訪問したらクリックしてね!

【 更新・新着記事 】

2023/2/5

上野動物園 🐼 シャンシャン観覧ラスト 2月18日(土)〜2月19日(金) 抽選受付 2月3日(金)〜2月6日(月)

目次1 いよいよ最終の抽選2 1月29日 シャンシャン当選日2.1 まずは、親子パンダへ 90分待ち2.2 いよいよ 会えるのは最後になりそうなシャンシャン3 1月20日 シャンシャンの自由観覧の最終日4 2023年1月13日のパンダ達4.1 平日なのに開園前から大勢の人々4.2 パンダの待ち時間4.3 起きて活動しているパンダを見るには4.3.1 開園から11時30分頃まで4.3.2 11時30分過ぎると4.4 今日のパンダ達4.4.1 シャンシャン4.4.2 リーリー4.4.3 親子パンダ5 2023 ...

2023/2/5

2月6日 3:29 満月🌕スノームーン

目次1 2023/2/6    3:29   今年最遠の満月2 2022/2/17   1:57   月明かりで浮かび上がる富士3 スノームーンように寒々しい満月4 きょう27日17時17分に満月を迎えます・・・きょうの東京の月の出は17時26分 2023/2/6    3:29   今年最遠の満月 2月6日の満月は、2023年で地球から最も遠い満月です。月は6日の3時29分に満月となります。満月のときの地心距離は約40万6000キロメートル、月の視直径は約29分26秒角です。 今年最も地球に近い満月は8 ...

2023/2/5

冬季期間に クマ出没! 襲われる🐻

目次1 体長2メートルの熊と、剪定作業中に襲われる2 昨年、2022年2月5日にも 熊目撃 体長2メートルの熊と、剪定作業中に襲われる 4日午前9時半ごろ、函館市大船町の山林で、クマに襲われました。 冬季にクマが出没した理由について、「冬眠穴の近くで大きな音があると、クマが目覚めて穴の外に出てくることは少なくない」ということです。冬眠のジャマをしてしまったようです。 昨年、2022年2月5日にも 熊目撃 北海道北斗市 市渡で目撃されています。

2023/2/5

2023年唯一の夜間の月面X 2月28日0時

目次1 次回の好条件の「月面X」は2024年1月18日19時20分前後2 2022年の「月面X」 12月30日 20時30分  前後1時間    観測条件 最高でした !(^^)!3 18時よりライブ中継4 16時40分の衛星画像 好天期待5 来年2023年は 日本からは唯一 2月27日の深夜に月面Xが見られます5.1 12月30日 20時30分5.1.1 月面Xが観測できる日時(日本時間)5.1.2 月面Xが観測できる 予報の手法6 11月1日 月面X6.1 名寄で見えた 月面X7 9/3  月面X7. ...

2023/2/5

中国の偵察用気球 米軍の戦闘機が撃墜

目次1 米南部3つの空港で航空機離着陸を一時停止  ⇒ 中国の気球撃墜2 「気球はバス3台分の大きさ」2.1 2020年6月に宮城県仙台市の上空などで確認された「謎の飛行物体」に似ている2.1.1 専守防衛 米南部3つの空港で航空機離着陸を一時停止  ⇒ 中国の気球撃墜 日本時間5時すぎに、南部サウスカロライナ州の沖合でアメリカ軍の戦闘機によって撃墜したと発表。   「気球はバス3台分の大きさ」 偵察用の気球は中国からアリューシャン列島、そしてカナダの北西部を数日間かけて移動し、モンタナ州上空に到着。同じ ...

