更新・新着記事

2021/10/19

コロナ新規感染急減のミステリー

目次1 北海道はリバウンドの兆し2 東京 今月末には 新規感染者一桁か?!3 海外メディアも日本の感染者現象を「謎の激減」として取り上げて分析3.1 仮説① 一通りまん延説3.2 仮説② 感染の増減は2カ月サイクル4 コロナ新規感染者が 坂を転がり落ちるように減少??4.1 考えられる要素は複数あるが、これは、というのはない?!4.2 運も良かった??5 新たな波は来る5.1 今回の感染急減も収束と拡大を繰り返す局面の一つと考えられる6 恐ろしい、コロナ後遺症 北海道はリバウンドの兆し 減少傾向が続いてい ...

2021/10/19

北京冬季オリンピック・パラリンピック 2022年2月4日から20日

目次1 北京五輪 聖火採火1.1 北京五輪のトーチ2 北京オリ・パラのテスト大会 スピードスケートの国際大会開幕3 ペキン2022年北京冬季五輪・パラリンピックのマスコット4 北京は、夏季と冬季のオリンピックを開催する最初の都市という唯一無二の立場4.1 北京ゾーン4.1.1 国家体育場 “鳥の巣”4.1.2 国家水泳センター4.1.3 国家体育館4.1.4 五棵松体育館4.1.5 国家速滑館4.1.6 首都体育館4.1.7 ビッグエア首鋼4.2 延慶ゾーン4.2.1 国家スライディングセンター4.2.2 ...

2021/10/18

「鬼滅の刃」テレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編 10/10から / “遊郭編”、12/5から

目次1 10月24日(日)   <無限列車編>   第3話 『本当なら』2 10月17日(日)   <無限列車編>   第2話 『深い眠り』2.1 煉獄が「うまい! うまい!」と言いながら、車内でお弁当を食べるシーン2.2 煉獄と恋柱・甘露寺蜜璃の関係2.3 エンディング映像に描かれた煉獄家の過去の描写3 10月10日(日)   <無限列車編>   第1話 『炎柱・煉獄杏寿郎』4 2021年9月25日(土)  <無限列車編>放送後には“遊郭編”の新情報や新キャストなどの詳細発表4.1 テレビアニメ『鬼滅の ...

2021/10/18

北海道・稚内で初雪を観測

目次1 旭川、網走でも初雪観測2 全国の気象台で今季初めて2.1 今秋初めて、筋状の雲が出現2.2 稚内で初雪観測2.3 ニセコの様子2.4 中山峠の雪道3 ロシアから日本周辺の気温の状況 旭川、網走でも初雪観測 <初冠雪> 手稲山(札幌) 平年より1日早く、昨年より2日遅い 横津岳(函館) 平年より12日早く、昨年より8日早い 岩手山(盛岡) 平年より4日遅く、昨年と同じ 雌阿寒岳(釧路) 平年と同じで、昨年より12日早い 全国の気象台で今季初めて 今秋初めて、筋状の雲が出現 稚内で初雪観測 ニセコの様 ...

2021/10/17

大戸屋 「生さんまの炭火焼き定食」10/15より販売開始 🐡

目次1 サンマの季節到来2 2020/10/18    やっとサンマが味わえた3 サンマの水揚げが10月になって急に回復 サンマの季節到来 秋のサンマは脂肪分が多く独特の風味のある美味であり、特に塩焼きは日本の秋の味覚の代表のひとつとも呼ばれる。日本では、塩焼きにしてカボスや、スダチ、ユズ、レモン、ライムなどの搾り汁やポン酢、醤油などをかけ、大根おろしを添えて食べることが多い。サンマは餌を食べてから排出する時間が30分程度と短いため、内臓に独特のクセはあるがえぐみは少なく、塩焼きのはらわたを好んで食べる人 ...

五輪開会日 ブルーインパルス、都心を周回

生活関連

7/23 五輪開会日 ブルーインパルス、12:40-12:55上空に飛来

本番飛行 12:40-12:55

自宅から撮影しました。

予行練習 7月21日午後0時39分

空自入間基地(埼玉県)を離陸した6機は午後0時45分ごろ、開会式の会場となる国立競技場の上空約1キロに現れた。先導する1機を除く5機が白いスモークで円を描き、瞬く間に五輪ができあがった。 本番の23日は、青、黒、赤、黄、緑のカラースモークを使用。JR東京駅や東京タワー、都庁近くをめぐる。飛行は開会式の前に行い、時間は直前に空自のツイッターで公表する予定

飛行時刻予想

トーチキス演出がおこなわれる、 新宿区 東京都庁 都民広場  11:10~12:55 、聖火皿へ点火された直後にブルーインパルス飛来!!

国立競技場の上空で、カラースモークを使い青、黄、黒、緑、赤の五輪マークを描く

東京オリンピック開会日の7月23日(金・祝)、パラリンピック開会日の8月24日(火)、東京都内上空を飛行します。ただ新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況により、中止となる場合もあります。

ブルーインパルス飛行時間

23日午後8時から国立競技場で五輪開会式なので、1964年のときのように開会式とは関係なさそう。1964年のときは、5色の煙を吐き出す時刻は、会場の国立競技場に聖火が点火されハトが飛び立った後の午後3時10分20秒でした。開会式前や聖火の到着式典などのタイミングが予想されます。新国立競技場(オリンピックスタジアム)には、聖火台がありません。開会式閉会式には一時的な聖火台が登場するようですが、オリンピック期間中は、別の場所にある聖火台に火が灯されます。場所は、お台場エリアの「夢の大橋」です。お台場エリア東京オリンピック競技場が集まっていますし、 プレスセンターも近いので適所なのでしょう。

カラースモーク 一時使用中止

カラースモークを使った初飛行は61年。その後、五輪など多くの曲技飛行で使用されましたが、98年に千歳基地(北海道)などの航空祭で高度100メートルの低空飛行をした際、周辺の車両に青や赤の斑点状の染みが付着したため、99年から使用を中止していました。20年大会の開催が決まった13年から研究を進め、染料の粒子を従来の半分の25マイクロメートル以下に改良しました。高度1500メートルで飛行する場合、染料は大気中に拡散され、地表に下りても視認できなくなるそうです。

-生活関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.