訪問したらクリックしてね!

【 更新・新着記事 】

2022/5/27

北海道の知床半島沖 船体引き揚げ完了

目次1 船体33日ぶりに洋上へ2 約182メートルの海底に落下3 今日にも海上へ引き揚げへ4 船体を引き揚げへ5 飽和潜水で捜索開始6 知床岬の近くにある避難港の文吉港 56年前の海難事故を受けて整備7 漂流の状況8 日本サルヴェージの水中ドローンを搭載した作業船 網走港へ9 KAZUⅠ引き揚げ10 残る行方不明者10.1 野付水道10.2 国後水道10.3 色丹水道11 沈没した船内に人の姿無し12 遭難事故当日の急激な気象の悪化13 観光船「KAZU 1」発見14 観光船「KAZU 1」が遭難した今月 ...

2022/5/27

5月27日 13:00~14:00頃 金星食

目次1 鹿児島県南部~沖縄県、小笠原などで 金星食1.1 東京 13:40頃 食にはなりません 鹿児島県南部~沖縄県、小笠原などで 金星食 5月27日の13時ごろから14時ごろ、月齢26の細い月が金星を隠す金星食が起こります。那覇の場合、13時9分ごろに金星が月の明るい縁に潜入し始め、14時10分ごろに金星が月の暗い縁から出現してきます。 東京 13:40頃 食にはなりません

2022/5/27

上野動物園 パンダ母子観覧申し込み 🐼 入園方法変更!! 6月4日(土)  ~ 6月17日(金)  入園分の抽選⇒5月27日(金)13時~5月30日(月)13時

目次1 5/26  上野動物園発表 :  2022年5月27日(金)から、シャンシャンの観覧方法変更1.1 シャンシャン観覧方法2 5/20  上野動物園発表 :   2022年5月22日(日)で、整理券による入園受付を終了。5月24日(火)からは平日、休日ともにご予約は不要。2.1 5月24日(火)から5月27日(金)までの整理券を持っている場合2.2 5月24日(火)から6月3日(金)のジャイアントパンダ母子観覧抽選に当選している場合2.3 今後のジャイアントパンダ母子(シンシン、シャオシャオ、レイレ ...

2022/5/26

5月の最終水曜日 世界カワウソの日

目次1 世界のカワウソ類の保全のため提唱した記念日2 カワウソに必要な環境2.1 日本最後の清流と呼ばれている 四万十川ですが2.2 四万十川は もはや アユの棲める川ではない2.3 絶滅の原因2.4 2017年の対馬で確認されたカワウソ3 江戸時代は動物天国でした 世界のカワウソ類の保全のため提唱した記念日 北海道でも見られるラッコも、カワウソ類。日本にはかつてもう1種、ニホンカワウソ(ユーラシアカワウソの亜種)が生息していましたが、絶滅してしまいました。スマトラ島やボルネオ島に生息するコツメカワウソの ...

2022/5/25

シャオシャオ・レイレイ・シャンシャンの誕生日 お祝い企画

目次1 パンダの誕生日を祝う会1.1 シャオシャオ・レイレイの1歳を祝う会1.1.0.1 ゲスト(予定)1.1.1 日時1.1.2 場所1.1.3 定員1.1.4 応募方法 パンダの誕生日を祝う会 飼育員が薄く切ったリンゴを口元に持っていったところ、シャオシャオは13日、レイレイは10日に前脚で押さえて少しずつ歯でかじりながら食べました。姉のシャンシャンも生後11カ月でリンゴを初めて食べたため、ほぼ同じ時期に食べ始めたことになります。 シャオシャオ・レイレイの1歳を祝う会 シャオシャオ・レイレイの1歳を祝 ...

2022/5/24

新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF Indo-Pacific Economic Framework アイペフ)」の始動

目次1 参加国2 IPEFは4つの柱で構成 参加国 米日韓印のほか、オーストラリア、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム。 アメリカのバイデン大統領が去年10月、新たな経済連携の枠組みを立ち上げようと東アジア首脳会議で提唱したのが始まりです。 IPEFは4つの柱で構成 日本は、4つの柱のうち、半導体などの供給網=サプライチェーンの強化や、質の高いインフラや脱炭素などでの協力に注目しています。また、参加する国は、4つの柱のなかで協力したい分野だけを選 ...

