夜天光の明るさを測るための9段階の数値スケール ボートルスケール

天文関連

夜天光の明るさを測るための9段階の数値スケール ボートルスケール

アメリカのアマチュア天文家ジョン・E.ボートルによって、スカイ&テレスコープ誌2001年2月号に公表されました。ボートル・スケールは、地球上で最も暗い夜空であるクラス1から都市中心部のクラス9までの9段階で示され、肉眼で見ることができる星の明るさ(NELM)の目安にもなります。これは、大気の透明度は考慮されていませんので、日本の夏場のように湿度が高い時期は、スケールは低下します。

海外の夜空ライブカメラ

ボートルスケールが"1"のチラゴーの風景 ・・・ チラゴーの人口は100人程度。晴天率も乾季は極めて高く、新月前後は毎夜、宇宙空間にいるような星空に包まれます。透明度は空気が乾燥しており、日中の空はコバルトブルー、日本だと高山に登らないと見られない空です。天体写真のような天の川が肉眼で見える天の川の光による影ができる、肉眼が双眼鏡になったように星がみえる、双眼鏡で見ると視野が星で埋め尽くされかえって使いにくい、こんな経験ができるのが、ボートルスケール" 1 "  の夜空です。現在の日本では、普通の田舎の空でボートルスケール4、標高の高い星空の名所でボートルスケール3、という状況で、年々悪くなっています。

ボートルスケール 場所の状況
肉眼極限等級      (視力1.5の場合、視力の低下とともに等級も下がる)
夜空の見え方    (視力1.5の場合、視力の低下とともに等級も下がる)
1 優れた光害フリーの土地
オーストラリア チラゴー 7.6 ~ 8.0
  • 黄道光を色彩豊かに見ることができる
  • 対日照を見ることができる
  • 黄道光の帯を見ることができる
  • 大気光を容易に見ることができる
  • 天の川のさそり座といて座の領域が明確な影を投げかける
  • 多くのメシエ天体や球状星団が肉眼で見ることができる
  • さんかく座銀河M33を、肉眼で見ることができる
  • 12.5インチ口径反射望遠鏡の限界等級は17.5
2 代表的な真に空が暗い土地
北海道北部・東部
北海道大雪山系    菅野温泉 7.1 ~ 7.5
  • 黄道光は夕暮れと夜明けに、影を投げかけるように明確に、十分に帯黄色で明るい。
  • 大気光は地平線近辺に弱く見ることができる
  • 雲は空に開いた暗い穴としてのみ見ることができる
  • 周辺は空に対しての影としてかすかに見ることができる
  • 夏の天の川は高度に構造的に見える
  • 多くのメシエ天体や球状星団を肉眼で見ることができる
  • さんかく座銀河M33は、肉眼で簡単に見える
  • 12.5インチ口径反射望遠鏡の限界等級は16.5
3 田舎の空
北海道遠軽町安国 (透明度が良い時) 6.6 ~ 7.0
  • 黄道光は春と秋に著しい。また、色はまだ目に見える
  • いくつかの光害が地平線に現れる
  • 雲は地平線近くで照らし出され、頭上では暗い
  • 近くの周辺はかすかに見ることができる
  • 夏の天の川はまだ複雑に見える
  • M15、M4、M5、M22などの球状星団は肉眼で見ることができる
  • さんかく座銀河M33は、そらし目を使えば容易に見ることができる
  • 12.5インチ口径反射望遠鏡の限界等級は16
4 田舎と郊外の境
オーストラリア マリーバ
木曽駒ヶ岳 千畳敷カール 6.1 ~ 6.5
  • 黄道光はまだ見ることができるが、夕暮れと夜明けの頃の天頂への半ば辺りでは存在しない
  • いくつかの方角に目に見える光害のドームがある
  • 雲は光源のある方向で照らし出され、頭上では暗い
  • 周辺は距離があってもはっきり見ることができる
  • 天の川は地平線上でまだ印象的だが、形状は欠けている
  • さんかく座銀河は、そらし目でも難しく、空の高い位置にあるときのみ見ることができる
  • 12.5インチ口径反射望遠鏡の限界等級は15.5
5 郊外の空
長野県安曇野
乗鞍岳 バス終点2700m 5.6 ~ 6.0
  • 秋か春の条件の良い夜のみ黄道光の兆候が見える
  • 光害はほとんどの方向で見られる
  • 雲は空よりも顕著に明るい
  • 天の川は地平線近くでは非常にかすかか全く見えず、頭上では押し流されたように見える
  • 12.5インチ口径反射望遠鏡の限界等級は15
6 明るい郊外の空
1970年代前半の札幌市北区 5.1 ~ 5.5
  • 黄道光は見ることができない
  • 光害は地平線から35°までの空を灰白色に照らしている
  • 雲は空のどこにあってもはっきり明るく現れる
  • 周辺は容易に見ることができる
  • 天の川は天頂近辺でのみ見える
  • さんかく座銀河は見えず、アンドロメダ銀河は控えめに見える
  • 12.5インチ口径反射望遠鏡の限界等級は14.5
7 郊外と都市部の境
現在の札幌市北区
スラウェシ島 パル (すごい湿度のため光害が増幅されている) 4.6 ~ 5.0
  • 光害が空全体を薄灰色にしている
  • 強い光源が四方八方にはっきり現れている
  • 雲は明々と照らされている
  • 天の川は見ることができない
  • アンドロメダ銀河とプレセペ星団は感じ取られるだろうが、形状はわからない
  • 望遠鏡を通すと、最も明るいメシエ天体は青白い影に見える
  • 12.5インチ口径反射望遠鏡の限界等級は14
8 都市部の空 4.1 ~ 4.5
  • 空は灰色またはオレンジに照らされている - 容易に読書できる
  • よく知られた星座の形を形作る星はかすかに見えるか、または見ることができない
  • アンドロメダ銀河とプレセペ星団は、良い条件の夜に経験ある観測者によってかろうじて感じ取られる
  • 望遠鏡を以てすら、最も明るいメシエ天体しか検出できない
  • 12.5インチ口径反射望遠鏡の限界等級は13
9 都心中心部の空
東京23区の周辺地域 3.5 ~ 4.0
  • 空は明々と照らされている
  • 星座を形作る多くの星、かすかな星座の多くは見ることができない
  • プレアデス星団を除くメシエ天体は肉眼では見ることができない
  • 月、惑星と、幾つかの明るい星団以外は観測できない
10     独自に追加 大都市中心部の空
自然教育園 3.0 ~ 3.5
  • 空は明々と照らされている
  • 星座の形はたどれない
  • メシエ天体は肉眼では見ることができない
  • 月、惑星と、幾つかの明るい星団以外は観測できない
  • 薄明が始まっているような状態

肉眼や望遠鏡で、何等級まで見えるか

ボートルスケール3 レベルの星空

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.