスを隠します 2024年6月20日(木) アンタレス食の時刻(日本時間) 地名 月出 暗縁潜入 明縁出現 日没 札幌 17:52 隠されない (最接近18:55) 19:18 仙台 17:36 隠されない (最接近18:53) 19:04 東京 17:32 18:46 18:59 19:01 大阪 17:46 18:29 19:09 19:15 福岡 18:04 18:20 19:12 19:33 那覇 17:55 18:11 19:15 19:26

2024/6/15

二十四節気 6月21日 夏至 真夜中の空にある太陽(ミッドナイト・サン)

目次1 真夜中に北の低空に見える太陽2 Midnight Sun cam Live Sodankylä, Finland3 サンタクロース村 ライブカメラ  北極圏のサークルライン4 6月3日 24時夜中のフィンランド 北部ムルマンスクの夜??5 気象衛星から見た白夜5.1 日本北端の宗谷岬では、薄明終了は22:03、薄明開始は01:05 暗い夜空はわずか3時間のみ6 日の出から日の入りまでの時間がもっとも長い日が夏至7 日本の夏至のお祭り8 真夜中の太陽“ミッドナイト・サン”8.0.0.1 北緯71度1 ...

2024/6/15

2024年の月面X 6月14日 日中

目次1 6月14日   14時前後2 4月16日 15時頃3 2024年3月17日24時25分 前後30分 ⇒ 曇天 ☁4 好条件の「月面X」は2024年1月18日19時20分 前後30分4.1 20時5分 薄雲を通してXを確認4.2 2024年の月面X  Xが見え始める時刻4.3 2025年の月面X  Xが見え始める時刻5 2023年に起こる月面Xはすべて日中の時間帯5.1 11月20日(月)    18時過ぎ5.2 9月22日(金)   13時ごろ5.3 9月22日(金)   アメリカ西 ...

2024/6/16

NASAの無人探査機「ボイジャー1号」復活!!

目次1 2024年6月14日 4つの観測機器から恒星間空間に関する科学データを受信2 2024年5月19日 修理プロセスの第2段階を実行3 2024年4月23日 【ボイジャー1号】復活!4 老朽化したボイジャー1号から驚きの応答5 ボイジャー2号の機器を予備電力であと3年稼働6 惑星直列という好機に合わせて打ち上げられた探査機7 ボイジャー1号によって撮影された「太陽系の家族写真」8 60億km先から撮影された地球 (中央やや右の小さな青い点)9 オーストラリアのキャンベラで運用されている「DSS 43」 ...

2024/6/14

オルバース彗星(13P) 6月30日 近日点通過

目次1 6月13日2 6月11日3 6月5日4 オルバース彗星(13P/Olbers)4.1 2024年6月30日 薄明終了後  北西 高度16度 6月13日 6月11日 6月5日   オルバース彗星(13P/Olbers) 公転周期が約70年の短周期彗星。1815年3月6日にドイツの天文学者ヴィルヘルム・オルバースが発見。 2024年6月30日 薄明終了後  北西 高度16度

2024/6/14

TDS ファンタジースプリングス グランドオープン当日~8日目 ☆彡

目次1 発行終了時刻2 開業7日目3 開業6日目3.0.1 DPA3.0.2 スタンバイパス4 開業5日目   平日はパス終了までは少し猶予あり5 開業4日目 初日同等の激戦6 開業3日目    初日同等の激戦7 開業2日目 11:10現在8 オープニングセレモニーでオープン宣言9 6月6日0時から並び開始9.1 6時40分現在9.2 7時40分10 6月7日、8日も開園時刻変更11 ファンタジースプリングスのアトラクションのスタンバイパスの終了時刻11.1 DPAはハッピーエントリー(ホテルアーリー)じ ...

2024/6/15

恋人の日(6月12日)

目次1 恋人の日とは2 6月12日が「恋人の日」と定められた理由 恋人の日とは 縁結びの神様 聖アントニオにちなんだブラジルのイベント「恋人の日」は、家族や友人、恋人同士との縁を深めるためにフォトフレームを送りあう習慣があります。恋人同士を中心として、他にも友達・家族などの親しい人と贈り物をしあいます。そしてそれによって、縁や愛情を深める日なんです! 6月12日が「恋人の日」と定められた理由 サン・アントニオはキリスト教を学んだ聖職者。とても話が上手な人であり、彼の話は魚でさえも聞き入ってしまったといわれ ...

