訪問したらクリックしてね!

【 更新・新着記事 】

2023/2/5

上野動物園 🐼 シャンシャン観覧ラスト 2月18日(土)〜2月19日(金) 抽選受付 2月3日(金)〜2月6日(月)

目次1 いよいよ最終の抽選2 1月29日 シャンシャン当選日2.1 まずは、親子パンダへ 90分待ち2.2 いよいよ 会えるのは最後になりそうなシャンシャン3 1月20日 シャンシャンの自由観覧の最終日4 2023年1月13日のパンダ達4.1 平日なのに開園前から大勢の人々4.2 パンダの待ち時間4.3 起きて活動しているパンダを見るには4.3.1 開園から11時30分頃まで4.3.2 11時30分過ぎると4.4 今日のパンダ達4.4.1 シャンシャン4.4.2 リーリー4.4.3 親子パンダ5 2023 ...

2023/2/5

2月6日 3:29 満月🌕スノームーン

目次1 2023/2/6    3:29   今年最遠の満月2 2022/2/17   1:57   月明かりで浮かび上がる富士3 スノームーンように寒々しい満月4 きょう27日17時17分に満月を迎えます・・・きょうの東京の月の出は17時26分 2023/2/6    3:29   今年最遠の満月 2月6日の満月は、2023年で地球から最も遠い満月です。月は6日の3時29分に満月となります。満月のときの地心距離は約40万6000キロメートル、月の視直径は約29分26秒角です。 今年最も地球に近い満月は8 ...

2023/2/5

冬季期間に クマ出没! 襲われる🐻

目次1 体長2メートルの熊と、剪定作業中に襲われる2 昨年、2022年2月5日にも 熊目撃 体長2メートルの熊と、剪定作業中に襲われる 4日午前9時半ごろ、函館市大船町の山林で、クマに襲われました。 冬季にクマが出没した理由について、「冬眠穴の近くで大きな音があると、クマが目覚めて穴の外に出てくることは少なくない」ということです。冬眠のジャマをしてしまったようです。 昨年、2022年2月5日にも 熊目撃 北海道北斗市 市渡で目撃されています。

2023/2/5

2023年唯一の夜間の月面X 2月28日0時

目次1 次回の好条件の「月面X」は2024年1月18日19時20分前後2 2022年の「月面X」 12月30日 20時30分  前後1時間    観測条件 最高でした !(^^)!3 18時よりライブ中継4 16時40分の衛星画像 好天期待5 来年2023年は 日本からは唯一 2月27日の深夜に月面Xが見られます5.1 12月30日 20時30分5.1.1 月面Xが観測できる日時(日本時間)5.1.2 月面Xが観測できる 予報の手法6 11月1日 月面X6.1 名寄で見えた 月面X7 9/3  月面X7. ...

2023/2/5

中国の偵察用気球 米軍の戦闘機が撃墜

目次1 米南部3つの空港で航空機離着陸を一時停止  ⇒ 中国の気球撃墜2 「気球はバス3台分の大きさ」2.1 2020年6月に宮城県仙台市の上空などで確認された「謎の飛行物体」に似ている2.1.1 専守防衛 米南部3つの空港で航空機離着陸を一時停止  ⇒ 中国の気球撃墜 日本時間5時すぎに、南部サウスカロライナ州の沖合でアメリカ軍の戦闘機によって撃墜したと発表。   「気球はバス3台分の大きさ」 偵察用の気球は中国からアリューシャン列島、そしてカナダの北西部を数日間かけて移動し、モンタナ州上空に到着。同じ ...

