2021年天体観測手帳

天文関連

2021年 天文現象 月面X 次は8/15

6/17 21:30前後1時間    21:24撮影

5/4 未明の下弦の月での 月面X地形

上弦で見える「X地形」より、下弦の方が「X」が影で浮かび上がっています。

  

上弦の月での 月明X地形

月面Xは逆光線でも見えるのか?

逆光線では、Xは浮かび上がらないようです。

4/19   月面X  21:10 の前後1時間

20時20分ころから 月面Xが見えると予報されています
23時10分ころ 月面LOVEが見えると予報されています

月面X  となるクレーター

 

2/19    17:43 月面Xが見えてきました  18:07 月面Xがはっきり     18:20 ピーク

  

2021年は、月面X  大豊作の年

半月(上弦)の頃に、明縁と暗縁の境界のクレーター(ブランキヌス、ラカイユ、プールバッハ付近)で「X」の文字が浮かび上がるのが、月面Xと呼ばれているものです。2004年にカナダの天文愛好家がインターネット上で紹介したのがキッカケとされ、海外では「ルナX」と呼ばれています。クレーターの山頂部のみに日照がある条件で、偶然に見られる造形です。2021年は国内で6回の観察チャンスがあり、いずれも好条件なのです!!

何回見れるかな?

  • ① 2月19日  18:20   南西 高度67度 前後1時間程度  ⇒ ☼ 見えました
  • ② 4月19日  21:10   西  高度40度 前後1時間程度  ⇒ ☼ 見えました
  • ③ 6月17日  21:30   西  高度27度 前後1時間程度  ⇒ ☼ 見えました
  • ➃ 8月15日  20:30   南西 高度20度 前後1時間程度
  • ⑤ 10月13日  20:20   南西 高度20度 前後1時間程度
  • ⑥ 12月11日  22:30   西南西 高度15度 前後1時間程度

5月26日 皆既月食 兼 スーパームーン

11月8日 金星食

日中、三ケ月に金星が隠されます。

11月19日    部分月食 皆既に近い

11月19日は夕方に部分月食が起こり、2021年は2度月食が見られます。1回目の5月26日はギリギリ皆既月食になりましたが、今回11月19日は、ギリギリ皆既月食に届かない大きな部分月食です。皆既月食にこそなりませんが、月全体が赤銅色に染まって、皆既月食に近い美しい部分月食を楽しむことができるでしょう。

12月3日 火星食

日中、月齢28の細い月に、火星が隠されます。

 

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.