冬鳥の代表 「ツグミ」

生物関連

10月頃、シベリアから大群で渡ってくる冬鳥の代表 「ツグミ」

跳ねては止まって胸張って 姿勢が良い

日本へ着くと群れを解いて、田畑や低い山の林に散らばって生息、3月なかばごろになると再び群れて北へ帰ります。冬鳥なので日本ではさえずりをしません。そこで冬には口をつぐんでいる、それでツグミと呼ばれるようになったといわれています。近所の公園で地面に降りて、エサを探していました。

  

-生物関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.