高感度・高画質の夜空ライブカメラ

天文関連

夜空ライブカメラ・アルマ望遠鏡 科学観測再開

目次

Pick up!

◆ アルマ望遠鏡、科学観測を再開

アルマ望遠鏡は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて2020年3月から運用を停止していましたが、2021年3月17日(チリ時間。日本時間では翌18日)に科学観測を再開しました。最初に取得されたデータは、通常どおりのデータ較正作業と画像化が行われ、データの品質確認プロセスを通過しました。
https://alma-telescope.jp/news/restart-202103
◎南十字の下で -見えない宇宙に挑むアルマ望遠鏡-

会場:島根県立三瓶自然館
日時:2021年4月25日(日)13:30~15:00
講師:平松 正顕(国立天文台アルマプロジェクト助教)
定員:60名(要予約)
https://www.nature-sanbe.jp/sahimel/event/2368
3月6日(土)、第25回アルマ望遠鏡講演会がオンラインで開催されました。南米チリにある国立天文台チリ観測所と中継を繋ぎ、日本では朝9時(チリ時間21時)からのスタートとなりました。アルマ望遠鏡による様々な観測成果の舞台裏で、望遠鏡の運用に関わる人たちがどんな仕事をしているのかを、チリ現地からレポートしました。また、最新の観測画像とともに、星の卵と誕生後間もないヒナの姿をご紹介しました。YouTubeで録画をご覧いただけます。ぜひご視聴ください。
https://youtu.be/v7eq4LlRRq8

アルマ望遠鏡 話題

◆ アルマ望遠鏡で調べる星の「種」

台湾中央研究院天文及天文物理研究所のディペン・サフ氏をはじめとする台湾、中国、日本、韓国の国際研究チームは、オリオン座分子雲にある低温分子雲コアの観測を行いました。ハワイのジェームズ・クラーク・マクスウェル望遠鏡による観測で星の形成場所の候補を見つけた後、アルマ望遠鏡を使ってより詳しい観測を行いました。その結果、分子雲コア(星の材料となる分子が集まる分子雲の中でも、特に分子が濃く集まっているところ)の内部に複雑な構造があることがわかりました。まさに誕生直前の星の「種」といえます。
https://alma-telescope.jp/news/stellarseed-202102


◆ 赤ちゃん星が成長する仕組み:ガス円盤から回転の勢いを抜き取るガス流

台湾中央研究院天文及天文物理研究所のチンフェイ・リー氏らの国際研究チームは、アルマ望遠鏡を使って赤ちゃん星(原始星)HH 212を高解像度で観測し、原始星周辺から噴き出すガスの広がりを詳しく描き出すことに成功しました。原始星を取り囲むように回転するガスがどのように回転の勢いを失って星に落下していくのか、という問題は星の誕生に関する長年の謎でしたが、原始星から噴き出すガスが回転の勢いを持ち去っていることが明らかになりました。
https://alma-telescope.jp/news/hh212-202102


◆ アルマ望遠鏡といっしょに春の短歌を詠もう
『#アルマと赤い星』ツイッターキャンペーン
この春の夜空に輝く、月や火星、赤い星たちのように、宇宙の天体たちは時間とともにゆっくりと移ろっていきます。そんな移ろいゆく 『宇宙』 をテーマにしたオリジナル短歌を募集中です!短歌ができたらTwitterにテキストで書き込んで、ハッシュタグ「#アルマと赤い星」をつけて投稿しよう。ご応募は、3月16日(火)まで。
https://alma-telescope.jp/news/redstar-202103


◆ 日本科学未来館 新しい常設展示を公開
日本科学未来館は、2021年3月3日に新常設展示『 “ちり”も積もれば世界をかえる ~宇宙・地球・生命の探求~』を 5 階「世界をさぐる」ゾーンで公開します。基礎科学が私たちの世界観を更新していることを知り、未知の領域を探求する研究活動の価値について考える展示です。アルマ望遠鏡のほか、小惑星探査機「はやぶさ2」、地球深部探査船「ちきゅう」の事例を通して基礎科学の研究者と同じ視点を体験できます。
https://www.miraikan.jst.go.jp/news/press/202102121748.html
◆国立天文台講演会/第25回アルマ望遠鏡講演会
『暗黒の雲から生まれる星たち ~観測の現場から最新成果まで~』
日時:2021年3月6日(土)朝9時00分~11時00分
対象:どなたでも
会場:YouTubeライブ配信(申込不要・参加無料)
講師:平松 正顕(国立天文台 助教)/高橋 智子(国立天文台 准教授)/徳田 一起(大阪府立大学 客員研究員)
https://www.nao.ac.jp/news/events/2021/20210129-alma-lecture.html
◆ アルマ望遠鏡トークライブ『#アルマと赤い星』
日時:2021年3月19日(金)20時00分~21時00分
対象:どなたでも
場所:YouTubeライブ配信(申込不要・参加無料)
講師:平松 正顕(国立天文台 助教)
※トークライブに先駆けて、宇宙の短歌を募集中です。
https://youtu.be/DY6Qow3pf-4

光害ゼロの星空です

月の出が遅くなりましたので、凄い星空が見えています

新月近いので、オーストラリアでもの凄い星空が見えてます 今日は月齢4です

日本の星空ライブカメラ

入笠山の夜空

オーストラリア マリーバの空 → 晴れていて月が細ければ、毎夜、南天の星空が見られます

マリーバの夜空

オーストラリア クイーンズランド州 カーペンタリアのシャイア サバンナ地区 人口0人 → 晴れていて月が細ければ、毎夜、南天の星空が見られます

サバンナの夜空

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、アルマ望遠鏡は現在観測所を閉鎖。これに伴い、ライブカメラも停止中。

◆アルマ望遠鏡 運用再開に向けた準備の進捗について

チリ共和国での新型コロナウイルス感染症の拡大は小康状態にあります。そのため、標高2900mに位置する山麓施設では、状況を見ながら徐々に滞在職員数を増やし、観測再開に向けた準備を始めています。復帰作業の進捗には様々な要因が関係するため、運用の再開に至るまでには長期間かかることが想定され、はっきりした期日を示すことは困難です。もし現在の予定通りに復帰作業が進めば、通常の科学観測の再開は最も早くて2021年3月になる見込みです。

アルマ望遠鏡山頂施設(標高5000m)に、高感度・高画質のライブカメラが設置されており、非常に感度が高いことから夜空にのぼる南天の星々や天の川、大小マゼラン雲をはっきり見ることができます。

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.