訪問したらクリックしてね!

【 更新・新着記事 】

2022/12/3

カタール・ワールドカップ(W杯)2022 決勝トーナメント表

目次1 決勝トーナメント表1.1 アジア勢 大躍進 ⚽2 【ラウンド16(Match1)】オランダ[A組1位]  vs  アメリカ[B組2位]3 【ラウンド16(Match2)】アルゼンチン[C組1位]  vs  オーストラリア[D組2位]4 【ラウンド16(Match3)】フランス[D組1位]  vs  ポーランド[C組2位]5 【ラウンド16(Match4)】イングランド[B組1位]  vs  セネガル[A組2位]6 【ラウンド16(Match5)】日本[E組1位]  vs  クロアチア ...

2022/12/3

12/3 19:00~「ベストアーティスト2022」 21時台 「君の願いが世界を輝かす」のスペシャルパフォーマンス 🎄

目次1 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2022  タイムテーブルおよび歌唱曲1.1 19時台1.2 20時台1.3 21時台  南原清隆、天野ひろゆき、ビビアン・スーによる音楽ユニット「ブラックビスケッツ」 20年ぶりに“復活” /  「君の願いが世界を輝かす」のスペシャルパフォーマンス1.4 22時台 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2022  タイムテーブルおよび歌唱曲 ミッキーマウスとミニーマウスがMISIAさんとテレビ初共演!「君の願いが世界を輝かす」のスペシャルパフォーマンスを披露 ...

2022/12/3

12/3  11:59~ 王様のブランチ ディズニークリスマス徹底解剖 🎄

限定のフード グッズ  新たな魅力

2022/12/2

ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)

目次1 『ビデオアシスタントレフェリー』2 どんな時にVARを使うのか?2.1 得点か、得点ではないか?2.2 PKか、PKではないか?2.3 退場か、退場ではないか?(2枚目のイエローカードは対象外)2.4 警告退場はどちらか?3 「見逃された重大な事象」とは? 『ビデオアシスタントレフェリー』 フィールドとは別の場所で複数のアングルの試合映像を見ながら主審をサポートする審判員のことをVARと言います。 VARはすべての事象に介入するわけではなく、役割はあくまでも主審の“サポート”! 最終判定を下すのは ...

2022/12/2

『無限列車号 日本一周』 鬼滅の刃 12月10日のお台場ゴール目指して走行中👹

目次1 12月2日 無限列車 青森県走行中2 11月27日 無限列車 栃木県走行中3 11月23日 無限列車 神奈川県へ4 11月14日 運休日 明日は岐阜県へ5 10月30日 熊本走行中6 10月23日 福岡走行中6.1 リアル運行状況7 10月15日 徳島県にて開催の「マチ★アソビ」にてお披露目となり、竈門炭治郎役・花江夏樹さんの掛け声とともに出発7.1 移動コースや各地の通過予定日程など、日本一周の様子 12月2日 無限列車 青森県走行中 11月27日 無限列車 栃木県走行中   11月2 ...

2022/12/2

W杯サッカー⚽ 日本第3戦 2-1でまたまた『ジャイアントキリング』 ブラボー !(^^)!

目次1 次は、5日(日本時間6日未明)の決勝トーナメント1回戦で前回準優勝のF組2位クロアチアと対戦2 フランツ・アントン・ベッケンバウアーの名言 (Franz Beckenbauer)3 W杯史上最低のボール支配率17.7%で勝利4 大会初戦のドイツ戦に続く大国撃破に、各国メディアも驚き!!5 後半、同点⇒逆転 ⚽ 次は、5日(日本時間6日未明)の決勝トーナメント1回戦で前回準優勝のF組2位クロアチアと対戦 フランツ・アントン・ベッケンバウアーの名言 (Franz Beckenbauer) ...

2022/12/2

96P/Machholz マックホルツ第1彗星 2023年1月31日 21:04 0.8等級

目次1 96P/Machholz彗星は、ほぼ夜間に見ることはできない2 2023年1月31日 21:01 近日点通過 21:04 地球最接近2.1 2003年のニート彗星の様子3 1月31日は太陽から7度程度3.1 太陽観測衛星SOHO  LASCO C3カメラ3.2 太陽観測衛星SOHO  LASCO C2カメラ     太陽周辺を拡大4 彗星の近日点通過時に 地球に0.116AUに大接近 96P/Machholz彗星は、ほぼ夜間に見ることはできない 彗星と地球の位置関係が最悪で、太陽方向から近づいてき ...

2022/12/2

ZTF彗星 (C/2022 E3) 2023年2月1日 地球最接近 4.7等級 北半球中緯度好条件

目次1 順調に明るくなっています 最接近時には4等級前半で見えるかも2 2022年11月19日の彗星の位置2.1 最接近時の彗星の位置3 2022年11月13日 10.1等級4 2022年10月29日 10.9等級5 2022年9月17日 12等級6 2022年8月3日 13等級7 2023年2月1日 5:00    のシミュレーション8 2022年7月17日9 2022年5月9日10 2023年2月に地球に0.29天文単位まで接近 5等まで明るくなる11 最接近まで 北半球から条件良く見えます 順調に明 ...

2022/12/2

鬼滅の刃 刀鍛冶の里編 12月10日新情報👹 あと、8日!(^^)!