2023/2/5

第73回 さっぼろ雪まつり 3年ぶりの大雪像

目次1 様々な雪像2 生中継!さっぽろ雪まつり 冬の北海道を満喫3 ライブカメラ4 大通会場5 すすきの会場6 流氷接岸 様々な雪像 生中継!さっぽろ雪まつり 冬の北海道を満喫 2月4日 BS4K    19:30~21:00 ライブカメラ 大通会場 すすきの会場 流氷接岸

2023/2/5

ZTF彗星 (C/2022 E3) 2月11日 火星に最接 ☆彡

目次1 2月11日 火星に接近2 2月5日 5.3等級3 いよいよ地球最接近 ☆彡4 2月1日5 1月31日6 ZTF彗星が今後接近する天体6.1 1月29~30日:ZTF彗星とポラリス6.2 2月5~6日:ZTF彗星とカペラ  満月の月明かりがあります6.3 2月10~12日:ZTF彗星と火星6.4 2月14~15日:ZTF彗星とアルデバラン、ヒアデス星団7 2023年2月1日 地球最接近 4.7等級8 1月27日9 1月26日10 1月24日11 1月22日12 1月21日13 1月20日14 1月1 ...

2023/2/5

スギ花粉の飛散 元旦からの最高気温の合計数が400度を超えると花粉が飛散し始める

目次1 2023年1月1日からの最高気温の合計(東京)2 元旦からの最高気温の合計数が400度を超えると花粉が飛散し始める2.1 2022年     2/12  400度に到達!2.2 2021年 2023年1月1日からの最高気温の合計(東京) 2月4日までの合計、357.3度。あと、42.7度です。2月6日の週には、花粉の飛散が始まりますね。 元旦からの最高気温の合計数が400度を超えると花粉が飛散し始める 2022年     2/12  400度に到達! 1/21までの合計は、193.1度。1/22  ...

2023/2/5

流氷観光本格化

目次1 流氷観光本格化2 流氷&知床観光用の小型新造船「おーろら3」3 おーろら 流氷砕氷船 流氷観光本格化 流氷&知床観光用の小型新造船「おーろら3」 小型船なので氷を砕くことはできませんが、通常の3倍の厚みがある船体で流氷の近くを航行することが可能です。定員は「夏期 77 名・冬期 30 名」と明記されており、春から秋は知床観光船として活躍します。 昨年3月にもう一隻の流氷観光砕氷船おーろら2(489トン)が引退しており、今後はおーろらとおーろら3の大小2隻体制で運航されます。   おーろら ...

2023/2/4

『テレビアニメ「鬼滅の刃」刀鍛冶の里編』 始動!!

目次1 第1話2 主題歌アーティスト解禁3 上弦の鬼解禁 第1話 主題歌アーティスト解禁 上弦の鬼解禁  

C/2021 A1 レナード彗星

天文関連

C/2021 A1 レナード彗星 ミニ百武彗星  南半球でも見納め☆彡

目次

1/22   7等級後半になりました

 

1/5  尾の激しい変化は落ち着いてきたようです

1/4

1/3  近日点通過

1/2

1/1

北半球で撮影された レナード彗星

超低空のため尾の詳細は捉えられません。

南半球 ニュージーランドで撮影された レナード彗星

12/31

12/30 ナミビアで撮影

12/30  オーストラリアで撮影された レナード彗星

CanonEOS Ra + Canon RF 85mm f / 1.2L USMレンズを使用して撮影

露出8秒。ものすごく星像が綺麗です。

iPhone 13 Pro Max の 「ナイトショット」設定を使用して30秒の露出

頭部拡大

12/29

チリで撮影された 長大な尾 なんと60度!!

12/28

MINI   mini    百武彗星

静岡

12/27

蛇のような姿

12/26

12/25 チりで撮影された レナード彗星

12/25   ニュージーランドで撮影された レナード彗星

ニュージーランドの田舎の空の下で肉眼で尾がはっきりと見えるそうです(肉眼で2度の尾)。2.1 x 42の双眼鏡で尾は約3度、 11 x 80の双眼鏡で尾は4度みえるそうです。明るさは、地平線から約10〜15度上にあると肉眼で簡単に確認でき、約3.2等級。

少しずつ核が壊れている

暗くなりそうでならない

12/24  ナミビアで撮影された レナード彗星

12/24   日本からもまだ楽しめます

12/23

12/22    2度目のバーストで2.5等級!!

