訪問したらクリックしてね!

【 更新・新着記事 】

2024/4/14

V6 ブイロクの木 3度目の桜の季節🌸

目次1 4月14日2 4月7日3 さくらの次はツツジ 咲きはじめました4 3月31日 もうすぐ満開5 3月30日 5分咲き6 3月27日 開花進む7 3月20日 ソメイヨシノ開花間近8 2024年3月8日 雪景色のブイロクの木9 2024年3月3日 河津桜が満開10 2024年2月9日 河津桜が開花11 2023年11月25日11.1 公園のモミジは紅葉ピーク12 2023年10月20日12.1 公園の工事用のフェンスが取れました12.2 この角度の写真が撮れるようになりました12.3 隣の文学館のカフェ ...

2024/4/15

「ドナルドのクワッキー・ダックシティ」 へ潜入 2024年4月13日(土)

目次1 開園前の様子2 開園後の様子2.1 通常ゲストの入園は、なんと9:002.2 ドナルドの理想郷3 クワッキーセレブレーション★ドナルド・ザ・レジェンド!3.1 パレード時刻は なんと15:003.2 最後に、ドナルドと仲良しの ピーノ3.3 美女と野獣の後方の山に 日没 開園前の様子 6時過ぎに到着しましたが、入園前セキュリティチェック待ちのゲストが大勢😳 7時過ぎにセキュリティチェック開始。この位置を確保。 開園後の様子 通常ゲストの入園は、なんと9:00 ドナルドの理想郷 クワ ...

2024/4/12

「ドナルドのクワッキー・ダックシティ」 2024年4月9日(火)から6月30日(日)

目次1 『クワッキーセレブレーション★ドナルド・ザ・レジェンド!』2 5月には描き下ろしのアートを採用したスペシャルなグッズも発売!3 4月9日から4 発売 2024年4月8日(月)4.1 ベレー帽4.2 カチューシャ4.3 カンバッジ5 ドナルドが主役の新イベント「ドナルドのクワッキー・ダックシティ」5.1 ドナルドと一緒に“お祭り騒ぎ”!スペシャルパレード5.2 ドナルドの限定グッズ5.3 ■「クワッキーセレブレーション★ドナルド・ザ・レジェンド!」5.4 ■スペシャルメニュー6 1999年10月にも ...

2024/4/14

C/2023 A3(Tsuchinshan-ATLAS)彗星 10月12日 地球最接近時 -1.7等級 !(^^)!

目次1 4月11日2 3月20日 11等級3 1月8日 14等級4 2024年最接近の年  公転周期26,000年、大きな核を持つ非周期彗星5 2023年8月22日 予想光度が上方修正されました6 2023年8月6日 尾が出始めた7 かなり明るくなる(-4等級) 可能性あり   ➡これは 一生ものの大彗星かも!!8 2024年9月27日 近日点通過 夜明け前8.1 南半球から見える光景8.2 北半球から見える光景9 2024年10月 夕暮れ後9.1 南半球から見える光景 10月19日9.2 ...

2024/4/12

12P/Pons-Brooks(ポンズ・ブルックス彗星) 70年ぶり回帰 バーストして3等級(^^♪

目次1 4月10日2 4月6日3 4月5日 eVscope eQuinox14 4月2日5 4月1日 いよいよ3等級台へ6 3月30日7 3月28日8 3月25日9 3月19日10 3月16日11 3月14日 光度曲線が上方修正されました (^^♪12 3月12日13 3月8日14 3月7日15 3月6日 いよいよ見頃(^^♪16 3月5日17 3月4日 ややバーストか??18 2月25日19 2月16日20 2月10日21 2月6日22 1月27日23 当初の予想光度より高いまま24 12月30日25 ...

2024/4/9

アメリカ時間2024年4月8日(月) 最大4分28秒 (日本時間3:00頃~4:30頃)

目次1 今後の日食2 北米を通過3 オハイオ州 クリーブランド4 アーカンソー州 アーカデルフィア5 テキサス州 ダラス6 メキシコ7 北米の天気8 ウェザーニュースでライブ中継   2024.4.9(火)2:00〜4:309 ナイアガラの滝NASAの科学者や専門家が日食を祝う無料イベントを開催10 皆既食となる時刻11 2024年4月8日(月)の日食の主な現象の時刻(現地時間) 今後の日食 北米を通過 オハイオ州 クリーブランド アーカンソー州 アーカデルフィア テキサス州 ダラス ...

2024/4/7

恋が成就する ピンクムーン 4月24日 8:49

目次1 2024年4月24日 8:49   満月2 2023年4月6日 20:053 2023年4月6日 13:354 2022年4月17日 ピンクムーン撮影 4月17日 3:55 満月5 2021年4月27日 ピンクムーン撮影6 4月に観測される満月 ピンクムーン 7 「pink moon」を見ると、恋が成就する 2024年4月24日 8:49   満月 2023年4月6日 20:05 2023年4月6日 13:35 4月の満月を見た人は「恋愛運にご利益がある」「幸せをもたらしてくれる」というロマンチッ ...

