伊豆山地区で土石流発生

生活関連

7月3日午前10時半ごろ、伊豆山地区で土石流発生 人災!!

土石流の範囲

赤線に囲まれた範囲が、土砂が崩れて流れた範囲です。逢初川(あいぞめがわ)は、静岡県熱海市伊豆山付近から、相模湾に流れる二級河川です。延長1,300 m。 丸越酒店付近の逢初橋で、北条政子と源頼朝が逢ったとされています。今回の土石流は、逢初川に沿って起こりました。伊豆山神社本宮標高は392mですから、標高400m付近の起点から、土砂が崩れ始め、砂防ダムも破壊され、一気に下りました。

土石流の起点付近

原因は、土石流起点付近で行われていた、造成開発

発生源付近で宅地造成に伴う盛り土などの開発が行われ、山の保水能力が減退、災害が起きたとの見方があります。

-生活関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.