アサギマダラ 葛西臨海公園に飛来

生物関連

アサギマダラ 葛西臨海公園に飛来

海を渡る蝶アサギマダラ

タテハチョウ科マダラチョウ亜科に分類される大型の蝶です。その最大の特徴は、春は南から北へそして秋は北から南へと日本列島を縦断して1,500キロメートル以上もの旅をすることで、東京都内でも浜離宮恩賜庭園(中央区)や自然教育園(目黒区)をはじめ各所で観測されています。春から夏にかけては本州等の標高1000メートルから2000メートルほどの涼しい高原地帯を繁殖地とし、秋、気温の低下と共に適温の生活地を求めて南方へ移動を開始し、遠く九州や沖縄、さらに八重山諸島や台湾にまで海を越えて飛んでいきます。海を渡って1000キロ以上の大移動です。台湾・陽明山まで飛ぶこともあり、2100キロの飛翔になります。冬の間は、暖かい南の島の洞穴で過ごしています。新たに繁殖した世代の蝶が春から初夏にかけて南から北上し、本州などの高原地帯に戻るという生活のサイクルをきちんと守っています。季節により長距離移動(渡り)をする日本で唯一の蝶なのです。

-生物関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.