コシアキトンボ

生物関連

コシアキトンボ(腰空蜻蛉)

北海道を除く日本各地に普通にみられるトンボの1種

東京都心の公園で一番見られるほど、どこでも順応できるトンボです。雄は、腹部に白いビニールテープでもまいたような、雌は腹部に黄色いビニールテープでもまいたような感じのトンボです。黒い体に腹部の一部が白く抜けているため、腰のところが空いている、すなわち”コシアキ”というのが名前の由来です。羽化後は木陰に移り,小空間で旋回飛翔を繰り返します。成熟すると,水辺に戻ってなわばりを張ります。

 

-生物関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.