2022/5/23

また変な伝染病が流行中・・・「サル痘」天然痘に似た症状

目次1 「サル痘」とはどんな症状? 致死率は2 感染の経路 治療や予防法3 「サル痘」の注意点や今後の広がり4 各国でのサル痘の感染拡大受け WHOが緊急会合 「サル痘」とはどんな症状? 致死率は 「サル痘」は天然痘ウイルスに似た「サル痘ウイルス」に感染することで起き、顔や体に特徴的な発疹が出るほか、発熱やのどの痛み、リンパ節が腫れるなどの症状が出ます。多くの場合、2週間から4週間程度で自然に軽快するものの、幼児や妊婦、それに健康状態によって免疫が抑制される人などで重症化する場合があります。 サル痘の初期 ...

2022/5/22

GIS Arta(ジーアイエス・アルタ)

目次1 戦場指揮用のソフトウェア2 システムの運用を支える高速のインターネット網3 衛星インターネットアクセスの問題 戦場指揮用のソフトウェア GIS Artaとはウクライナ軍が使っている戦場指揮用のソフトウェア。 ウクライナ軍の重火器にはGPSが付いていて、移動するたびに座標位置が更新。敵の座標を入力するとその攻撃対象に指向できる重火器の一覧がGIS Artaの画面上にリアルタイムに表示。ドローンなどの偵察情報でロシア軍の位置が判明すると、指揮官は最短一分で砲弾を発射することができる。ウクライナ軍の15 ...

2022/5/22

22日17:05 横田基地着陸 バイデン大統領来日 

目次1 日米友好祭 横田基地フレンドシップフェスティバル20222 今回は羽田でなく横田米空軍基地2.1 2019年5月25日のトランプ大統領の訪日2.2 今回の訪日の予定3 フライトレーダー24でエアフォースワンの着陸経路を予測4 “空飛ぶホワイトハウス”もうすぐ交代 日米友好祭 横田基地フレンドシップフェスティバル2022 東京都 福生市にある在日米空軍 横田基地で「日米友好祭フレンドシップ・フェスティバル2022」が開催されています。3年ぶりの実施で基地を一般開放して航空機地上展示やステージイベント ...

2022/5/22

ジン鍋アートミュージアム

目次1 ジン鍋博物館 岩見沢市栗沢町万字1.1 1935年の鍋 国産最古という「ロストル型ジン鍋」2 北海道のソールフード ジンギスカン3 タレに漬け込んだ肉を焼くか、焼いた肉にタレをつけるか ジン鍋博物館 岩見沢市栗沢町万字 ジンナベ博物館は2016年11月11日に開館されました。館内には、1935年頃の日本国産最古鍋や世界で一番大きい超特大ジンギスカン鍋など二百数枚のジンギスカン鍋が陳列されています。また、タイ産や韓国産の鍋もあります。羊を食べるという文化が大正末期から昭和初期に掛けて日本に伝わりまし ...

C/2021 A1 レナード彗星

天文関連

C/2021 A1 レナード彗星 ミニ百武彗星  南半球でも見納め☆彡

目次

1/22   7等級後半になりました

 

1/5  尾の激しい変化は落ち着いてきたようです

1/4

1/3  近日点通過

1/2

1/1

北半球で撮影された レナード彗星

超低空のため尾の詳細は捉えられません。

南半球 ニュージーランドで撮影された レナード彗星

12/31

12/30 ナミビアで撮影

12/30  オーストラリアで撮影された レナード彗星

CanonEOS Ra + Canon RF 85mm f / 1.2L USMレンズを使用して撮影

露出8秒。ものすごく星像が綺麗です。

iPhone 13 Pro Max の 「ナイトショット」設定を使用して30秒の露出

頭部拡大

12/29

チリで撮影された 長大な尾 なんと60度!!