2023/2/5

第73回 さっぼろ雪まつり 3年ぶりの大雪像

目次1 様々な雪像2 生中継!さっぽろ雪まつり 冬の北海道を満喫3 ライブカメラ4 大通会場5 すすきの会場6 流氷接岸 様々な雪像 生中継!さっぽろ雪まつり 冬の北海道を満喫 2月4日 BS4K    19:30~21:00 ライブカメラ 大通会場 すすきの会場 流氷接岸

2023/2/5

ZTF彗星 (C/2022 E3) 2月11日 火星に最接 ☆彡

目次1 2月11日 火星に接近2 2月5日 5.3等級3 いよいよ地球最接近 ☆彡4 2月1日5 1月31日6 ZTF彗星が今後接近する天体6.1 1月29~30日:ZTF彗星とポラリス6.2 2月5~6日:ZTF彗星とカペラ  満月の月明かりがあります6.3 2月10~12日:ZTF彗星と火星6.4 2月14~15日:ZTF彗星とアルデバラン、ヒアデス星団7 2023年2月1日 地球最接近 4.7等級8 1月27日9 1月26日10 1月24日11 1月22日12 1月21日13 1月20日14 1月1 ...

2023/2/5

スギ花粉の飛散 元旦からの最高気温の合計数が400度を超えると花粉が飛散し始める

目次1 2023年1月1日からの最高気温の合計(東京)2 元旦からの最高気温の合計数が400度を超えると花粉が飛散し始める2.1 2022年     2/12  400度に到達!2.2 2021年 2023年1月1日からの最高気温の合計(東京) 2月4日までの合計、357.3度。あと、42.7度です。2月6日の週には、花粉の飛散が始まりますね。 元旦からの最高気温の合計数が400度を超えると花粉が飛散し始める 2022年     2/12  400度に到達! 1/21までの合計は、193.1度。1/22  ...

2023/2/5

流氷観光本格化

目次1 流氷観光本格化2 流氷&知床観光用の小型新造船「おーろら3」3 おーろら 流氷砕氷船 流氷観光本格化 流氷&知床観光用の小型新造船「おーろら3」 小型船なので氷を砕くことはできませんが、通常の3倍の厚みがある船体で流氷の近くを航行することが可能です。定員は「夏期 77 名・冬期 30 名」と明記されており、春から秋は知床観光船として活躍します。 昨年3月にもう一隻の流氷観光砕氷船おーろら2(489トン)が引退しており、今後はおーろらとおーろら3の大小2隻体制で運航されます。   おーろら ...

2023/2/4

『テレビアニメ「鬼滅の刃」刀鍛冶の里編』 始動!!

目次1 第1話2 主題歌アーティスト解禁3 上弦の鬼解禁 第1話 主題歌アーティスト解禁 上弦の鬼解禁  

今年10月6日の火星準接近

天文関連

2022 火星中接近 12月1日 ! 次回の同程度の接近は9年後

2023年1月1日

12月14日

12月9日 -1.8等級 視直径17.0"

12月1日 -1.8等級 視直径17.2"

11月26日 -1.8等級 視直径17.1"

11月20日 -1.7等級 視直径16.9"

11月7日 -1.4等級 視直径15.8"

2022年12月1日 中接近 視直径17.2"

火星は地球との接近を約2年2カ月ごとに繰り返し、次回の最接近は2022年12月1日で、地球から火星までの距離は、約8145万キロメートルで、このときの火星の視直径は17.2秒角(月の視直径の100分の1以下)で、明るさはマイナス1.8等となります。

2020年10月17日  光度-2.6  16:56出 視直径22.1"

10/10  光度-2.6  17:31出 視直径22.5"

大接近の夜     2020 火星大接近 10月6日 ! 次回は2033年

晴れてくれました!  明日からは秋雨前線+台風14号の影響で、週末まで曇りや雨なので、大接近の様子が見れてよかった!

