訪問したらクリックしてね!

【 更新・新着記事 】

2024/5/23

2024年5月23日 22:53 フラワームーンFlower Moon(花月)

目次1 2024年5月23日 22:532 薄雲がありましたが撮影成功2.1 2023年5月5日 23時50分2.2 2023年5月6日 1時50分2.3 2023年5月6日 2時26分3 気象衛星による雲の様子 5月5日 23:304 5月6日 2時23分 2024年5月23日 22:53 薄雲がありましたが撮影成功 2023年5月5日 23時50分 2023年5月6日 1時50分 2023年5月6日 2時26分 気象衛星による雲の様子 5月5日 23:30 5月6日 2時23分

2024/5/23

鬼滅の刃 柱稽古編  第3話 炭治郎全開! 柱稽古大参加 5月26日23時15分~ 👹🐍

目次1 第3話 炭治郎全開! 柱稽古大参加2 第2話 富岡義勇の痛み3 柱稽古編 第1話 鬼舞辻無惨を倒すために 5月12日23時15分~4 刀鍛冶の里編 特別編集版  2024年5月4日・5日放送5 3月9日(土)22:30より『鬼滅テレビ-柱稽古編 新情報発表SP-』6 2月23日 2回目鑑賞 「キービジュアルクリアスタンド 第一弾」が入場者にプレゼント7 ufotableにより制作された第一弾~第三弾の入場者特典映像を、以下のスケジュールで上映8 全国映画動員ランキングトップ10(2024年2月2~ ...

2024/5/19

ドナルドダック スクリーンデビュー90周年

目次1 ディズニーストア 東京ディズニーリゾート店の店頭がドナルド一色に!2 【ドナルド90周年スペシャル★カード プレゼント!】3 【ドナルド90周年記念号外配布】 ディズニーストア 東京ディズニーリゾート店の店頭がドナルド一色に! ■実施期間 :2024年5月21日(火)~2024年7月1日(月) 【ドナルド90周年スペシャル★カード プレゼント!】 ディズニーストア.jpにてスクリーンデビュー90周年をお祝いしたスペシャルカードをプレゼント! ■実施期間:2024年5月28日(火)10:00~202 ...

2024/5/19

葛西臨海公園で「マホガニー自転車」に遭遇!!

SANOMAGICのマホガニー自転車 木製の自転車はマホガニーの積層材で作られており、柔らかい乗り心地とともに、しなりの反発を利用して漕ぐ力を強化します。 可能な限り中空構造になっており、強度と軽量さを両立しています。 このような特性によって、より速くより長くライドができるそうです。ペダルに足をかけて少し踏むだけで、フレームが面白いようにたわみ、しなるようです。 佐野末四郎が作ったマホガニーバイク一覧 写真の2台は、8号機と23号機とのことでした。

2024/5/19

ハワイ・マウナケアの国立天文台すばる望遠鏡から世界最高の星空を配信中

目次0.0.1 6/20   月明かりを受けるドーム群0.0.2 夜明け前の東天の黄道光0.0.3 沈みゆく さそり座0.0.4 流れ星も確認できる高感度ライブカメラ0.1 日没後の西空の明るさを浴びるドーム群0.2 星が見えだしました0.3 夏の天の川が昇ってきました0.3.1 コズミック フロント 「すばるとアルマから 親愛なる宇宙へ」 6月2日(水)午後11:451 すばる望遠鏡からの星空ライブカメラ    2021/6/4から配信開始!! 6/20   月明かりを受けるドーム群 夜明け前の東天の黄 ...

2024/5/18

EVSCOPE Ver1 都市部で撮影した天体

目次1 東京都内から撮影した天体 5月17日~18日未明1.1 M21     リング状の星の並び1.2 M261.3 M172 EVSCOPE  Ver1  vs   Ver22.1 アンテナ星雲3 過去の撮影分は こちら 東京都内から撮影した天体 5月17日~18日未明 M21     リング状の星の並び M26 M17 EVSCOPE  Ver1  vs   Ver2 アンテナ星雲 Ver1とVer2の撮影画像の決定的な違いは、撮影範囲の違いだけのように思えます。    過去の撮影分は こちら &n ...

2024/5/17

風間俊介、ディズニーシー「ファンタジースプリングス」を『ZIP!』で特集 20、27日の2週

目次1 5月20日 風間による「ファンタジースプリングスの楽しみ方」2 5月27日 風間による「ファンタジースプリングスの楽しみ方」 5月20日 風間による「ファンタジースプリングスの楽しみ方」 ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』を題材とした2つのエリア   5月27日 風間による「ファンタジースプリングスの楽しみ方」 『ピーター・パン』を題材にしたエリアと、パーク一体型のディズニーホテル「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」  

2024/5/19

モルゲンロート & アーベントロート

目次1 モルゲンロート     早朝に昇り始めた太陽の光に照らされて山肌が赤く染まる現象2 アーベントロート    赤い夕日が雲を美しく染め上げていく夕焼けのこと モルゲンロート     早朝に昇り始めた太陽の光に照らされて山肌が赤く染まる現象 「モルゲンロート」とは、早朝に昇り始めた太陽の光に照らされて山肌が赤く染まる現象のこと示す登山用語です。語源はドイツ語で「モルゲン(Morgen)」は「朝」、「ロート(rot)」は「赤い」という意味になります。朝日に照らされた幻想的な山の頂は、まるで早起きだけが鑑 ...