12/28

MINI   mini    百武彗星

静岡

12/27

蛇のような姿

12/26

12/25 チりで撮影された レナード彗星

12/25   ニュージーランドで撮影された レナード彗星

ニュージーランドの田舎の空の下で肉眼で尾がはっきりと見えるそうです(肉眼で2度の尾)。2.1 x 42の双眼鏡で尾は約3度、 11 x 80の双眼鏡で尾は4度みえるそうです。明るさは、地平線から約10〜15度上にあると肉眼で簡単に確認でき、約3.2等級。

少しずつ核が壊れている

暗くなりそうでならない

12/24  ナミビアで撮影された レナード彗星

12/24   日本からもまだ楽しめます

12/23

12/22    2度目のバーストで2.5等級!!

南半球で条件が良くなってきました    尾の変化が凄い

12/21   オーストラリアで撮影された レナード彗星

12/20

12/19  東京都内で撮影

111mm望遠での撮影

600mm望遠での撮影

12/18~1/18  南半球 南緯20度 レナード彗星の見え方

12/19  ブラジルで撮影された レナード彗星

12/19  ナミビアで撮影された レナード彗星

12/18  17:30頃 レナード彗星 東京都内で撮影

まずは、600mmで金星を撮影。2022/1/9の内合が近づいてきましたので、大きく見えています

レナード彗星 核付近の頭部はしっかりしています 1秒露出の写真

オーストラリアで撮影された レナード彗星

12/17

チリで撮影された レナード彗星

12/15

レナード彗星バースト 2.6等星前後 !!

12/14にバーストが発生した模様で、明らかに明るくなっています。

夕方 南西の低空に 去り行くレナード彗星 18時頃 12/16~1/1

さようなら レナード彗星

12/12

残念、最接近の姿は曇天のため見えず。昨年のネオワイズ彗星とレナード彗星との比較です。レナード彗星の尾の長さは、ネオワイズ彗星の1/10以下、百武彗星の1/25以下、でした。

百武彗星(C / 1996 B2)

12/11

最接近のレナード彗星、見られるか?  明日5時の雲量予想。 かなり厳しい状況です。

12/11  尾の長さは、2度程度

12/10

最接近日の天気が微妙 見頃は前日11日未明

12/9   マウナケア ライブカメラ

現地時間 2:21:48

なんとマウナケア 雲にレナード彗星阻まれました

12/9   明るさは4.5~5.0等級 尾の長さ 2度程度

12/8   マウナケア山のライブカメラで、レナード彗星が見えました!!

ライブカメラは、北東から東南東の高度40度の範囲となっており、ちょうど レナード彗星が見れる方角です。ふたご座流星群も流れています。山頂に降り積もった雪に、星明りが反射しています。

現地時間 2:30:14

 

現地時間 3:52:35

   

現地時間 5:08:06

 

12/7  最接近 12月12日の13:54UTC頃(日本時間4:54)

12/6

 

最接近まであと5日

12/5 最接近まであと2等級くらい明るくなるか

肉眼で4等星が見える程度の空では、肉眼では確認できず、小型双眼鏡でも確認できませんでした。彗星の明るさは普通の星よりも淡くて暗いため「4~5等星になる」という予報から3等ほど暗い明るさ「7~8等星くらい」で見える感じです。

12/3

12/2    M3球状星団に接近

11/30

再び増光が観測されました。現在は、5等級~6等級のようです。

 

11/29

悲報......レナード彗星の崩壊が始まりました

核の崩壊が始まったようですが、もう少し現在の輝きは続くようです。ただ、肉眼彗星にはなりませんが、双眼鏡を使用すれば見られるかもしれません。

彗星の増光が止まった

彗星の明るさはここ数日止まっています。 これは月のせいか、彗星に何かが起こった兆候かもしれません。まさか核の崩壊??

11/24    0.741 AU     (最接近時0.233 AU    3500万km)

11/21

これから急速接近 秒速70.67km &  急速増光!!

レナード彗星の地球への最接近は、2021年12月12日の13:54UTC頃(日本時間4:54)です。最接近距離は、34,902,292 km (12月18日には、金星に0.028 天文単位= 420 万 km にまで接近します。公転周期は35000年です。また、この天体の驚くべき特徴は移動速度で、地球に対して時速254,412 km / h(70.67km /秒)です。

ステラナビゲータ11でシミュレートした 金星(南緯50度)から見た 最接近時のレナード彗星の様子

11/17 順調な増光 光度予想曲線より明るい!