2024/6/13

C/2023 A3(Tsuchinshan-ATLAS)彗星 増光が鈍ってきました 近日点通過時 +2.0等級

目次1 6月12日 11等級と思われます2 増光が鈍るどころか減光してきました3 4 5月9日5 5月3日 彗星らしい姿になってきました6 近日点追加後 西空7 近日点通過前後 東空低空8 4月26日9 4月19日10 3月20日 11等級11 1月8日 14等級12 2024年最接近の年  公転周期26,000年、大きな核を持つ非周期彗星13 2023年8月22日 予想光度が上方修正されました14 2023年8月6日 尾が出始めた15 かなり明るくなる(-4等級) 可能性あり   ➡これは ...

2024/6/9

TDS ファンタジースプリングス グランドオープン3日目

目次1 ディズニーシー到着時の様子1.1 到着した 5:15の位置2 ファンタジースプリングスへの入場の権利を求めて2.1 一般ゲストの入園開始時刻は 8:15過ぎ3 ファンタジー溢れる 新エリア3.1 いよいよ、新エリアへ向かいます3.2 ファンタジースプリングスの入り口が見えてきました ここまでは、FS入場の権利が無くても来れます3.3 いよいよ 新エリア ディズニーシー到着時の様子 到着した 5:15の位置 徹夜組も予想されましたので、可能な限り早く来ましたが、すでに写真の位置でしたので、ファンタジ ...

2024/6/9

祝💛 6月9日 ドナルドの誕生日

目次1 ドナルド誕生日 号外2 2023年6月9日にゲット3 6月9日のドナルドダックの誕生日に合わせ、ドナルドをモチーフにしたポップコーンバケットが6月1日に登場4 販売店舗5 ドナルド Happy Birthday To Me6 ドナルド探検7 ドナルドのバースデイグッズ  2021年のグッズ8 短気ながら激しい憎めない性格9 ドナルドのバースデイグッズ  2020年のグッズ10 ドナルドのバースデイグッズ  2019年のグッズ11 TDRで初開催! 「ドナルドの“ハッピーバースデー・トゥ・ミー!”」 ...

2024/6/7

第33回 YOSAKOIソーラン祭り 6/5(水)~6/9(日) 

目次1 第33回 YOSAKOIソーラン祭り2 第32回YOSAKOIソーラン大賞は「REDA舞神楽」に決定!3 笑顔全開 踊れ鳴らせ 第33回 YOSAKOIソーラン祭り 第32回YOSAKOIソーラン大賞は「REDA舞神楽」に決定! 北海道外から参加のチームが大賞を受賞したのは、第1回・第25回以来の3度目。千葉県船橋市から長年参加するREDA舞神楽が初の大賞受賞となりました。 笑顔全開 踊れ鳴らせ

2024/6/9

TDS ファンタジースプリングス に入場するためには!  (^^♪

目次1 ファンタジースプリングスのレストラン利用2 スタンバイパスは抽選なのか、先着なのか2.1 ディズニーのスタンバイパスに関しては、先着(入場した順番)に取得可能3 対象アトラクション4 ファンタジースプリングス  最近では頻繁にスニークを実施5 ファンタジースプリングスに入場するために必要なもの5.1 多くの人がプレミアムアクセスを購入するのでは !!6 「ファンタジースプリングス」開業までカウントダウン! 2月28日よりフォトロケーション7 新エリア映像公開8 予約状況9 ファンタジースプリングス ...

2024/6/9

6月5日 20時30分~ 開業前夜配信イベント「THE FANTASY BEGINS」を実施

目次1 フランク・ウェルズ2 THE FANTASY BEGINS3 ドローンリハーサル4 一夜限りのライブイベント4.1 ファンタジースプリングスを舞台に4.2 東京ディズニーリゾート公式 SNS にてライブ配信4.3 フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」 午後 8 時 30 分頃、番組内にて放送 フランク・ウェルズ 1984年、ウォルト・ディズニー・カンパニーに入社。東京ディズニーシーのディズニー側責任者として交渉に臨みました。1991年9月5日、オリエンタルランドの高橋政知会長との会談で日本側よ ...