2024/5/21

5月19日 栗花落カナヲ 誕生日

目次1 5月19日2 5月10日3 2月24日4 2月8日 冨岡義勇の誕生日5 1月7日 不死川玄弥の誕生日6 12月28日 竈門禰豆子の誕生日7 11月29日 不死川実弥 の誕生日8 10月31日 宇髄天元 誕生日9 9月15日    伊黒小芭内の誕生日9.1 【壱ノ型 委蛇斬り(いだぎり)】9.2 【弐ノ型 狭頭の毒牙(きょうずのどくが)】9.3 【参ノ型 塒締め(とぐろじめ)】9.4 【肆ノ型「頸蛇双生」(けいじゃそうせい)】9.5 【伍ノ型 蜿蜿長蛇(えんえんちょうだ)】10 9月3日 我妻善逸の ...

2024/5/21

12P/Pons-Brooks(ポンズ・ブルックス彗星) 70年ぶり回帰 南半球では見事な姿♪

目次1 5月17日2 5月3日 南アフリカで撮影された姿3 4月30日 オーストラリアで撮影された姿3.1 南半球では近日点通過後の見頃4 4月21日 近日点通過5 4月10日6 4月6日7 4月5日 eVscope eQuinox18 4月2日9 4月1日 いよいよ3等級台へ10 3月30日11 3月28日12 3月25日13 3月19日14 3月16日15 3月14日 光度曲線が上方修正されました (^^♪16 3月12日17 3月8日18 3月7日19 3月6日 いよいよ見頃(^^♪20 3月5日2 ...

2024/5/15

2024年の月面X 次回は6月14日 日中

目次1 4月16日 15時頃2 2024年3月17日24時25分 前後30分 ⇒ 曇天 ☁3 好条件の「月面X」は2024年1月18日19時20分 前後30分3.1 20時5分 薄雲を通してXを確認3.2 2024年の月面X  Xが見え始める時刻3.3 2025年の月面X  Xが見え始める時刻4 2023年に起こる月面Xはすべて日中の時間帯4.1 11月20日(月)    18時過ぎ4.2 9月22日(金)   13時ごろ4.3 9月22日(金)   アメリカ西海岸で撮影された 月面X4.4 ...

2024/5/16

EVSCOPE ver1 & ver2 比較 ⇒ 差はほんの僅か

目次1 Deep Dark テクノロジー  ver1 & ver2 共通2 センサーの比較2.1 eVscope2 で使用2.2 eVscope1 で使用3 接眼レンズの比較3.1 eVscope23.2 eVscope14 超解像画像 「ピクセルシフト」を利用4.1 eVscope24.2 eVscope15 総括5.1 eVscope1   M425.2 eVscope2   M425.3 アンテナ星雲  EVSCOPE Ver1    vs    EVSCOPE  Ver2 Deep Dar ...

2024/5/14

SOHO画面にプレアデス星団 5/13~5/28 木星・金星も

目次1 2024年 SOHOの視野にプレアデス星団が見えはじめました1.1 5月14日1.2 5月13日 プレアデス星団・木星・金星2 2023年 SOHOの視野のプレアデス星団2.1 5月28日2.2 5月27日2.3 5月26日2.4 5月25日  視野の左下には おうし座α(アルファ)星である アルデバランも見えています2.5 5月24日  視野の左下には ヒアデス星団も見えています2.6 5月21日2.7 5月19日2.8 5月17日2.9 5月16日2.10 5月15日2.11 5月14日 20 ...

2024/5/19

大規模な太陽フレア発生 ハワイでも164年ぶりにオーロラが発生

目次1 荘厳なオーロラ2 ハワイでも164年ぶりにオーロラが発生3 5月10日17時5分UTに発生し急始型地磁気嵐は、現在も継続中4 太陽像5 世界各地でオーロラ 荘厳なオーロラ ハワイでも164年ぶりにオーロラが発生 5月10日17時5分UTに発生し急始型地磁気嵐は、現在も継続中 太陽像 世界各地でオーロラ

2024/5/15

葛西臨海公園の カブトムシ & クワガタ 🐞 2024年シーズン

目次1 2024年シーズン 開始🐞1.1 5月12日 樹液チェック2 2023年シーズン2.1 8月11日 調査2.2 樹液を探すポイント2.3 8月4日 ライトトラップ調査2.4 7月30日 ライトトラップ調査2.5 7月22日 樹液調査2.6 7月16日 早朝 コナラも樹液を出してきました2.7 6月25日調査 シラカシの木にカナブン多数!2.8 6月17日調査2.9 シロスジカミキリが姿を現しはじめました → 樹液が出始める2.10 5月4日調査3 2023年3月1日 コクワガタ死亡 ...

