更新・新着記事

2021/12/9

北京冬季オリンピック(あと57日)・パラリンピック(あと85日) 

目次1 北京冬季オリンピックのスキージャンプ競技の会場がメディアに公開2 オミクロン株の北京五輪への影響3 29日から 冬の北京オリンピックとパラリンピックをPRする展示会が東京都内で始まる4 北京冬季五輪 選手村の食堂メニュー発表 料理数は678超5 中国河北省張家口 ジャンプ台6 中国河北省張家口にある北京冬季五輪の選手村7 黄色警報発令!北京・天津・河北に大雪の予報  積雪20cm8 2022年北京冬季オリンピック会場  シークレット・ガーデンスキー場 タイウースキー場8.1 シークレット・ガーデン ...

2021/12/9

C/2021 A1 レナード彗星 地球最接近まであと3日 マウナケア ライブカメラでも確認!

目次1 12/8   マウナケア山のライブカメラで、レナード彗星が見えました!!1.1 現地時間 2:30:141.2 現地時間 3:52:351.3 現地時間 5:08:062 12/7  最接近 12月12日の13:54UTC頃(日本時間4:54)3 12/64 最接近まであと5日5 12/5 最接近まであと2等級くらい明るくなるか6 12/37 12/2    M3球状星団に接近8 11/309 11/2910 悲報......レナード彗星の崩壊が始まりました11 彗星の増光が止まった12 11/2 ...

2021/12/9

東京ディズニーリゾート チケット販売  12/10 14:00 1/8~1/14分追加販売

目次1 次回の販売予定2 販売済3 今後の販売予定 注意!! 入園日の約2ヶ月前より1週間分のチケットを販売する予定4 追加販売5 10/13の販売枚数6 原則5,000人だった入場制限が、1万人に緩和7 9月22日 「ハロウィーンモーニング・パスポート」発売8 9月8日の販売状況9 チケット販売状況 チェック      &     コンビニ端末でチェック!!10 9月1日の販売状況11 8月25日の販売状況12 8月11日の販売状況13 7月28日の販売状況14 次回チケット販売は7月14日(水 ...

2021/12/9

2021年 天文現象 月面X 12/11 22:30   前後1時間程度

目次1 次回の月面Xは 12月11日  22:30   西南西 高度15度 前後1時間程度2 10/13の月面X2.1 名寄天文台のライブカメラ3 月面X  10/13   ネット中継4 10/13  20:20   南西 高度20度 前後1時間程度5 8/15  全国的に悪天候 かろうじて晴れた名寄のライブカメラ6 6/17 21:30前後1時間    21:24撮影7 5/4 未明の下弦の月での 月面X地形8 上弦の月での 月明X地形9 月面Xは逆光線でも見えるのか?10 4/19   月面X  21 ...

2021/12/8

12/9 「きぼう」/国際宇宙ステーション(ISS)を見るチャンス

目次1 12/9  夕方2 12/7  夕方3 11/23 夕方4 11/20,21  夕方5 11/9  未明6 10/7    「きぼう」/ISSの目視予想情報7 10/78 12/109 11/1210 10/2211 都会でも肉眼で見れます12 都会でも肉眼で見れます 12/9  夕方 12/7  夕方 11/23 夕方 11/20,21  夕方 11/9  未明 10/7    「きぼう」/ISSの目視予想情報 予測情報はこちら 東京の詳細情報 10/7 12/10 11/12 10/22 都会 ...

C/2021 A1 レナード彗星

天文関連

C/2021 A1 レナード彗星 地球最接近まであと3日 マウナケア ライブカメラでも確認!

目次

12/8   マウナケア山のライブカメラで、レナード彗星が見えました!!

ライブカメラは、北東から東南東の高度40度の範囲となっており、ちょうど レナード彗星が見れる方角です。ふたご座流星群も流れています。山頂に降り積もった雪に、星明りが反射しています。

現地時間 2:30:14

 

現地時間 3:52:35

   

現地時間 5:08:06

 

12/7  最接近 12月12日の13:54UTC頃(日本時間4:54)

12/6

 

最接近まであと5日

12/5 最接近まであと2等級くらい明るくなるか

肉眼で4等星が見える程度の空では、肉眼では確認できず、小型双眼鏡でも確認できませんでした。彗星の明るさは普通の星よりも淡くて暗いため「4~5等星になる」という予報から3等ほど暗い明るさ「7~8等星くらい」で見える感じです。

12/3

12/2    M3球状星団に接近

11/30

再び増光が観測されました。現在は、5等級~6等級のようです。

 

11/29

悲報......レナード彗星の崩壊が始まりました

核の崩壊が始まったようですが、もう少し現在の輝きは続くようです。ただ、肉眼彗星にはなりませんが、双眼鏡を使用すれば見られるかもしれません。

彗星の増光が止まった

彗星の明るさはここ数日止まっています。 これは月のせいか、彗星に何かが起こった兆候かもしれません。まさか核の崩壊??