2024年の「月面X」

天文関連

2024年の月面X 6月14日 日中

目次

6月14日   14時前後

4月16日 15時頃

2024年3月17日24時25分 前後30分 ⇒ 曇天 ☁

好条件の「月面X」は2024年1月18日19時20分 前後30分

20時5分 薄雲を通してXを確認

2024年の月面X  Xが見え始める時刻

条件 日付 見え始める時刻 消え始める時刻 日没時刻 備考
2024/01/18 18:50 19:50 16:49 最高の条件
X 2024/02/17 09:33 10:33 - 全く見えず
2024/03/17 23:55 24:55 17:51 月没 24:46
2024/04/16 13:25 14:25 - 月出 10:56
X 2024/05/16 01:59 02:59 月没後、全く見えず
2024/06/14 13:37 14:37 月出 11:30
X 2024/07/14 00:37 01:37 月没 23:18、全く見えず
X 2024/08/12 11:22 12:22 月出 11:57
X 2024/09/10 22:20 23:20 月没 21:25
X 2024/10/10 09:58 10:58 全く見えず
X 2024/11/08 22:36 23:36 月没 22:03
X 2024/12/08 12:21 13:31 月出 11:49

2025年の月面X  Xが見え始める時刻

条件 日付 見え始める時刻 消え始める時刻 日没時刻 備考
X 2025/01/07 02:59 03:59
2025/02/05 17:57 18:57 17:13
X 2025/03/07 08:39 09:39
2025/04/05 22:32 23:32
X 2025/05/05 11:22 12:22
X 2025/06/03 23:07 24:07
X 2025/07/03 10:04 11:04
2025/08/01 20:37 21:37 18:46
X 2025/08/31 07:17 08:17
2025/09/29 18:35 19:35 17:29
X 2025/10/29 06:56 07:56
2025/11/27 20:31 21:31 16:29
X 2025/12/27 11:07 12:07

2023年に起こる月面Xはすべて日中の時間帯

Xは欠け際に位置しているので、青空の中ではかなり見ずらいです。

11月20日(月)    18時過ぎ

数時間前に、Xが見えたことがわかります。

9月22日(金)   13時ごろ

悪天、雨模様。

9月22日(金)   アメリカ西海岸で撮影された 月面X

8月24日 20時20分頃

イギリスで撮影された 月面X

8月23日 20時20分頃

今回、月面Xが見られるのは、ヨーロッパ方面。

7月25日(火)    15時ごろ   高度36度

今回の15時ごろの予報は的中したようです。

20時20分(火)  "X"の片鱗確認!

"X" のピークを過ぎて、片鱗がみえています。"X" の上に"〇"が乗っかったような姿になっています。

6月26日(月)

20時38分

26日の月では、月面Xの周りまで太陽光が射しています。

 

6月25日(日) 予報時刻ハズレた!

ドイツで撮影された 月面X     ドイツ時間 23:04

22時14分

まだ、X は見えません。Xが見え始めるには、あと4時間以上は必要ですが月没後なので、ここまでとします。

20時14分

まだ、X  は見えません。

16時14分 高度57度

予報時刻が外れたようです。Xの近くのクレーターがまだ見えていません。Xが見えるのは、ヨーロッパ方面

北日本と関東甲信地方は、観測🔭チャンスがありそうです!

5月27日(土) 16時ごろ 高度58度  SONY  RX10Ⅳ 600mmで撮影

ちょうど撮影の頃に、薄雲が消えて、バッチリ晴れました。

3月29日 (水)   14時半ごろ    高度47度

当日は、午前中晴れていましたが、午後から曇って夕方には雷雨 ⚡

2月28日 0時15分頃    2023年唯一の「夜間の月面X」

27日23時57分

"X" が見えています。

22時05分 まだXは見えません

次回の好条件の「月面X」は2024年1月18日19時20分前後

2022年の「月面X」 12月30日 20時30分  前後1時間    観測条件 最高でした !(^^)!