NASAの無人探査機「ボイジャー1号」と「ボイジャー2号」、星間空間を飛行中

天文関連

NASAの無人探査機「ボイジャー1号」復活!!

2024年4月23日 【ボイジャー1号】復活!

【ボイジャー1号】の故障は、FDSのメモリを保存するチップが破損していることが原因と判明。チップに保存されていたコードを分割して、コンピューターシステムの別の場所に保存するように指令。今後数週間以内に、 FDSを再調整して、科学データを受信できるようにするそうです。

老朽化したボイジャー1号から驚きの応答

ボイジャー1号は今でも地球の管制チームに無線信号を送り続けているものの、11月以降はこの信号に利用可能なデータが含まれていない状態。ボイジャー1号に搭載されたコンピューター3台の一つに問題がある状態。

最近送信されてきた新たな信号を見ると、ボイジャー1号の状態を理解しようとするNASAミッションチームの試みに一定の進展があったもよう。

ボイジャー1号は現時点で地球から最も遠い位置にいる宇宙探査機で、その距離は約240億キロ。

一方、ボイジャー2号は地球から203億キロ以上の距離まで飛行しました。

⇒ FDSメモリの約3%が破損していることでコンピューターが通常の動作を実行できなくなっていることを確認

ボイジャー2号の機器を予備電力であと3年稼働

惑星探査機ボイジャー2号に搭載された科学機器を延命するために、予備の電力を割り当てることになりました。

ボイジャー1号と2号は、45年にわたって宇宙を飛行しながら重要な科学データを我々に提供し続けています。現在、1号と2号は地球からそれぞれ233億kmと194億km離れた恒星間空間を移動しています。

惑星直列という好機に合わせて打ち上げられた探査機

ボイジャー1号は1977年9月5日に打ち上げられ、木星と土星とその衛星を観測しました。ボイジャー2号は1977年8月20日に打ち上げられ、1号が訪れた惑星に加えて天王星と海王星とその衛星を観測しました。ボイジャー1号・2号がいずれもこの時期に打ち上げられたのには理由がありました。1970年代後半から1980年代にかけて木星、土星、天王星、海王星、冥王星といった外惑星が同じような方向に並ぶ(惑星直列)ため、スイングバイ航法を用いてより遠くまで到達するのに最適な時期でした。ちなみに、スイングバイ航法を用いなかった場合、ボイジャーが地球を出発した時の速度では木星あたりまでしか到達出来ません。この機会を逃した場合、次に並ぶのは175年後まで待たねばなりませんでした。

    

ボイジャー1号によって撮影された「太陽系の家族写真」

60億km先から撮影された地球 (中央やや右の小さな青い点)

オーストラリアのキャンベラで運用されている「DSS 43」は、ボイジャー2号にコマンドを送信できる唯一の通信アンテナ

DSS 43はオーストラリアのキャンベラに建設されたアンテナのひとつで、1972年12月に打ち上げられた「アポロ17号」の頃から使用されています。建設当初の大きさは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の臼田宇宙空間観測所にあるアンテナと同じ直径64mでしたが、ボイジャー2号が海王星をフライバイ探査(1989年に実施)するのに合わせて、1987年に直径70mへと拡張されました。2020年3月から来年2021年1月までのスケジュールで行われるDSS 43の改修作業では、古くなった機器のメンテナンスだけでなく、今後実施される月や火星でのミッションに向けたアップグレードが施されます。改修作業中のDSS 43は探査機からの電波を受信することは可能ですが、DSS 43から探査機に向けて送信することができなくなります

ボイジャーの寿命はあと5年ほど

2013年9月12日、惑星探査機「ボイジャー1号」が太陽圏(ヘリオスフィア)をついに脱出し、星間空間へ。2018年11月5日、惑星探査機「ボイジャー2号」が太陽圏を離脱。1977年に打ち上げられたボイジャー1号と2号は、すでに42年間も稼働し続けています。両機は電力源として太陽電池ではなく、放射性物質が崩壊するときの熱から電気を得るための装置「放射性同位体熱電気転換器(RTG)」を搭載していますが、その発電量は打ち上げ当初の6割ほどにまで落ち込んでいます。想定より冷え込んだ環境でも稼働し続ける観測装置、37年ぶりでも点火する姿勢制御スラスターなど頑丈さが目立つボイジャーですが、生きた探査機としてボイジャーに残された時間は5年ほどとみられています。

  

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.