C/2021 A1 レナード彗星

天文関連

C/2021 A1 レナード彗星 年末にかけて楽しみな彗星 12/12地球に最接近

ハワイ・マウナケアの国立天文台すばる望遠鏡からの星空ライブカメラで彗星の雄姿が見られるかも

2021年になって最初に発見された彗星

Leonard(レナード)彗星 C/2021 A1 は、2021年01月03日(世界時)、G.J.Leonard 氏がレモン山天文台での観測で発見しました。発見時の太陽からの距離は約 5 天文単位(約 7 億 5000 万 km)、明るさは約 19 等でした。Leonard 彗星は今後、徐々に太陽に近づき、2021年12月12日、地球へ 0.233 天文単位(約 3490 万 km)の距離にまで近づいたのち、2022年01月03日に近日点(距離 0.615 天文単位=約 9230 万 km)を通過します。2021年12月18日には金星へ 0.028 天文単位= 420 万 km にまで大接近します。太陽にはあまり近付かないものの、地球にかなり接近するため、2021年12月には肉眼彗星になるだろうと予想されています。「C」の文字は「非周期彗星」を意味し、双曲線軌道のため太陽系を一度だけ横切った後、二度と戻ってこないため、この彗星を見るチャンスは1回だけです。レオナード彗星の特徴は、その驚異的な速度の約70 km/sであり、昨年のネオワイズ彗星よりも6km/s速く移動しています。このような速度のため、地球から観測すると、空の彗星の位置は毎日変化しています。

レナード彗星の絶対光度 8.5等級

1996年3月24日に、地球に0.109au(1600万km)まで近づき、見かけの明るさは約0等級に達し、尾の長さは最大で100°にも達し、彗星が見えないはずの南半球でも地平線から尾だけが見えた、百武彗星(C/1996 B2)の絶対等級は、9.0等級でした。百武彗星は、地球接近という絶好のタイミングでアウトバーストがあり、相乗効果で1等級程度より輝いて見えました。レナード彗星と地球との距離が、百武彗星のときより2倍遠いので、明るさは1/4になるとしても、アウトバーストが無くても順調に明るくなれば2.5等級程度になるかもしれません。

4/17

百武彗星の光度曲線

レナード彗星の光度曲線

2021年12月7日 ~  12月12日 夜明け前の東の空

2021年12月15日  ~ 12月25日 日暮れ後の西の空

過去の絶対等級の明るい彗星と近年の大彗星

名称 近日点距離 (A.U.) 絶対等級 (等) 実視等級 (等)
C/1729  P1 4.051 -3 4~5
C/1995  O1  Hale-Bopp   ヘールボップ彗星 0.914 -2 -1.8 大都会の明るい夜空でも長期間見えた"超巨大彗星"
C/1577  V1  Great Comet 0.178 0 -7
C/1811  F1  Great  Comet 1.035 0 2
C/1743  X1  Great  Comet 0.222 0.5 -5
C/1882  R1  Great  September  Comet 0.008 0.8 -5~-7
C/1402  D1  Great  Comet 0.38 1 -5
C/1556  D1  Great  Comet 0.491 1 -2
C/1807  R1  Great  Comet 0.646 1.6 1~2
C/2006  P1  Comet McNaught  マックノート彗星 0.17 3 -6 昼間に見える
C/1975 V1  Comet West  ウエスト彗星 0.197 3.5 -2 20世紀最も美しい彗星
C/1969  Y1  Comet Bennett  ベネット彗星 0.538 4.0 -3
C/2020  F3  Comet NEOWISE  ネオワイズ彗星 0.294 6.4 0.5  北半球からよく見えた23年ぶりの彗星
C/1965  S1  池谷・関彗星 0.0078 7.0 -7 昼間に見える
C/1996  B2  百武彗星 0.23 9.0 0     地球に1500万kmに接近し100度の尾

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.