10/6   光度-2.6   17:51出 視直径22.6"

10/5 光度-2.5   17:56出 視直径22.6"

10/2   光度-2.5   18:11出 視直径22.5"

9/26   光度-2.4   18:40出 視直径22.1"

 

9/25   光度-2.4   18:44出 視直径22.1"

9/21   光度-2.3   19:03出 視直径21.7"

9/19   光度-2.2   19:11出 視直径21.4"

9/15   光度-2.2   19:29出 視直径20.9"

今年ほどの接近は、次回は2033年

(8/20更新)   光度-1.5   21:04 出 視直径17.1"

8月15日 23時過ぎ  FC-100DL  で観望

シーイングが大変よいので、極冠や模様がFC-100DLの300倍でクッキリ美しく見えていました。

「Mars Week 3」火星観測証をゲットしよう

今から15年前の2003年、同じく大接近の2018年に続く「火星観測週間(Mars Week)」第三弾「Mars Week 3」が実施されます。前回同様、観測時間、そこから導いた火星までの距離を記した「火星観測証」が、今回の大接近においても同様に発行されます。

報告先

明け方に南中

(8/2更新)   火星は22時過ぎに昇ってきて、4時頃南中になります。視直径14.6" 、123倍で月の大きさに見えます。

準大接近始まる

火星は真夜中0時には東の空に昇ってきています。明るさは-1.0等級で、都会の空でもはっきり確認できます。

 

今年10月6日にうお座で準大接近となる火星は、現在うお座にいます。次の同等の接近は、13年後の2033年7月5日の準大接近となりますので、ぜひ天体望遠鏡で見ておきたいものです。

ステラナビゲータで今年の最接近時の火星を表示してみました。今回は白い極冠が小さい姿が見えるようです。南中高度は、2018年の大接近では30度でしたが、今年は60度となりますので高度の条件は良さそうです。ただし、天体望遠鏡で火星を見る場合、火星自体が木星や土星と比較すると小さいため、できるだけ倍率を上げる必要があります。2003年の大接近の直後の9月9月に、火星と月との接近が起こりました。その時の写真が次のものです(月の下方にポチッと見える赤い点が火星)。月と比べると、火星は大接近でこの大きさですから、地球から見える火星の大きさがイメージできると思います。

天体望遠鏡で高倍率で火星を見る場合、地球を取り巻く大気層が影響を与えます。ちょうど、水面下の石を見るのと同じで、水面がガラス面のように穏やかであれば石は詳細までよく見えますが、水面が風や流れで乱れていると石は存在くらいしかわかりません。望遠鏡で天体観測をする上で、気流が良いとか悪いとか、シンチレーションが大きい・小さいとか、シーイングが良い・悪いといった表現が頻繁に出て来ます。私たちの頭の上にある空気の層は常に流れていて、高倍率の望遠鏡にとってはまさにさざ波の立った水面下を見るようなものです。よって、高倍率で星を観測しようとするときは、できるだけ気流の流れの穏やかな時を狙って観測することになります。逆に気流の悪いときは、どんなに性能の良い望遠鏡でも高倍率では全く良く見えません。そんなこともあって、世界の巨大望遠鏡は空気の薄い4000m級の山頂に建設されるわけです。日本本土は、残念ながら世界的に見て、シーイングがあまり良くない地域です。でも、シーイングの良い時期はあります。その時期は、5月から梅雨入りまでの大型の高気圧に覆われる時期、梅雨明けから秋雨までに夏の太平洋高気圧に覆われる時期、真冬に寒波にすっぽり覆われ冷え込みが厳しい時期(北海道のみ)、で、結構チャンスは少ないのです。そのシーイングが良い時期以外は、一晩のうちでもシーイングが良い時間に遭遇するのを待つしかありません。天体望遠鏡が使用できる倍率は、天体望遠鏡のレンズの直径(口径)のmm値の2~2.5倍と一般に言われています。となると、口径が大きい望遠鏡が適していることになりそうですが、口径が大きいほど地球を取り巻く大気層の影響を大きく受けるようになります。私の経験では、日本のシーイングの程度では、口径10~15cmの天体望遠鏡が一番コンスタントに望遠鏡の能力を発揮できると思います。



 

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.