南半球で条件が良くなってきました    尾の変化が凄い

12/21   オーストラリアで撮影された レナード彗星

12/20

12/19  東京都内で撮影

111mm望遠での撮影

600mm望遠での撮影

12/18~1/18  南半球 南緯20度 レナード彗星の見え方

12/19  ブラジルで撮影された レナード彗星

12/19  ナミビアで撮影された レナード彗星

12/18  17:30頃 レナード彗星 東京都内で撮影

まずは、600mmで金星を撮影。2022/1/9の内合が近づいてきましたので、大きく見えています

レナード彗星 核付近の頭部はしっかりしています 1秒露出の写真

オーストラリアで撮影された レナード彗星

12/17

チリで撮影された レナード彗星

12/15

レナード彗星バースト 2.6等星前後 !!

12/14にバーストが発生した模様で、明らかに明るくなっています。

夕方 南西の低空に 去り行くレナード彗星 18時頃 12/16~1/1

さようなら レナード彗星

12/12

残念、最接近の姿は曇天のため見えず。昨年のネオワイズ彗星とレナード彗星との比較です。レナード彗星の尾の長さは、ネオワイズ彗星の1/10以下、百武彗星の1/25以下、でした。

百武彗星(C / 1996 B2)

12/11

最接近のレナード彗星、見られるか?  明日5時の雲量予想。 かなり厳しい状況です。

12/11  尾の長さは、2度程度

12/10

最接近日の天気が微妙 見頃は前日11日未明

12/9   マウナケア ライブカメラ

現地時間 2:21:48

なんとマウナケア 雲にレナード彗星阻まれました

12/9   明るさは4.5~5.0等級 尾の長さ 2度程度

12/8   マウナケア山のライブカメラで、レナード彗星が見えました!!

ライブカメラは、北東から東南東の高度40度の範囲となっており、ちょうど レナード彗星が見れる方角です。ふたご座流星群も流れています。山頂に降り積もった雪に、星明りが反射しています。

現地時間 2:30:14

 

現地時間 3:52:35

   

現地時間 5:08:06

 

12/7  最接近 12月12日の13:54UTC頃(日本時間4:54)

12/6

 

最接近まであと5日

12/5 最接近まであと2等級くらい明るくなるか

肉眼で4等星が見える程度の空では、肉眼では確認できず、小型双眼鏡でも確認できませんでした。彗星の明るさは普通の星よりも淡くて暗いため「4~5等星になる」という予報から3等ほど暗い明るさ「7~8等星くらい」で見える感じです。

12/3

12/2    M3球状星団に接近

11/30

再び増光が観測されました。現在は、5等級~6等級のようです。

 

11/29

悲報......レナード彗星の崩壊が始まりました

核の崩壊が始まったようですが、もう少し現在の輝きは続くようです。ただ、肉眼彗星にはなりませんが、双眼鏡を使用すれば見られるかもしれません。

彗星の増光が止まった

彗星の明るさはここ数日止まっています。 これは月のせいか、彗星に何かが起こった兆候かもしれません。まさか核の崩壊??

11/24    0.741 AU     (最接近時0.233 AU    3500万km)

11/21

これから急速接近 秒速70.67km &  急速増光!!

レナード彗星の地球への最接近は、2021年12月12日の13:54UTC頃(日本時間4:54)です。最接近距離は、34,902,292 km (12月18日には、金星に0.028 天文単位= 420 万 km にまで接近します。公転周期は35000年です。また、この天体の驚くべき特徴は移動速度で、地球に対して時速254,412 km / h(70.67km /秒)です。

ステラナビゲータ11でシミュレートした 金星(南緯50度)から見た 最接近時のレナード彗星の様子

11/17 順調な増光 光度予想曲線より明るい!

