更新・新着記事

2021/10/20

東京ディズニーリゾート 10/20 14:00 11/20~11/26 のチケット販売

目次1 10/13の販売枚数2 原則5,000人だった入場制限が、1万人に緩和3 9月22日 「ハロウィーンモーニング・パスポート」発売4 9月8日の販売状況5 チケット販売状況 チェック      &     コンビニ端末でチェック!!6 9月1日の販売状況7 8月25日の販売状況8 8月11日の販売状況9 7月28日の販売状況10 次回チケット販売は7月14日(水)14:00の予定でしたが、7月21日(水)14:00へ延期11 6/30 17:05時点の状況12 2021/5/17(月)  多 ...

2021/10/19

「鬼滅の刃」テレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編 10/10から / “遊郭編”、12/5から

目次1 10月31日(日)    放送中止 ・・・ 選挙特番「Live選挙サンデー」のため (´;ω;`)ウッ…2 10月24日(日)   <無限列車編>   第3話 『本当なら』3 10月17日(日)   <無限列車編>   第2話 『深い眠り』3.1 煉獄が「うまい! うまい!」と言いながら、車内でお弁当を食べるシーン3.2 煉獄と恋柱・甘露寺蜜璃の関係3.3 エンディング映像に描かれた煉獄家の過去の描写4 10月10日(日)   <無限列車編>   第1話 『炎柱・煉獄杏寿郎』5 2021年9月25 ...

2021/10/19

コロナ新規感染急減のミステリー

目次1 北海道はリバウンドの兆し2 東京 今月末には 新規感染者一桁か?!3 海外メディアも日本の感染者現象を「謎の激減」として取り上げて分析3.1 仮説① 一通りまん延説3.2 仮説② 感染の増減は2カ月サイクル4 コロナ新規感染者が 坂を転がり落ちるように減少??4.1 考えられる要素は複数あるが、これは、というのはない?!4.2 運も良かった??5 新たな波は来る5.1 今回の感染急減も収束と拡大を繰り返す局面の一つと考えられる6 恐ろしい、コロナ後遺症 北海道はリバウンドの兆し 減少傾向が続いてい ...

2021/10/19

北京冬季オリンピック・パラリンピック 2022年2月4日から20日

目次1 北京五輪 聖火採火1.1 北京五輪のトーチ2 北京オリ・パラのテスト大会 スピードスケートの国際大会開幕3 ペキン2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット4 北京は、夏季と冬季のオリンピックを開催する最初の都市という唯一無二の立場4.1 北京ゾーン4.1.1 国家体育場 “鳥の巣”4.1.2 国家水泳センター4.1.3 国家体育館4.1.4 五棵松体育館4.1.5 国家速滑館4.1.6 首都体育館4.1.7 ビッグエア首鋼4.2 延慶ゾーン4.2.1 国家スライディングセンター4.2.2 ...

2021/10/18

北海道・稚内で初雪を観測

目次1 旭川、網走でも初雪観測2 全国の気象台で今季初めて2.1 今秋初めて、筋状の雲が出現2.2 稚内で初雪観測2.3 ニセコの様子2.4 中山峠の雪道3 ロシアから日本周辺の気温の状況 旭川、網走でも初雪観測 <初冠雪> 手稲山(札幌) 平年より1日早く、昨年より2日遅い 横津岳(函館) 平年より12日早く、昨年より8日早い 岩手山(盛岡) 平年より4日遅く、昨年と同じ 雌阿寒岳(釧路) 平年と同じで、昨年より12日早い 全国の気象台で今季初めて 今秋初めて、筋状の雲が出現 稚内で初雪観測 ニセコの様 ...

今年10月6日の火星準接近

天文関連

2020 火星大接近 10月6日 ! 次回は2033年 💛

10/17  光度-2.6  16:56出 視直径22.1"

10/10  光度-2.6  17:31出 視直径22.5"

大接近の夜

晴れてくれました!  明日からは秋雨前線+台風14号の影響で、週末まで曇りや雨なので、大接近の様子が見れてよかった!