11/16

11/15  尾が長く伸びています

11/14  8.5等級

11/11

順調に増光中

11/3

11/1

12月12日の夜明け前 このような姿を期待したい

マウナケア ライブカメラ(日本時間+5時間) でも見れます

10/29

10/24

10/13

10/10

レナード彗星 増光スピードUP

ハワイ・マウナケアの国立天文台すばる望遠鏡からの星空ライブカメラでも彗星の雄姿が見られるかも

2021年になって最初に発見された彗星

Leonard(レナード)彗星 C/2021 A1 は、2021年01月03日(世界時)、G.J.Leonard 氏がレモン山天文台での観測で発見しました。発見時の太陽からの距離は約 5 天文単位(約 7 億 5000 万 km)、明るさは約 19 等でした。Leonard 彗星は今後、徐々に太陽に近づき、2021年12月12日、地球へ 0.233 天文単位(約 3490 万 km)の距離にまで近づいたのち、2022年01月03日に近日点(距離 0.615 天文単位=約 9230 万 km)を通過します。2021年12月18日には金星へ 0.028 天文単位= 420 万 km にまで大接近します。太陽にはあまり近付かないものの、地球にかなり接近するため、2021年12月には肉眼彗星になるだろうと予想されています。「C」の文字は「非周期彗星」を意味し、双曲線軌道のため太陽系を一度だけ横切った後、二度と戻ってこないため、この彗星を見るチャンスは1回だけです。レオナード彗星の特徴は、その驚異的な速度の約70 km/sであり、昨年のネオワイズ彗星よりも6km/s速く移動しています。このような速度のため、地球から観測すると、空の彗星の位置は毎日変化しています。

レナード彗星の絶対光度 8.5等級

1996年3月24日に、地球に0.109au(1600万km)まで近づき、見かけの明るさは約0等級に達し、尾の長さは最大で100°にも達し、彗星が見えないはずの南半球でも地平線から尾だけが見えた、百武彗星(C/1996 B2)の絶対等級は、9.0等級でした。百武彗星は、地球接近という絶好のタイミングでアウトバーストがあり、相乗効果で1等級程度より輝いて見えました。レナード彗星と地球との距離が、百武彗星のときより2倍遠いので、明るさは1/4になるとしても、アウトバーストが無くても順調に明るくなれば2.5等級程度になるかもしれません。

4/17

百武彗星の光度曲線

レナード彗星の光度曲線

 

2021年12月7日 ~  12月12日 夜明け前の東の空

2021年12月15日  ~ 12月25日 日暮れ後の西の空

過去の絶対等級の明るい彗星と近年の大彗星

名称 近日点距離 (A.U.) 絶対等級 (等) 実視等級 (等)
C/1729  P1 4.051 -3 4~5
C/1995  O1  Hale-Bopp   ヘールボップ彗星 0.914 -2 -1.8 大都会の明るい夜空でも長期間見えた"超巨大彗星"
C/1577  V1  Great Comet 0.178 0 -7
C/1811  F1  Great  Comet 1.035 0 2
C/1743  X1  Great  Comet 0.222 0.5 -5
C/1882  R1  Great  September  Comet 0.008 0.8 -5~-7
C/1402  D1  Great  Comet 0.38 1 -5
C/1556  D1  Great  Comet 0.491 1 -2
C/1807  R1  Great  Comet 0.646 1.6 1~2
C/2006  P1  Comet McNaught  マックノート彗星 0.17 3 -6 昼間に見える
C/1975 V1  Comet West  ウエスト彗星 0.197 3.5 -2 20世紀最も美しい彗星
C/1969  Y1  Comet Bennett  ベネット彗星 0.538 4.0 -3
C/2020  F3  Comet NEOWISE  ネオワイズ彗星 0.294 6.4 0.5  北半球からよく見えた23年ぶりの彗星
C/1965  S1  池谷・関彗星 0.0078 7.0 -7 昼間に見える
C/1996  B2  百武彗星 0.23 9.0 0     地球に1500万kmに接近し100度の尾

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.