更新・新着記事

2021/10/27

アトラス彗星 C/2019 L3

春にかけて、長期に渡って10等の明るさを保つ 日本からは、長期に渡って条件良く観測できます。

2021/10/27

北京冬季オリンピック(あと100日)・パラリンピック(あと128日) 

目次1 カウントダウン1.1 あと 100日1.2 あと 128日2 北京五輪のメダル3 北京五輪のシーズンIN間近4 競技日程5 聖火 北京に到着6 北京五輪 聖火採火6.1 北京五輪のトーチ7 北京オリ・パラのテスト大会 スピードスケートの国際大会開幕8 ペキン2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット9 北京は、夏季と冬季のオリンピックを開催する最初の都市という唯一無二の立場9.1 北京ゾーン9.1.1 国家体育場 “鳥の巣”9.1.2 国家水泳センター9.1.3 国家体育館9.1.4 五棵 ...

2021/10/27

東京ディズニーリゾート チケット販売 10/27 14:00 11/27(土)~12/3(金)

目次1 追加販売2 10/13の販売枚数3 原則5,000人だった入場制限が、1万人に緩和4 9月22日 「ハロウィーンモーニング・パスポート」発売5 9月8日の販売状況6 チケット販売状況 チェック      &     コンビニ端末でチェック!!7 9月1日の販売状況8 8月25日の販売状況9 8月11日の販売状況10 7月28日の販売状況11 次回チケット販売は7月14日(水)14:00の予定でしたが、7月21日(水)14:00へ延期12 6/30 17:05時点の状況13 2021/5/1 ...

2021/10/26

ディズニーハロウィン 10月25日(月)~10月29日(金)

目次1 ディズニーハロウィン 2年ぶり2 開園前の東京ディズニーランドを貸切で仮装できる 10月25日(月)~10月29日(金)の期間限定2.1 「ハロウィーンモーニング・パスポート」の購入者は、フル仮装したまま、10時以降もパークに滞在可能2.1.1 注意事項2.1.2 特典2.2 チケットの購入ルート ディズニーハロウィン 2年ぶり 開園前の東京ディズニーランドを貸切で仮装できる 10月25日(月)~10月29日(金)の期間限定 「ハロウィーンモーニング・パスポート」の購入者は、フル仮装したまま、10 ...

2021/10/26

フィギュアスケート グランプリシリーズ2021 開幕 ネーサン転倒!!

目次1 第1戦 アメリカ大会 開催地:ラスベガス1.1 平昌五輪5位から3年8か月も負け知らずの絶対王者がピンチ1.2 男子最終結果2 第2戦 カナダ大会 開催地:バンクーバー3 第3戦 イタリア大会 開催地:トリノ4 第4戦 日本大会(NHK杯) 開催地: 東京5 第5戦 フランス大会 開催地: グルノーブル6 第6戦 ロシア大会 開催地: ソチ7 グランプリファイナル 開催地: 大阪  東和薬品ラクタブドーム 第1戦 アメリカ大会 開催地:ラスベガス 現地時間 10月22日(金)~24日(日) 宇野 ...

北京冬季オリンピック・パラリンピック

生活関連

北京冬季オリンピック(あと100日)・パラリンピック(あと128日) 

カウントダウン

あと 100日

あと 128日

北京五輪のメダル

「同心」と名付けられたメダルには5つの同心円が描かれていて、中国古代の璧(へき)と呼ばれる宝物をイメージしたデザイン。「人々が団結する」という意味を持たせ、また、「簡潔で安全な大会」という目標をあらわしているデザイン。

北京五輪のシーズンIN間近

競技日程

聖火 北京に到着

聖火リレーは、全国各地の巡回は無く、開幕直前の3日間行われる。

北京五輪 聖火採火

中国には20日に到着よてい。

北京五輪のトーチ

2022年北京五輪(左)、パラリンピック(右)の聖火リレーで使用されるトーチ

北京オリ・パラのテスト大会 スピードスケートの国際大会開幕

大会の組織委員会は、本番の競技会場を使ったテスト大会を年内に10回行う予定で、その先頭をきってスピードスケートの国際大会が、北京市内で開幕しました。今回の大会には中国のほか、韓国やオランダの選手が出場し、オリンピックに準じた感染対策のもとで3日間にわたって競技が行われます。参加者には事前のワクチン接種が求められているほか、東京大会でも実施された、外部と接触しないようにするいわゆる「バブル方式」がとられています。

ペキン2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット

2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコットの名前は、五輪が「氷墩墩(ビンドゥンドゥン)」、パラリンピックが「雪容融(シュエロンロン)」。氷墩墩はジャイアントパンダ、雪容融は灯籠(ランタン)をそれぞれイメージしている。

北京は、夏季と冬季のオリンピックを開催する最初の都市という唯一無二の立場

北京2022の会場は、北京、延慶、張家口という3ゾーンに分けられています。

北京ゾーン

国家体育場 “鳥の巣”

2022年の冬季オリンピックでは、同会場でのスポーツ競技は行われないが、“鳥の巣” は再び開会式と閉会式の会場となる。

国家水泳センター

冬季オリンピックでは、カーリング競技の舞台となるため、ウォーターキューブは “アイスキューブ” に生まれ変わる。

国家体育館

中国の伝統的な扇子に似たデザインから “ファン(扇子)” の愛称がある。アイスホッケー競技の開催を五棵松体育館とともに実施する。

五棵松体育館

アイスホッケーのメイン屋内会場として使用される。

国家速滑館

冬季オリンピック向けにオリンピックパーク内に唯一新設された会場。“アイスリボン” というニックネームが名付けられた国家速滑館は、2022年の北京大会でスピードスケート競技の会場となる。

首都体育館

フィギュアスケートとショートトラックの競技が行われる。

ビッグエア首鋼

フリースタイルスキーとスノーボードのビッグエア競技が行われる。

延慶ゾーン

北京の中心から北西75kmに位置する延慶は、温泉や国立公園、スキーリゾート、万里の長城の八達嶺などがある、首都郊外の山間部。延慶ゾーンのオリンピック会場では、アルペンスキーのほか、ボブスレー、リュージュ、スケルトンなどのそり競技が行われる。

国家スライディングセンター

国家アルペンスキーセンター

国家アルペンスキーセンターは、延慶ゾーン北西部の小海陀山岳地帯に位置し、7つのコースで構成されている。最大の垂直落下距離は900メートルに達する。

張家口ゾーン

張家口は、北京より北西約180kmに位置し、中国でスキー愛好家に人気の場所だ。新たに建設された北京 - 張家口の都市間鉄道により、冬季オリンピックの会場3ゾーンをわずか1時間で移動することができる。張家口ゾーンでは、フリースタイル、クロスカントリー、ジャンプ、ノルディックコンバインドを含むスキーとスノーボード競技の大半と、バイアスロンが行われる。

国家バイアスロンセンター

中国北部の河北省張家口市にある国家バイアスロンセンターでは、バイアスロン競技が開催される。

国家スキージャンプセンター

国家スキージャンプセンターは、北京2022のスキージャンプとノルディック複合のジャンプの舞台となる。スキージャンプの建築デザインは、中国のお守りである伝統的な如意棒に似ていることから “雪如意” という愛称で呼ばれている。

国家クロスカントリーセンター

新設された国家クロスカントリーセンターでは、北京2022のスキー競技クロスカントリーとノルディック複合のクロスカントリーが行われる。

雲頂スノーパーク

雲頂スノーパークは既存のスキーリゾートであり、北京2022ではフリースタイルスキーとスノーボードの会場となる。

-生活関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.