10/6   光度-2.6   17:51出 視直径22.6"

10/5 光度-2.5   17:56出 視直径22.6"

10/2   光度-2.5   18:11出 視直径22.5"

9/26   光度-2.4   18:40出 視直径22.1"

 

9/25   光度-2.4   18:44出 視直径22.1"

9/21   光度-2.3   19:03出 視直径21.7"

9/19   光度-2.2   19:11出 視直径21.4"

 

9/15   光度-2.2   19:29出 視直径20.9"

今年ほどの接近は、次回は2033年

(8/20更新)   光度-1.5   21:04 出 視直径17.1"

8月15日 23時過ぎ  FC-100DL  で観望

シーイングが大変よいので、極冠や模様がFC-100DLの300倍でクッキリ美しく見えていました。

「Mars Week 3」火星観測証をゲットしよう

今から15年前の2003年、同じく大接近の2018年に続く「火星観測週間(Mars Week)」第三弾「Mars Week 3」が実施されます。前回同様、観測時間、そこから導いた火星までの距離を記した「火星観測証」が、今回の大接近においても同様に発行されます。

報告先

明け方に南中

(8/2更新)   火星は22時過ぎに昇ってきて、4時頃南中になります。視直径14.6" 、123倍で月の大きさに見えます。

準大接近始まる

火星は真夜中0時には東の空に昇ってきています。明るさは-1.0等級で、都会の空でもはっきり確認できます。

 

今年10月6日にうお座で準大接近となる火星は、現在うお座にいます。次の同等の接近は、13年後の2033年7月5日の準大接近となりますので、ぜひ天体望遠鏡で見ておきたいものです。

ステラナビゲータで今年の最接近時の火星を表示してみました。今回は白い極冠が小さい姿が見えるようです。南中高度は、2018年の大接近では30度でしたが、今年は60度となりますので高度の条件は良さそうです。ただし、天体望遠鏡で火星を見る場合、火星自体が木星や土星と比較すると小さいため、できるだけ倍率を上げる必要があります。2003年の大接近の直後の9月9月に、火星と月との接近が起こりました。その時の写真が次のものです(月の下方にポチッと見える赤い点が火星)。月と比べると、火星は大接近でこの大きさですから、地球から見える火星の大きさがイメージできると思います。

天体望遠鏡で高倍率で火星を見る場合、地球を取り巻く大気層が影響を与えます。ちょうど、水面下の石を見るのと同じで、水面がガラス面のように穏やかであれば石は詳細までよく見えますが、水面が風や流れで乱れていると石は存在くらいしかわかりません。望遠鏡で天体観測をする上で、気流が良いとか悪いとか、シンチレーションが大きい・小さいとか、シーイングが良い・悪いといった表現が頻繁に出て来ます。私たちの頭の上にある空気の層は常に流れていて、高倍率の望遠鏡にとってはまさにさざ波の立った水面下を見るようなものです。よって、高倍率で星を観測しようとするときは、できるだけ気流の流れの穏やかな時を狙って観測することになります。逆に気流の悪いときは、どんなに性能の良い望遠鏡でも高倍率では全く良く見えません。そんなこともあって、世界の巨大望遠鏡は空気の薄い4000m級の山頂に建設されるわけです。日本本土は、残念ながら世界的に見て、シーイングがあまり良くない地域です。でも、シーイングの良い時期はあります。その時期は、5月から梅雨入りまでの大型の高気圧に覆われる時期、梅雨明けから秋雨までに夏の太平洋高気圧に覆われる時期、真冬に寒波にすっぽり覆われ冷え込みが厳しい時期(北海道のみ)、で、結構チャンスは少ないのです。そのシーイングが良い時期以外は、一晩のうちでもシーイングが良い時間に遭遇するのを待つしかありません。天体望遠鏡が使用できる倍率は、天体望遠鏡のレンズの直径(口径)のmm値の2~2.5倍と一般に言われています。となると、口径が大きい望遠鏡が適していることになりそうですが、口径が大きいほど地球を取り巻く大気層の影響を大きく受けるようになります。私の経験では、日本のシーイングの程度では、口径10~15cmの天体望遠鏡が一番コンスタントに望遠鏡の能力を発揮できると思います。



 

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.