更新・新着記事

2021/10/18

「鬼滅の刃」テレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編 10/10から / “遊郭編”、12/5から

目次1 10月24日(日)   <無限列車編>   第3話 『本当なら』2 10月17日(日)   <無限列車編>   第2話 『深い眠り』2.1 煉獄が「うまい! うまい!」と言いながら、車内でお弁当を食べるシーン2.2 煉獄と恋柱・甘露寺蜜璃の関係2.3 エンディング映像に描かれた煉獄家の過去の描写3 10月10日(日)   <無限列車編>   第1話 『炎柱・煉獄杏寿郎』4 2021年9月25日(土)  <無限列車編>放送後には“遊郭編”の新情報や新キャストなどの詳細発表4.1 テレビアニメ『鬼滅の ...

2021/10/18

北海道・稚内で初雪を観測

目次1 旭川、網走でも初雪観測2 全国の気象台で今季初めて2.1 今秋初めて、筋状の雲が出現2.2 稚内で初雪観測2.3 ニセコの様子2.4 中山峠の雪道3 ロシアから日本周辺の気温の状況 旭川、網走でも初雪観測 <初冠雪> 手稲山(札幌) 平年より1日早く、昨年より2日遅い 横津岳(函館) 平年より12日早く、昨年より8日早い 岩手山(盛岡) 平年より4日遅く、昨年と同じ 雌阿寒岳(釧路) 平年と同じで、昨年より12日早い 全国の気象台で今季初めて 今秋初めて、筋状の雲が出現 稚内で初雪観測 ニセコの様 ...

2021/10/17

大戸屋 「生さんまの炭火焼き定食」10/15より販売開始 🐡

目次1 サンマの季節到来2 2020/10/18    やっとサンマが味わえた3 サンマの水揚げが10月になって急に回復 サンマの季節到来 秋のサンマは脂肪分が多く独特の風味のある美味であり、特に塩焼きは日本の秋の味覚の代表のひとつとも呼ばれる。日本では、塩焼きにしてカボスや、スダチ、ユズ、レモン、ライムなどの搾り汁やポン酢、醤油などをかけ、大根おろしを添えて食べることが多い。サンマは餌を食べてから排出する時間が30分程度と短いため、内臓に独特のクセはあるがえぐみは少なく、塩焼きのはらわたを好んで食べる人 ...

2021/10/17

たいやきオリーブ くりあん が発売になりました

目次1 2021/10/16  今年も 栗あんの季節がきました2 くりくりあん 冷しくりクリーム 発売3 塩入 瀬戸内レモンあん 新発売4 看板犬のロンです  ぜひ食べてみてね 2021/10/16  今年も 栗あんの季節がきました   くりくりあん 冷しくりクリーム 発売   塩入 瀬戸内レモンあん 新発売 (7/18更新)  瀬戸内レモンあん が発売させています。なんと、冷やして食べます。夏にピッタリのたい焼きでした。   看板犬のロンです  ぜひ食べてみてね (5/23更新)  たいやきオリーブさん ...

2021/10/16

チュリュモフ-ゲラシメンコ彗星 (67P)

目次1 10/16    M35 と NGC 2158  に接近2 10/73 67P/Churyumov-Gerasimenko (2021) 10/16    M35 と NGC 2158  に接近 10/7 67P/Churyumov-Gerasimenko (2021) 現在は10.4等。冬に9等まで明るくなり、条件良く観測できます。  

二十四節気 6月21日 夏至

生活関連

二十四節気 6月21日 夏至 ミッドナイト・サン

気象衛星から見た白夜

真夜中ですが、北極海沿岸付近までは、太陽が昇っているのがわかります。また、太陽は地平線下に沈んでも18度以上下がらないと、薄明と呼ばれる空が明るい状態が残ります。

日本北端の宗谷岬では、薄明終了は22:03、薄明開始は01:05 暗い夜空はわずか3時間のみ

夏至の日、サハリンの北緯48度34分に行くと、薄明終了が無くなり、夜空が完全に暗くなる前に、再び明るくなってきます。南樺太が日本領だった当時は、国内でも白夜を感じられました。

日の出から日の入りまでの時間がもっとも長い日が夏至

同じ日本でも、緯度によって微妙に変わります。例えば東京(緯度35度)だと、夏至の日の昼は14時間34分。札幌(緯度43度)では15時間23分。北へ行くほど長くなります。北極圏(緯度66.6度以北)では24時間、太陽が沈みません。いわゆる白夜です。

日本の夏至のお祭り

三重県にある二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)では、毎年、夏至祭が行われています。「お伊勢参りは二見から」といわれ、太陽神・天照大御神をご祭神とする伊勢神宮へは、二見興玉神社のある二見浦海岸で禊をしてから参拝するのが、正式な参拝方法なのだそうです。海上には「夫婦岩」があり、夏至の日の前後には、岩の間から朝日がのぼるのを見ることができます。それがちょうど富士山の方角でもあり、山頂のシルエットと重なって、神々しい一瞬です。例年の夏至祭では、早朝の3時30分から祭典が始まり、たくさんの参拝者が日の出を拝み、禊行事を行います。

真夜中の太陽“ミッドナイト・サン”

北緯71度10分21秒 ノールカップ(北岬)では、5月中旬から7月下旬の間、真夜中でも水平線に沈まない真夜中の太陽“ミッドナイト・サン”を見ることができます。

-生活関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.