2024/4/4

台湾 大地震 20240403

過去から今日までの地震    マグニチュード7以上   日付 (UTC+8) 時刻 (UTC+8) 影響地域 北緯 (°N) 東経 (°E) 深さ (km) マグニチュード (ML) 死者数 倒壊 家屋数 主要項目 1906年3月17日 06:43 嘉義 23.6 120.5 6 7.1 1,258 6,769 梅山地震 1908年1月11日 11:35 花蓮 23.7 121.4 10 7.3 2 3 1909年4月15日 03:54 台北 23.7 121.5 80 7.3 9 122 19 ...

2024/4/2

EVSCOPE Ver1.0 ダークフレームの取得 ☆彡

目次1 4月1日 ダークフレームを取得してから撮影1.1 NGC57461.2 NGC52471.3 NGC35211.4 NGC55661.5 C/2023 A3   彗星 11等級2 3月23日19:20~19:32 12P/Pons-Brooks     大光害+低空 高度11~15度2.1 3/21 ウェストバージニア州で撮影された 12P/Pons-Brooks2.2 NGC891 撮影時 12P/Pons-Brooksの上方の高度28度3 3月20日未明 透明度は良かったが気流悪し3.1 M2 ...

2024/3/31

ソメイヨシノ 開花600度の法則 🌸 東京3/29 開花   休眠打破がうまくいかず遅れる

目次1 2024年 600度の法則 大外れ2 2023年3月29日 かなり散りました3 3月26日 桜と新緑4 3月22日 朝5 3月16日 朝6 2023年2月1日~3月14日の累積温度     法則的中7 2023年3月15日8 2023年3月13日9 2023年3月12日 開花開始です10 2023年3月11日 開花直前11 2023年3月10日12 2023年3月8日13 2023年3月5日14 2023年3月4日15 2023年の開花予想16 2022年3月19日 600度を超えた日に開花17 ...

2024/3/29

大規模な黄砂が襲来 !!

目次1 2024年3月30日予報2 2024年3月28日 12:303 再度、大規模黄砂3.1 5月20日 12:004 黄砂襲来 2024年3月30日予報 2024年3月28日 12:30 再度、大規模黄砂 5月20日 12:00 黄砂襲来

2024/3/29

鬼滅の刃 柱稽古編 5月12日23時15分~ 👹🐍

目次1 柱稽古編 5月12日23時15分~2 刀鍛冶の里編 特別編集版  2024年5月4日・5日放送3 3月9日(土)22:30より『鬼滅テレビ-柱稽古編 新情報発表SP-』4 2月23日 2回目鑑賞 「キービジュアルクリアスタンド 第一弾」が入場者にプレゼント5 ufotableにより制作された第一弾~第三弾の入場者特典映像を、以下のスケジュールで上映6 全国映画動員ランキングトップ10(2024年2月2~4日、興行通信社調べ)7 2月3日 映画鑑賞8 いよいよ、本日公開!9 あと3日10 「鬼滅の刃 ...

2024/3/29

反復新星 かんむり座T星 2等級の新星 CrB1866 爆発間近!!

目次1 3月30日 21:30頃 東北東 高度20度2 「かんむり座T」の新星爆発について、その兆候が顕著に3 近接連星 過去の爆発4 新星爆発の予報日 数日間は肉眼で見ることができ、双眼鏡で観察できる状態が1週間ほど続く 3月30日 21:30頃 東北東 高度20度 「かんむり座T」の新星爆発について、その兆候が顕著に かんむり座Tの平常光度はおよそ10等で、小型の天体望遠鏡でも観測できる明るさです。そのため普段から多くの観測者によって観測されていますが、2015年くらいから光度が0.5等くらい明るくな ...

2024/3/25

3月25日 16:00 ワームムーン 半影月食

目次1 2024年3月25日1.1 なよろ市立天文台きたすばる2 2024年3月25日 16:00    3月の満月 ワームムーン2.1 東京の月出時  半影月食の終了間近2.2 アメリカ方面で好条件3 2023年3月7日 21:40    3月の満月 ワームムーン4 2022年3月18日 ワームムーン 16:184.1 3月17日 0:265 2021年3月の満月 ワームムーン 3/28 27:486 ワームムーンを見て願い事 2024年3月25日 北海道は晴れました。 なよろ市立天文台きたすばる 20 ...

2024/3/24

葛西臨海公園 鳥類園工事終了 再オープン🐓

目次1 2024年3月24日2 梅雨時期の快晴の葛西臨海公園2.1 6月17日2.2 上ノ池2.3 ディズニー方面3 昨年の6月に鳥類園で見られた野鳥情報4 昨年の5月に鳥類園で見られた野鳥情報5 鳥類観察・撮影を締め出し??   (・□・;)6 工事の詳細 2024年3月24日   梅雨時期の快晴の葛西臨海公園 6月17日 上ノ池 ディズニー方面 昨年の6月に鳥類園で見られた野鳥情報 昨年の5月に鳥類園で見られた野鳥情報 鳥類観察・撮影を締め出し??   (・□・;) 上ノ池に近寄れなくなりました!!  ...