11/16

11/15  尾が長く伸びています

11/14  8.5等級

11/11

順調に増光中

11/3

11/1

12月12日の夜明け前 このような姿を期待したい

マウナケア ライブカメラ(日本時間+5時間) でも見れます

10/29

10/24

10/13

10/10

レナード彗星 増光スピードUP

ハワイ・マウナケアの国立天文台すばる望遠鏡からの星空ライブカメラでも彗星の雄姿が見られるかも

2021年になって最初に発見された彗星

Leonard(レナード)彗星 C/2021 A1 は、2021年01月03日(世界時)、G.J.Leonard 氏がレモン山天文台での観測で発見しました。発見時の太陽からの距離は約 5 天文単位(約 7 億 5000 万 km)、明るさは約 19 等でした。Leonard 彗星は今後、徐々に太陽に近づき、2021年12月12日、地球へ 0.233 天文単位(約 3490 万 km)の距離にまで近づいたのち、2022年01月03日に近日点(距離 0.615 天文単位=約 9230 万 km)を通過します。2021年12月18日には金星へ 0.028 天文単位= 420 万 km にまで大接近します。太陽にはあまり近付かないものの、地球にかなり接近するため、2021年12月には肉眼彗星になるだろうと予想されています。「C」の文字は「非周期彗星」を意味し、双曲線軌道のため太陽系を一度だけ横切った後、二度と戻ってこないため、この彗星を見るチャンスは1回だけです。レオナード彗星の特徴は、その驚異的な速度の約70 km/sであり、昨年のネオワイズ彗星よりも6km/s速く移動しています。このような速度のため、地球から観測すると、空の彗星の位置は毎日変化しています。

レナード彗星の絶対光度 8.5等級

1996年3月24日に、地球に0.109au(1600万km)まで近づき、見かけの明るさは約0等級に達し、尾の長さは最大で100°にも達し、彗星が見えないはずの南半球でも地平線から尾だけが見えた、百武彗星(C/1996 B2)の絶対等級は、9.0等級でした。百武彗星は、地球接近という絶好のタイミングでアウトバーストがあり、相乗効果で1等級程度より輝いて見えました。レナード彗星と地球との距離が、百武彗星のときより2倍遠いので、明るさは1/4になるとしても、アウトバーストが無くても順調に明るくなれば2.5等級程度になるかもしれません。

4/17

百武彗星の光度曲線

レナード彗星の光度曲線

 

2021年12月7日 ~  12月12日 夜明け前の東の空

2021年12月15日  ~ 12月25日 日暮れ後の西の空

過去の絶対等級の明るい彗星と近年の大彗星

名称 近日点距離 (A.U.) 絶対等級 (等) 実視等級 (等)
C/1729  P1 4.051 -3 4~5
C/1995  O1  Hale-Bopp   ヘールボップ彗星 0.914 -2 -1.8 大都会の明るい夜空でも長期間見えた"超巨大彗星"
C/1577  V1  Great Comet 0.178 0 -7
C/1811  F1  Great  Comet 1.035 0 2
C/1743  X1  Great  Comet 0.222 0.5 -5
C/1882  R1  Great  September  Comet 0.008 0.8 -5~-7
C/1402  D1  Great  Comet 0.38 1 -5
C/1556  D1  Great  Comet 0.491 1 -2
C/1807  R1  Great  Comet 0.646 1.6 1~2
C/2006  P1  Comet McNaught  マックノート彗星 0.17 3 -6 昼間に見える
C/1975 V1  Comet West  ウエスト彗星 0.197 3.5 -2 20世紀最も美しい彗星
C/1969  Y1  Comet Bennett  ベネット彗星 0.538 4.0 -3
C/2020  F3  Comet NEOWISE  ネオワイズ彗星 0.294 6.4 0.5  北半球からよく見えた23年ぶりの彗星
C/1965  S1  池谷・関彗星 0.0078 7.0 -7 昼間に見える
C/1996  B2  百武彗星 0.23 9.0 0     地球に1500万kmに接近し100度の尾

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.