ビクセンの名機 フローライト屈折望遠鏡シリーズ

天文関連

ビクセンの名機 フローライト屈折望遠鏡シリーズ

1980年代中頃~2004年春頃まで販売されていた,ビクセンのフローライトシリーズ

ビクセンのフローライト,FLシリーズはは,蛍石の相玉にドイツのKzF5(クルツフリントファイブ)という異常分散ガラスが使われていて,蛍石との相性の良さから,タカハシのフローライトシリーズよりも良く見えると評判が評判を呼んでいました。このFLシリーズは,5.5cmから10.2cmまでの4機種が販売されており,9cm以上はFが9に設計されて,良く見えるための設計が感じられるも のでした。その相玉であったKzF5が非エコレンズだったために,生産されなくなり,結果FLシリーズも生産中止となりました。現在でも、中古市場にはでており、人気があり高値で取引されています。

FL-55S・・・最小口径ゆえに収差補正状況は一番良い。FCT-65に匹敵する光学性能だと感じます。

FL-70S・・・日食遠征では現在でも現役の機種。天文関係某誌で『恐ろしいほど良く見える』という評価があったものです。

FL-80S・・・シャープさと高コントラストがすばらしい。最近の中古市場でも最もみかけるものです。

FL-90S・・・メーカー内でも非常に良く見えると評判だったらしいです。見え味では,10cmアポを凌駕しているように感じました。300倍も実用範囲です。

FL-102S・・タカハシのフローライトを上回ります。唯一、最近の機種で、これに匹敵すると感じたのは、タカハシのFC-100DLでした。今年8月の好シーイング時の火星の見え味は、すばらしかった。

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.