目次1 シリーズ「刀鍛冶の里編」最新情報2 「鬼滅の刃」無限列車編 オリジナルサウンドトラック    2022年12月14日(水)発売2.1 【Amazon.co.jp限定】「鬼滅の刃」無限列車編 オリジナルサウンドトラック(メーカー特典:「描き下ろしジャケットイラスト使用A4クリアファイル」付)(オリジナル特典:「ポストカード」付)(通常盤)2.2 2023年1月25日(水)『「鬼滅の刃」オーケストラコンサート~鬼滅の奏~ 無限列車編』 発売3 4/16   アニメ「鬼滅の刃」“刀鍛冶の里編”の第1弾P ...

2022/12/2

日食海外ツアー復活🌞 2023年4月20日 オーストラリア金環皆既日食 募集中

目次1 11月18日2 コース・日程2.1 基本コース<A班/B班>2.2 Cコース3 2022年10月1日発売開始  国際航空旅行サービス株式会社4 日本では太平洋沿岸で軽微な部分日食5 オーストラリア渡航状況6 日本帰国時の水際対策情報 11月18日 ホテルや航空会社と交渉し、諸条件が緩和されましたので「募集を継続」(延長)。残席あり。 コース・日程 基本コース<A班/B班> 日程:2023年4月17日(月)~4月24日(月)8日間 発着空港:成田空港/成田空港 旅行代金: 直行便 ¥558,000円 ...

2022年の「月面X」

天文関連

2022年の「月面X」 次回は12月30日 20時30分  前後1時間

来年2023年は 日本からは唯一 2月27日の深夜に月面Xが見られます

2022年 12月30日 20時30分  前後1時間 16時37分 好条件       20時30分の高度40度

月面Xが観測できる日時(日本時間)

時間 日没時刻 好条件地域
2023年 2月28日 0時半ごろ 17:34 中東地域
3月29日 14時半ごろ 17:59 ハワイ~アメリカ西部
5月27日 16時ごろ 18:48 太平洋上~ハワイ
7月25日 15時ごろ 18:51 アメリカ中部
9月22日 13時ごろ 17:39 アメリカ中部~東部
11月20日 14時ごろ 16:31 太平洋上~ハワイ

月面Xが観測できる 予報の手法

太陽直下の地点から90.71° 離れたところ、言い換えると、明暗境界線から0.71°離れたところに月面X地点があると、月面Xとして見える。月面Xの基準点経緯度は、「0.80°E 25.14°S」。

天文年鑑に載っている太陽の月面余経度(Y)と月面緯度(b)から月面Xの予報時刻を出すことが出来ます。

(1) 9時の太陽の月面余経度が、351°~355°の範囲にある日を選ぶ。
※351°以下だと月面Xになる前に月没の可能性があり、355°以上だと白昼の可能性があります。
(2) その日の太陽の月面緯度b として、
λ=0.80°+arccos( 0.4693×tan b-0.01369÷cos b)
を求める。
※Excel計算時は、0.8+degrees(acos(0.4693*tan(radians(b))-0.01369/cos(radians(b))))
のように入力する。
(3) 9時に、(450-λ-Y)×2 [時間] を加える。(λ・Y の単位は、[°])

これで、月面Xの時刻が計算できます。

この式の0.80° は、月面Xの東経です。
0.4693は、tan(25.14°) です。25.14° は、月面Xの南緯です。
0.01369は、sin(0.71°)÷cos(25.14°) で、0.71°は離角90.71°から90°を引いたものです。

11月1日 月面X

名寄で見えた 月面X

全国的に天気が良くないですね。見えるのは九州北部のみか。

 

9/3  月面X

18時36分

18時11分

17時36分 Xがはっきり見えています     SONY  RX10mⅣ で撮影

17時15分  Xが見えてきました

16時22分      SONY  RX10mⅣ で撮影

日没は18:06なので、空が少し暗くなる18:45頃が見頃です。天気も台風が近づいている地域以外は、チャンスがありそうです。

8/4  ヨーロッパ方面で見られた 月面X

7/6 天気状況

雲間からなんとか撮影できました

ただ、一番美しいXが見られる 18:40から2時間ほど過ぎていましたので、ギリギリ Xが残っていた感じです。

全国的に天気が不安定ですが、見られる地域はありそうです。

5/8 月面X    東北地方で撮影されたもの

15:30時点 雲が所々にあります

関東の南方に気圧の谷が残りました

 

「月面X」の観察できる日時

NO 見られる日 見られる時間帯 日没時刻 状況
1 3月10日 16時45分  前後1時間 17時44分 条件悪  木曜日  空が明るい間にXが見ずらくなる
2 5月8日 19時10分  前後1時間 18時33分 好条件  日曜日    日没1時間後の高度60度
3 7月6日 18時40分  前後1時間 19時01分 まあまあの条件  水曜日 19時40分の高度40度
4 9月3日 17時15分  前後1時間 18時06分 良い条件  土曜日  空が明るい間にXが見ずらくなる 18時15分の高度30度
5 11月1日 17時20分  前後1時間 16時46分 まあまあの条件  火曜日  17時45分の高度30度
6 12月30日 20時30分  前後1時間 16時37分 好条件 年末休み 20時30分の高度40度

※来年(2023年)は夜に「月面X」の観察できる好条件はありません

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.