朝鮮半島に上陸した、最強クラスの台風

生活関連

台風9号(メイサーク )、朝鮮半島上陸

台風9号は3日未明、コジェ(巨済)とプサン(釜山)間のキョンサンナンド(慶尚南道)南海岸に上陸

非常に強い勢力で、朝鮮半島に上陸か

8月28日(金)15時、台風9号(メイサーク )が発生

また、朝鮮半島に向かいそうです。

今朝、朝鮮半島に上陸

  

明日朝、朝鮮半島に上陸

  

強い台風8号(バービー) 東シナ海を北上中

台風8号(バービー) は、今後さらに発達して、朝鮮半島に上陸するようです。過去に、朝鮮半島に上陸した、最強クラスの台風を調べてみました。済州地方気象庁によると、強い勢力で東シナ海を北上している台風8号は、同日午後9時ごろ中心付近の最大風速が45メートルと「非常に強い」勢力に発達し、26日午後9時まで勢力を維持すると見込まれています。26日午後に済州島に最接近する見通しです。2000年代に入り、非常に強い台風が朝鮮半島に上陸した例はなく、台風8号が非常に強い勢力で朝鮮半島に上陸すれば、過去最大レベルの被害が懸念されます。台風の影響で、25日午後6時から済州島全域に最大瞬間風速60メートルの非常に強い風が吹く見通しです。

韓国史上最強の台風襲来となったのが1959年の台風14号

この台風は日本では宮古島台風(第1宮古島台風)とも呼ばれており、宮古島では最低気圧908.1hPa、最大風速53メートル、最大瞬間風速64.8メートルを観測するなど、宮古島の7割の住家を損壊させた台風でした。この台風がやや勢力を落としながらも東シナ海を北上し、950hPa程度の非常に強い勢力で韓国の南端をかすめるように上陸したため、釜山市では最低気圧951.5hPaを観測し、これは未だに破られていない記録のようです。この台風襲来により、韓国全土では1000人近い死者・行方不明者が出るなど大きな災害が発生しました。

2002年の台風15号、2003年の台風14号、2012年台風16号なども韓国を襲った台風としては記録的に強いものでした。

-生活関連
-

Copyright© おさのフォト日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.