4月22日は地球の日

生活関連

4月22日は地球の日(Earth Day) 新型コロナで地球環境は改善か ・・・ 不都合な真実

新型コロナウイルスが地球環境を改善??    不都合な真実 !!

4月22日は地球の日(アースデイ)です。米国の上院議員のゲイロード・ネルソンが環境問題についての討論集会を呼びかけ、1970年4月22日に討論集会を開催し、以来4月22日のアースデイ集会は世界各地に広まりました。50年の節目を迎えた今年、皮肉なことに新型コロナウイルス感染防止のための外出制限や生産活動の停止などが、地球環境改善に寄与しているようです。地球環境は年々悪化してきましたが、今年になって世界的に感染が拡大した新型コロナウイルスが、地球環境の悪化にブレーキをかけているようです。

中国のひどい大気汚染は、よくニュースで報道されていましたが、大気汚染が大きく改善されています。この画像は、今年3月2日にNASA(米航空宇宙局)とアースオブザバトリーが公開した衛星画像で、二酸化窒素(NO2)の濃度を示しています。左が1月1〜20日、右が2月10〜25日になります。中国の武漢から始まった感染拡大で全国的に移動制限や生産活動の制限を行った結果、色が濃い500μmol/m2といった高濃度地域が消えて、大半が100μmol/m2以下に下がりました。二酸化窒素は、自動車や航空機の排気ガスや工場の排煙など高温燃焼に伴って発生する有害ガスです。二酸化窒素の濃度が低下したということは、地球温暖化の主因とされる二酸化炭素(CO2)や微小粒子状物質(PM2.5)なども減少したことになり、大気がきれいになったのです。

アメリカ合衆国でも中国と同様に二酸化窒素(NO2)の濃度の改善がみられています。

  

人工衛星オーラに搭載されたオゾン監視装置(OMI)が観測した毎年3月の大気中の二酸化窒素レベルにおいて、2020年3月は2005年以降で最低を記録しました。ワシントンDCからボストンまでのいわゆる「I-95」(州間高速道路95号線)沿いでは、2015~2019年3月の月間平均と比較して、実に約30%も低くなってしま。その原因は、やはり新型コロナウイルスであり、感染拡大により広範囲で都市封鎖自宅待機が行われたためです。もちろん、この大気汚染の改善は、残念ながら手放しで喜べるものではなく、『多くの犠牲』のもとに成り立っていることを忘れてはなりません。

-生活関連
-

Copyright© おさのフォト日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.