更新・新着記事

2021/10/20

東京ディズニーリゾート 10/20 14:00 11/20~11/26 のチケット販売

目次1 10/13の販売枚数2 原則5,000人だった入場制限が、1万人に緩和3 9月22日 「ハロウィーンモーニング・パスポート」発売4 9月8日の販売状況5 チケット販売状況 チェック      &     コンビニ端末でチェック!!6 9月1日の販売状況7 8月25日の販売状況8 8月11日の販売状況9 7月28日の販売状況10 次回チケット販売は7月14日(水)14:00の予定でしたが、7月21日(水)14:00へ延期11 6/30 17:05時点の状況12 2021/5/17(月)  多 ...

2021/10/19

「鬼滅の刃」テレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編 10/10から / “遊郭編”、12/5から

目次1 10月31日(日)    放送中止 ・・・ 選挙特番「Live選挙サンデー」のため (´;ω;`)ウッ…2 10月24日(日)   <無限列車編>   第3話 『本当なら』3 10月17日(日)   <無限列車編>   第2話 『深い眠り』3.1 煉獄が「うまい! うまい!」と言いながら、車内でお弁当を食べるシーン3.2 煉獄と恋柱・甘露寺蜜璃の関係3.3 エンディング映像に描かれた煉獄家の過去の描写4 10月10日(日)   <無限列車編>   第1話 『炎柱・煉獄杏寿郎』5 2021年9月25 ...

2021/10/19

コロナ新規感染急減のミステリー

目次1 北海道はリバウンドの兆し2 東京 今月末には 新規感染者一桁か?!3 海外メディアも日本の感染者現象を「謎の激減」として取り上げて分析3.1 仮説① 一通りまん延説3.2 仮説② 感染の増減は2カ月サイクル4 コロナ新規感染者が 坂を転がり落ちるように減少??4.1 考えられる要素は複数あるが、これは、というのはない?!4.2 運も良かった??5 新たな波は来る5.1 今回の感染急減も収束と拡大を繰り返す局面の一つと考えられる6 恐ろしい、コロナ後遺症 北海道はリバウンドの兆し 減少傾向が続いてい ...

2021/10/19

北京冬季オリンピック・パラリンピック 2022年2月4日から20日

目次1 北京五輪 聖火採火1.1 北京五輪のトーチ2 北京オリ・パラのテスト大会 スピードスケートの国際大会開幕3 ペキン2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット4 北京は、夏季と冬季のオリンピックを開催する最初の都市という唯一無二の立場4.1 北京ゾーン4.1.1 国家体育場 “鳥の巣”4.1.2 国家水泳センター4.1.3 国家体育館4.1.4 五棵松体育館4.1.5 国家速滑館4.1.6 首都体育館4.1.7 ビッグエア首鋼4.2 延慶ゾーン4.2.1 国家スライディングセンター4.2.2 ...

2021/10/18

北海道・稚内で初雪を観測

目次1 旭川、網走でも初雪観測2 全国の気象台で今季初めて2.1 今秋初めて、筋状の雲が出現2.2 稚内で初雪観測2.3 ニセコの様子2.4 中山峠の雪道3 ロシアから日本周辺の気温の状況 旭川、網走でも初雪観測 <初冠雪> 手稲山(札幌) 平年より1日早く、昨年より2日遅い 横津岳(函館) 平年より12日早く、昨年より8日早い 岩手山(盛岡) 平年より4日遅く、昨年と同じ 雌阿寒岳(釧路) 平年と同じで、昨年より12日早い 全国の気象台で今季初めて 今秋初めて、筋状の雲が出現 稚内で初雪観測 ニセコの様 ...

2020年 ふたご座流星群

天文関連

2020年 ふたご座流星群 ライブカメラ 12月13日19時頃~14日日の出

たくさんの流星がみられました

 

ウェザーニュース ライブ

https://youtu.be/bpy--8Zqj4Q

群馬天文台 ライブカメラ

木曽ライブカメラ

奈良県ライブカメラ

琵琶湖

2020年のふたご座流星群 観測条件

年間三大流星群のひとつ.一晩に見られる流星数としては年間最大の流星群で,条件が整うと一晩の流星数が500個を越える時もあります.1時間あたりの流星数も40個から60個,多いときには100個近くに達します.最近は明るい流星や流星痕の出現も観測されており,とても印象的な流星群です.

  • 月齢条件  ・・・ 新月  ⇒  文句なし
見頃となる
時間帯
(第一候補)12月13日23時頃~14日日の出(日本時)
(第二候補)12月14日日没後~15日日の出(日本時)

ふたご座流星群の歴史

年間三大流星群のひとつとして,一晩見られる数では年間最大を誇るふたご座流星群ですが,19世紀以前の記録は皆無に等しく,1862年等の記録はあるものの出現数は少なく,ほとんどの記録は1900年代(20世紀)に入ってからです.90年代初頭もあまり流星数は多くありませんでしたが,1930年~1950年頃に徐々に流星数が増加し,1970年代からは現在の出現数まで上昇してきました.これだけの流星数の変化は,19世紀以前にはふたご座流星群の元となる流星物質の流れが地球と接していなかったためと考えられており,以前は21世紀にはふたご座流星群が見えなくなるとまで言われていました.しかし,その後,母天体が発見され,その母天体(3200)Phaethonの軌道が2223年に再接近するという結果がわかると,当面はこのまま見え続けるのではないだろうかと言われています.現在もその活動は活発そのもので,2000年頃からは,これまでふたご座流星群ではなかなか見られなかった明るい流星(火球)も見られるようになり,活発な活動が継続しています.

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.