安倍首相、電撃辞任

生活関連

安倍首相、電撃辞任!!

潰瘍性大腸炎とは (指定難病97)

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜に潰瘍やびらんなどの慢性的な炎症が起こる病気です。20代から30代の若年者に好発する病気で、発症年齢のピークは男性が20〜24歳、女性が25〜29歳といわれています。しかし、小児や50歳以上でもみられるなど、幅広い年齢層で発症する可能性があります。潰瘍性大腸炎の原因や詳細なメカニズムについては、現在のところ完全にはわかっていません(2018年3月時点)。消化管の炎症は、遺伝的な要因や環境要因などが複雑に絡み合い、異常な免疫応答を引き起こした結果として起こると考えられています。潰瘍性大腸炎の治療は、薬物療法などが中心となります。治療に使用する薬剤は、病態や炎症の部位、重症度に応じて変わります。現在のところ、完治に導く治療法は確立されていませんが、炎症を抑えたりコントロールしたりするために有効な薬は存在し、治療成績も年々向上してきています。重症の場合には、ステロイドの経口あるいは点滴治療が行われます。

-生活関連
-

Copyright© おさのフォト日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.