生物関連

ルリタテハ

2020/9/22    

近所の公園のコナラの樹液を吸っていました ルリタテハは、青みがかった黒色の翅が綺麗なタテハチョウの仲間です。年2回羽化し、成虫で越冬するします。夏型と秋型がいて、翅の外縁に沿って見える白い紋の幅が秋型 ...

秋分の日の近所の公園の生き物たち

日向ぼっこ 人間にとって涼しい気温は、昆虫には寒いんですね。 クロアゲハの飛翔 クマンバチはキバナコスモスの蜜を吸っていました

葛西臨海公園 鳥類園 アオサギの飛び立ち~飛翔

鳥に驚く 魚 アオサギが急に飛び立ち、魚たちが慌てふためいています。 魚たち、大慌てです。

各社の「ネオ一眼」からベストな一台の選び方

ネオ一眼とは ネオ一眼とはデジカメのカテゴリーの1つです。EVF(電子ビューファインダー)を備え、数十倍という超高倍率のズームレンズを備えているのが特徴です。スマホでは撮れない超望遠の写真が撮影できる ...

鳴く虫の女王 カンタン

昔から鳴き声が美しいので、「鳴く虫の女王」と言われていますが、鳴くのはもちろん♀(メス)でなく♂(オス)です。その幽玄な響きが中国の「邯鄲の夢」(かんたんのゆめ=煮炊きをし ...

夏休みの終わりを告げる、ツクツクボウシ

セミの成虫の寿命 いまだにセミの成虫期間が一週間だと思っている人は多い。寿命について 長年にわたり成虫として生きる期間は1-2週間ほどといわれていたが、2000年代頃から研究が進み、1か月程度と考えら ...

能取湖サンゴ草

2020/9/9    

アッケシソウの季節がきました 網走市街の北に広がる能取湖は、オホーツク海と通じる海水湖。能取湖の南畔、卯原内あたり一帯には、8月下旬〜9月中旬頃、サンゴ草が美しく色づきます(能取湖卯原内サンゴ草群落) ...

江戸川区富士公園の森林域で、ノコギリクワガタ

2020/8/30    

なんと近所にノコギリクワガタ すでに死んでいましたが、まだ死んでからあまり時間がたっていない様子。どこかからやってきた個体か、もともと住み着いていた個体なのか??  公園には、樹液を出すコナラの木はあ ...

コロナ禍の夏、最後の週末☀

真夏の締め サイクリングロードを進みます 夏の生物たち

葛西臨海公園のカブトムシ徹底調査 → 現在では生息可能性低い

カブトムシが大好き!?シマトネリコという木! シマトネリコの樹液はカブトムシにとって好物になるようです。クヌギやコナラの樹液は虫たちの酒場として有名ですが樹皮が硬いため、カブトムシやクワガタのチカラだ ...

Copyright© おさのフォト日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.