200mmカセグレン反射 2400mm 直焦点  カメラ OM-SYSTEM OM-1   シーイングの落ち着いたタイミングで撮影

18時よりライブ中継

16時40分の衛星画像 好天期待

来年2023年は 日本からは唯一 2月27日の深夜に月面Xが見られます

2022年 12月30日 20時30分  前後1時間 16時37分 好条件       20時30分の高度40度

12月30日 20時30分

月面Xが観測できる日時(日本時間)

時間 日没時刻 好条件地域
2023年 2月28日 0時半ごろ 地平線付近 17:34 中東地域
3月29日 14時半ごろ    高度47度 17:59 ハワイ~アメリカ西部
5月27日 16時ごろ 高度58度 18:48 太平洋上~ハワイ
6月25日 16時ごろ 高度53度 19:01 太平洋上
7月25日 15時ごろ   高度14度 18:51 アメリカ中部
9月22日 13時ごろ 地平線付近 17:39 アメリカ中部~東部
11月20日 14時ごろ   高度15度 16:31 太平洋上~ハワイ
2024年 1月18日 19時半ごろ    高度60度 16:53 日本
3月18日 0時10分ごろ    高度10度 17:51 中東~インド

月面Xが観測できる 予報の手法

太陽直下の地点から90.71° 離れたところ、言い換えると、明暗境界線から0.71°離れたところに月面X地点があると、月面Xとして見える。月面Xの基準点経緯度は、「0.80°E 25.14°S」。

天文年鑑に載っている太陽の月面余経度(Y)と月面緯度(b)から月面Xの予報時刻を出すことが出来ます。

(1) 9時の太陽の月面余経度が、351°~355°の範囲にある日を選ぶ。
※351°以下だと月面Xになる前に月没の可能性があり、355°以上だと白昼の可能性があります。
(2) その日の太陽の月面緯度b として、
λ=0.80°+arccos( 0.4693×tan b-0.01369÷cos b)
を求める。
※Excel計算時は、0.8+degrees(acos(0.4693*tan(radians(b))-0.01369/cos(radians(b))))
のように入力する。
(3) 9時に、(450-λ-Y)×2 [時間] を加える。(λ・Y の単位は、[°])

これで、月面Xの時刻が計算できます。

この式の0.80° は、月面Xの東経です。
0.4693は、tan(25.14°) です。25.14° は、月面Xの南緯です。
0.01369は、sin(0.71°)÷cos(25.14°) で、0.71°は離角90.71°から90°を引いたものです。

11月1日 月面X

名寄で見えた 月面X

全国的に天気が良くないですね。見えるのは九州北部のみか。

9/3  月面X

18時36分

18時11分

17時36分 Xがはっきり見えています     SONY  RX10mⅣ で撮影

17時15分  Xが見えてきました

16時22分      SONY  RX10mⅣ で撮影

日没は18:06なので、空が少し暗くなる18:45頃が見頃です。天気も台風が近づいている地域以外は、チャンスがありそうです。

8/4  ヨーロッパ方面で見られた 月面X

7/6 天気状況

雲間からなんとか撮影できました

ただ、一番美しいXが見られる 18:40から2時間ほど過ぎていましたので、ギリギリ Xが残っていた感じです。

全国的に天気が不安定ですが、見られる地域はありそうです。

5/8 月面X    東北地方で撮影されたもの

15:30時点 雲が所々にあります

関東の南方に気圧の谷が残りました

 

「月面X」の観察できる日時

NO 見られる日 見られる時間帯 日没時刻 状況
1 3月10日 16時45分  前後1時間 17時44分 条件悪  木曜日  空が明るい間にXが見ずらくなる
2 5月8日 19時10分  前後1時間 18時33分 好条件  日曜日    日没1時間後の高度60度
3 7月6日 18時40分  前後1時間 19時01分 まあまあの条件  水曜日 19時40分の高度40度
4 9月3日 17時15分  前後1時間 18時06分 良い条件  土曜日  空が明るい間にXが見ずらくなる 18時15分の高度30度
5 11月1日 17時20分  前後1時間 16時46分 まあまあの条件  火曜日  17時45分の高度30度
6 12月30日 20時30分  前後1時間 16時37分 好条件 年末休み 20時30分の高度40度

※来年(2023年)は夜に「月面X」の観察できる好条件はありません

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.