木星と土星は年末に向けて超接近

天文関連

木星と土星は 本日 "超大接近" !! 次回は60年後 

天体望遠鏡の高倍率で、木星と土星が同一視野に見えるのは、圧巻!

通常の視野角の接眼レンズでも150倍で同一視野に見えましたし、より広角の接眼レンズを使えば200倍でも同一視野に見えました。

397年ぶりの大接近

いよいよ 12/19  12/20  の様子

  

12/18

12/17

12/13

過去の木星と土星の大接近 今回の超大接近は「人類が超高倍率の望遠鏡の同一視野内で木星と土星を観察する、初めてのイベント」

  • 1226年3月5日 13:26  2'角
  • 1286年1月1日 6:34   11'角
  • 1563年8月26日   2:36   7'角
  • 1623年7月17日 7:41   5'角      太陽に近く観測困難
  • 1683年2月9日 10:56   12'角
  • 1961年2月19日 8:43   14' 角
  • 2020年12月22日 3:17   6'角
  • 2080年3月15日 10:36   6'角

12/10以降の接近具合

12/17には、月齢2.4の月が近くにきます。

   

視野0.2度 12/21

土星と木星がこれほど接近するのは1623年以来     397年ぶり

12/21  視野円 1度  冬至の夜、木星と土星は満月の直径の約5分の1にまで接近

11/19  これから木星と土星は、12/22に向けて接近していきます

木星と土星は年末に向けて見かけ上の超接近となります。最接近は、12月22日の夕方です。

8月9日   20度視野円

12月15日 20度視野円

12月21日 10度視野円

12月22日 4度視野円

 

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.