11/24    0.741 AU     (最接近時0.233 AU    3500万km)

11/21

これから急速接近 秒速70.67km &  急速増光!!

レナード彗星の地球への最接近は、2021年12月12日の13:54UTC頃(日本時間4:54)です。最接近距離は、34,902,292 km (12月18日には、金星に0.028 天文単位= 420 万 km にまで接近します。公転周期は35000年です。また、この天体の驚くべき特徴は移動速度で、地球に対して時速254,412 km / h(70.67km /秒)です。

ステラナビゲータ11でシミュレートした 金星(南緯50度)から見た 最接近時のレナード彗星の様子

11/17 順調な増光 光度予想曲線より明るい!

 

11/16

11/15  尾が長く伸びています

11/14  8.5等級

11/11

順調に増光中

11/3

11/1

12月12日の夜明け前 このような姿を期待したい

マウナケア ライブカメラ(日本時間+5時間) でも見れます

10/29

10/24

10/13

10/10

レナード彗星 増光スピードUP

ハワイ・マウナケアの国立天文台すばる望遠鏡からの星空ライブカメラでも彗星の雄姿が見られるかも

2021年になって最初に発見された彗星

Leonard(レナード)彗星 C/2021 A1 は、2021年01月03日(世界時)、G.J.Leonard 氏がレモン山天文台での観測で発見しました。発見時の太陽からの距離は約 5 天文単位(約 7 億 5000 万 km)、明るさは約 19 等でした。Leonard 彗星は今後、徐々に太陽に近づき、2021年12月12日、地球へ 0.233 天文単位(約 3490 万 km)の距離にまで近づいたのち、2022年01月03日に近日点(距離 0.615 天文単位=約 9230 万 km)を通過します。2021年12月18日には金星へ 0.028 天文単位= 420 万 km にまで大接近します。太陽にはあまり近付かないものの、地球にかなり接近するため、2021年12月には肉眼彗星になるだろうと予想されています。「C」の文字は「非周期彗星」を意味し、双曲線軌道のため太陽系を一度だけ横切った後、二度と戻ってこないため、この彗星を見るチャンスは1回だけです。レオナード彗星の特徴は、その驚異的な速度の約70 km/sであり、昨年のネオワイズ彗星よりも6km/s速く移動しています。このような速度のため、地球から観測すると、空の彗星の位置は毎日変化しています。

レナード彗星の絶対光度 8.5等級

1996年3月24日に、地球に0.109au(1600万km)まで近づき、見かけの明るさは約0等級に達し、尾の長さは最大で100°にも達し、彗星が見えないはずの南半球でも地平線から尾だけが見えた、百武彗星(C/1996 B2)の絶対等級は、9.0等級でした。百武彗星は、地球接近という絶好のタイミングでアウトバーストがあり、相乗効果で1等級程度より輝いて見えました。レナード彗星と地球との距離が、百武彗星のときより2倍遠いので、明るさは1/4になるとしても、アウトバーストが無くても順調に明るくなれば2.5等級程度になるかもしれません。

4/17

百武彗星の光度曲線

レナード彗星の光度曲線

 

2021年12月7日 ~  12月12日 夜明け前の東の空

2021年12月15日  ~ 12月25日 日暮れ後の西の空

過去の絶対等級の明るい彗星と近年の大彗星

名称 近日点距離 (A.U.) 絶対等級 (等) 実視等級 (等)
C/1729  P1 4.051 -3 4~5
C/1995  O1  Hale-Bopp   ヘールボップ彗星 0.914 -2 -1.8 大都会の明るい夜空でも長期間見えた"超巨大彗星"
C/1577  V1  Great Comet 0.178 0 -7
C/1811  F1  Great  Comet 1.035 0 2
C/1743  X1  Great  Comet 0.222 0.5 -5
C/1882  R1  Great  September  Comet 0.008 0.8 -5~-7
C/1402  D1  Great  Comet 0.38 1 -5
C/1556  D1  Great  Comet 0.491 1 -2
C/1807  R1  Great  Comet 0.646 1.6 1~2
C/2006  P1  Comet McNaught  マックノート彗星 0.17 3 -6 昼間に見える
C/1975 V1  Comet West  ウエスト彗星 0.197 3.5 -2 20世紀最も美しい彗星
C/1969  Y1  Comet Bennett  ベネット彗星 0.538 4.0 -3
C/2020  F3  Comet NEOWISE  ネオワイズ彗星 0.294 6.4 0.5  北半球からよく見えた23年ぶりの彗星
C/1965  S1  池谷・関彗星 0.0078 7.0 -7 昼間に見える
C/1996  B2  百武彗星 0.23 9.0 0     地球に1500万kmに接近し100度の尾

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.