新型コロナウイルスに子供はかかりにくい?

生活関連

新型コロナウイルスに子供はかかりにくい?

新型コロナウイルスに子供は感染しにくい

2月24日に発表された中国の新型コロナウイルス(COVID-19)のデータによると、診断が確定した4万4672例の年齢分布は、80歳以上が3%、30~79歳が87%、20~29歳が8%、10~19歳が1%、9歳未満1%。死亡例は1023例(2.3%)で、特に高齢者や心疾患など基礎疾患のある患者の死亡率が高く、70~79歳で8.0%、80歳以上で14.8%。一方、9歳以下の死亡例はゼロだった。インフルエンザでは小児患者が多く、しばし流行の原因になるのに対し、新型肺炎では1%台でしかも死亡率ゼロという事実は驚きです。

唾液に新型コロナウイルスに対抗するヒントあり

小さな子どもにふんだんにあって、年を重ねるとともに減少し高齢者では乏しくなる何らかの物質・事象が、COVID-19の感染・発症に大きく関わっていると推測されますが、それが「唾液」ではないかという説があります。確かに、赤ちゃんのあの涎まみれの口腔と、高齢者の乾ききったそれとの違いは一目瞭然ですね。唾液の中には、食べ物を消化する酵素のほかにも、口に入ってくるウイルスや細菌などの病原性微生物を殺す免疫成分が含まれていると言われています。唾液に含まれる抗原非特異的防御因子によって、口腔内での殺菌および抗菌効果が発揮されています。

生体防御機構 口腔内での免疫システム

  • 全身系の免疫応答を口腔内に反映しているのが歯肉溝液です。つまり、血清由来のIgG抗体が口腔内に流れ込んで免疫防御を発揮している
  • 粘膜系免疫は唾液中に含まれている分泌型IgA(S-IgA)という抗体が主体となり、抗原特異的な応答によりウイルスの中和作用、歯面や粘膜面への細菌の付着・定着の阻害など生体防御の重要な機能を果たしている

-生活関連
-

Copyright© おさのフォト日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.