ペルセウス座流星群

天文関連

2021 ペルセウス座流星群 最良条件

ペルセウス座流星群2021特別番組

福島・滝川渓谷近くから流れ星と大空ライブ    南西方向

長野・東京大木曽観測所 のライブカメラでも見てみよう 北東方向

ハワイ マウナケア のライブカメラでも見てみよう  東方向

8年に1度の好条件 極大夜の前後も注目!!

月明かりが無いことと極大の時刻を考慮した場合、今年の8月13日3時頃は8年に1度の好条件の時間帯となります。実際、前後10年くらいでは最も1時間あたりの流星数が多くなることが見込まれます。極大夜の前後にあたる8月11日夜~12日朝と、8月13日夜~14日朝も、極大夜のおよそ半分程度(4割~6割)の流星数が見込まれます。

今後10年間には、今年を超える条件の年はありません

月日 極大時刻 極大時刻
の条件
月の
条件
2022年 8月13日 10時20分 ×
2023年 8月13日 16時33分
2024年 8月12日 22時42分
2025年 8月13日 04時52分 ×
2026年 8月13日 11時00分
2027年 8月13日 17時11分
2028年 8月12日 23時29分 ×
2029年 8月13日 05時36分
2030年 8月13日 11時38分 ×
2031年 8月13日 17時52分 ×

実際に見ることのできる予想流星数(東京)

2021年8月のペルセウス流星群は最良条件

2021年のペルセウス座流星群の活動は、8月13日4時頃に極大となり、前後数時間にわたってとても活発な状況となることが予想されています。この状況は日本での観測に適しており、8月12日の夜半頃から13日の明け方にかけて、多くの流星を見ることができるでしょう。また、8月8日が新月で、12日頃は、ほとんど月明かりの影響がなく、とても良い条件で流星を観察することができます。最も多く流星が見られるのは、13日の夜明け近くの3時台と予測されており、このときの流星数は、空の暗い場所では1時間あたり50個程度が予想されています。8年ぶりの好条件に恵まれる年です、好天を祈りましょう。

ペルセウス座流星群の歴史

ペルセウス座流星群は少なくても2000年近くは継続して観測されている歴史ある流星群です.記録も紀元前から始まり,様々なところで記録に残っています.母彗星であるウイフト・タットル彗星が発見された1862年には、中国で満月の中4夜に渡って出現し、極大時には1時間あたり4,800個に達する流星嵐を降らせたという記録が残っています。その後もZHR60前後の活動が安定的に観測されています.再び母彗星が回帰した前後の1991年から1994年にかけては出現数が平年の2倍以上になっています。一方,ダストトレイル理論により,2004年にはZHR150付近の突発的な活動が予想され,予想通りの出現が観測されました.また,2016年も予想通りの活発な活動が観測されています.それ以外は例年通りの活動が安定してみられています。

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.