コロナ新規感染急減の理由は?

生活関連

コロナ新規感染急減のミステリー ⇒ デルタ株が死滅!? 驚!!

デルタ株が死滅!?

8月下旬のピークの前に、ほとんどのウイルスが増殖できないようなタイプに置き換わっていた可能性

国立遺伝学研究所と、新潟大学が分析したところ、8月下旬のピークの前に、ほとんどのウイルスが増殖できないようなタイプに置き換わっていて、結果的にウイルスが死滅し、第5波収束の一因になった可能性があると発表。実は、このデルタ株が死滅した仕組みには、私たち”日本人”が体内に多く持つといわれるある物質が関係。ウイルスは体内に入り、細胞に入り込むと自分を作る「設計図」を大量にコピーして、そこからウイルスがどんどん作り出されます。でも、時には設計図のコピーミスで、違った形のウイルスができることもあり、これが”変異株”で、デルタ株もこうしてできたと考えられています。ただ、ウイルスの中には コピーミスを修正しようという“物質”がいて間違った設計図を正しいものに書き直そうとする。ところが、その作業を邪魔しようという酵素が、私たちの体の中にはいます。その酵素は、ウイルス自体を攻撃しますが、設計図の修正作業も邪魔する働きもあると推測されています。この酵素の働きが強いと、設計図は修正されないまま、ウイルスの変異がどんどんと進みます。デルタ株は、感染力が強いので一気に広まっていきますが、それと同時に体内でコピーミスもどんどん起き、設計図は修正されないままグチャグチャに!そうなると「もうお手上げ!」原型をとどめていない設計図では、ウイルスを作れず、増やすこともできません。その結果、多くの人の体内で、デルタ株が死滅していったのではないか。

日本人を含む東アジアの人や、オセアニアの人は、設計図の修正を邪魔する酵素の働きが活発

全世界の状況

世界はまだまだ コロナ感染増加

ドイツ

イギリス

ロシア

韓国

日本と似た傾向の国

インドネシア

フィリピン

新規感染者 ますます減少

ついに、東京都の新規感染者 1桁

 

時短要請 解除 ⇒ 減少続く

 

 

北海道はリバウンドの兆し ⇒ まだリバウンドなし

減少傾向が続いていましたが、10月中旬になって増加に転じる兆しが出てきました。

東京 今月末には 新規感染者一桁か?!

海外メディアも日本の感染者現象を「謎の激減」として取り上げて分析

仮説① 一通りまん延説

“一定の人”の間で感染し終えた、感染力の強いデルタ株は急速にまん延したがゆえに、急速に収束したという説。従来株だと、1人が感染させる人数が2.5人と言われていました。しかし、デルタ株は感染させる人数が5から9人に急増。より多くの人に感染を広げるため、一定の間で感染し終えたというものです。8月13日は過去最多5773人、きのうは49人で去年6月25日が48人で1年3カ月ぶり。昨日の検査件数は1618人、陽性率1.2%。8月16日の検査件数2万6089人、陽性率23.8%。

仮説② 感染の増減は2カ月サイクル

新型コロナウイルスの感染者数は2カ月間増加し、2カ月間減少していて、“不思議な2カ月のサイクル”があるというもの。アメリカ・ドイツ・日本のグラフを見ていくと共通点があることがわかります。

コロナ新規感染者が 坂を転がり落ちるように減少??

考えられる要素は複数あるが、これは、というのはない?!

運も良かった??

  • 東京五輪の閉幕(8月8日)後は、コロナによる医療逼迫(ひっぱく)などが多く報じられるようになった
  • お盆中の長雨により行動抑制につながった
  • 冷房中は周囲への気兼ねもあり部屋の窓を開けにくいが、お盆過ぎから涼しい日が続いたため、換気がよく行われた
  • 職場や家庭など身近な所まで感染者が出るようになったり、百貨店の地下食品売り場でクラスターが相次ぐなど身近なニュースもあり、普段会わない人と接触を控えるなど行動変容が起きたのではないか
  • ワクチン接種が進んで感染しやすい人が減ったため、ピークアウト後の感染者の減少速度は第1~4波はほぼ同じだったが、今回は10%以上速い

新たな波は来る

ウイルスは生きた細胞の中でしか増殖できない。感染した細胞(生物)が死ぬほど病原性が高すぎると、ウイルス自体も効率的に増えられない。そのため、絶えず変異を繰り返して感染力や病原性を変化させ、生き残りを図る。その過程で感染の増減も起きる。新型コロナは、人間界に広がってまだ間もないので、人とウイルスがお互いに探り合いながら落としどころを探しているプロセスの可能性あり。

今回の感染急減も収束と拡大を繰り返す局面の一つと考えられる

感染が一時的に減少しても新たな波は来る可能性は高い。

恐ろしい、コロナ後遺症

身近な人で、味覚障害が残り、なにを食べても苦いそうです。

-生活関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.