聖パトリックの祝日

生活関連

聖パトリックの祝日

セント・パトリックス・デー(Saint Patrick's Day)!

アイルランドにキリスト教の教派であるカトリックを布教したセント・パトリック(聖パトリック)の功績を讃えて制定された日。3月17日はセント・パトリックの命日で、アイルランドでは祝日になっています。セント・パトリックは、キリスト教布教のため、432年にアイルランドに送られた司教です。461年に他界するまで、アイルランド中を旅しながらキリスト教を広め、各地に修道院・学校・教会を建てたと言われています。

世界は緑一色

セント・パトリックス・デーが近くなると、アイルランドを筆頭に、世界各地で緑色をテーマカラーにさまざまなイベントが催されます。緑のコーディネートで統一された楽団によるパレード、緑のビール、川や噴水を緑に染める…などなど、世界は緑一色になります!

三つ葉のクローバーがモチーフ

セント・パトリックス・デーには、いたるところで三つ葉のクローバーのデザインを目にします。これは「シャムロック」と呼ばれる、アイルランドの国花です。セント・パトリックがこのシャムロックを用いて「三位一体(父である神、その子であるイエス、そして精霊)」を説き、キリスト教を広めたと言われています。毎年この時期に、国の絆の証としてアイルランドの首相からアメリカ大統領にシャムロックが贈られることも、セント・パトリックス・デーの伝統となっています。

アイルランド政府観光庁の推進する「グローバル・グリーニング」(グリーン・ライトアップ)キャンペーン

国宝 松江城(島根県)、伊勢大鳥居(三重県)、天保山大観覧車(大阪府)、さっぽろテレビ塔(北海道)をはじめ、日本全国の16のランドマークが緑色に染まります。

-生活関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.