更新・新着記事

2021/10/20

東京ディズニーリゾート 10/20 14:00 11/20~11/26 のチケット販売

目次1 10/13の販売枚数2 原則5,000人だった入場制限が、1万人に緩和3 9月22日 「ハロウィーンモーニング・パスポート」発売4 9月8日の販売状況5 チケット販売状況 チェック      &     コンビニ端末でチェック!!6 9月1日の販売状況7 8月25日の販売状況8 8月11日の販売状況9 7月28日の販売状況10 次回チケット販売は7月14日(水)14:00の予定でしたが、7月21日(水)14:00へ延期11 6/30 17:05時点の状況12 2021/5/17(月)  多 ...

2021/10/19

「鬼滅の刃」テレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編 10/10から / “遊郭編”、12/5から

目次1 10月31日(日)    放送中止 ・・・ 選挙特番「Live選挙サンデー」のため (´;ω;`)ウッ…2 10月24日(日)   <無限列車編>   第3話 『本当なら』3 10月17日(日)   <無限列車編>   第2話 『深い眠り』3.1 煉獄が「うまい! うまい!」と言いながら、車内でお弁当を食べるシーン3.2 煉獄と恋柱・甘露寺蜜璃の関係3.3 エンディング映像に描かれた煉獄家の過去の描写4 10月10日(日)   <無限列車編>   第1話 『炎柱・煉獄杏寿郎』5 2021年9月25 ...

2021/10/19

コロナ新規感染急減のミステリー

目次1 北海道はリバウンドの兆し2 東京 今月末には 新規感染者一桁か?!3 海外メディアも日本の感染者現象を「謎の激減」として取り上げて分析3.1 仮説① 一通りまん延説3.2 仮説② 感染の増減は2カ月サイクル4 コロナ新規感染者が 坂を転がり落ちるように減少??4.1 考えられる要素は複数あるが、これは、というのはない?!4.2 運も良かった??5 新たな波は来る5.1 今回の感染急減も収束と拡大を繰り返す局面の一つと考えられる6 恐ろしい、コロナ後遺症 北海道はリバウンドの兆し 減少傾向が続いてい ...

2021/10/19

北京冬季オリンピック・パラリンピック 2022年2月4日から20日

目次1 北京五輪 聖火採火1.1 北京五輪のトーチ2 北京オリ・パラのテスト大会 スピードスケートの国際大会開幕3 ペキン2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット4 北京は、夏季と冬季のオリンピックを開催する最初の都市という唯一無二の立場4.1 北京ゾーン4.1.1 国家体育場 “鳥の巣”4.1.2 国家水泳センター4.1.3 国家体育館4.1.4 五棵松体育館4.1.5 国家速滑館4.1.6 首都体育館4.1.7 ビッグエア首鋼4.2 延慶ゾーン4.2.1 国家スライディングセンター4.2.2 ...

2021/10/18

北海道・稚内で初雪を観測

目次1 旭川、網走でも初雪観測2 全国の気象台で今季初めて2.1 今秋初めて、筋状の雲が出現2.2 稚内で初雪観測2.3 ニセコの様子2.4 中山峠の雪道3 ロシアから日本周辺の気温の状況 旭川、網走でも初雪観測 <初冠雪> 手稲山(札幌) 平年より1日早く、昨年より2日遅い 横津岳(函館) 平年より12日早く、昨年より8日早い 岩手山(盛岡) 平年より4日遅く、昨年と同じ 雌阿寒岳(釧路) 平年と同じで、昨年より12日早い 全国の気象台で今季初めて 今秋初めて、筋状の雲が出現 稚内で初雪観測 ニセコの様 ...

新型コロナは「第2のエイズウイルス」なのか

生活関連

衝撃!! 新型コロナは「第2のエイズウイルス」なのか?! ☠

新型コロナウイルスは、細胞免疫をつかさどるT細胞に感染

新型コロナウイルスは部分的にエイズウイルスに似ているといわれていますが、あくまで構造上のものでした。しかし、現実的な可能性を物語る論文が発表され、世界中の医療関係者に衝撃を与えています。「Cellular and Molecular Immunology」に今月掲載された論文で、執筆者は中国・上海在住の研究者と米国の研究者。論文によると、新型コロナウイルスは、リンパ球の一種で細胞免疫をつかさどるT細胞に感染するとのことです。事実、新型コロナ感染症の重症患者はリンパ球が減ることが確認されています。リンパ球がほとんどなくなり、免疫システムがかなり破壊されている死亡例も報告されています。これは新型コロナウイルスがエイズを発症させるHIV免疫不全ウイルスのように免疫システムを破壊しうる可能性を物語っています。「T細胞とは免疫の司令官のような役割をする細胞です。ウイルスが体内に侵入すると、まず体中をパトロールしている食細胞・マクロファージや樹状細胞がウイルスの情報を集めて司令官役のT細胞に報告します。情報を受け取ったT細胞は、インターフェロンやサイトカインを分泌して“殺し屋”のキラーT細胞を活性化させ、ウイルスに感染した細胞を探して破壊するよう促すのです」その一方でT細胞はB細胞に抗体を作るように指示。指示を受けたB細胞は、そのウイルスに対抗する大量の抗体を作り、この抗体もウイルスの細胞への感染を防ぐ。ところが、エイズウイルスは免疫の司令官役のT細胞や情報屋のマクロファージなどの免疫細胞に感染し殺してしまう。免疫を失った体はさまざまなウイルスや細菌に侵されて死んでしまいます。新型コロナウイルスはエイズウイルスと同じように免疫細胞に感染するとのことです。新型コロナウイルスに対するT細胞の感受性試験を行ったところ、新型コロナは遺伝子的に8割同じである重症急性呼吸器症候群(SARS)よりも有意に感受性が高いことがわかったということです。

リンパ球に感染し免疫を破壊

SARSと新型コロナは体内の細胞に侵入するための入り口としてACE2タンパクを利用することがわかっています。ヒトT細胞にはそれがほとんどないとされているので、新型コロナウイルスがACE2タンパク以外の入り口を利用して細胞内に侵入するらしい。中国では新型コロナウイルス感染症で亡くなった20人以上の遺体を解剖して、ウイルスの感染により免疫組織が完全に破壊されていたことが確認されたという報道もあるらしいです。重症になる主たる原因は免疫反応の暴走であるサイトカインストーム(インターロイキン6などのサイトカインが大量に放出され、強い炎症が起こる)に間違いないそうですが、リンパ球減少の原因のひとつにウイルスのリンパ球への感染による可能性が出てきたということになります。この仕組みのナゾを解くカギはウイルスの突起を形成しているスパイクタンパク質(Sタンパク質)かもしれません。感染先の細胞表面にある受容体と結合してウイルス外膜と細胞膜の融合を媒介する役割があります。ほんの少しこの構成を変えるだけで働きが大きく変わることが知られています。実際、動物によっては感染するウイルスのSタンパク質の一部欠損や構造変化により、肝炎疾患が脳炎に変化したり、腸炎疾患が呼吸器疾患に変化したりする例が報告されているということです。つまり、新型コロナウイルスのSタンパク質の構造が少し変わるだけでヒトのリンパ球に感染できるようになり、エイズと同じように免疫不全症候群を発症させる可能性があるという説は、あり得ることになります。

-生活関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.