更新・新着記事

2021/12/5

ポテトチップスうすしお味と鬼滅の刃カードのセット 店頭購入できた!!

目次1 12/5  ファミリーマートで販売を確認&購入2 11/30  ローソンで販売を確認&購入3 11/27  マルエいで販売を確認 購入4 11/23  ワイズマートで販売を確認 購入5 11/14  ついに店頭で購入!!6 ポテトチップス鬼滅の刃 コンソメ無限パンチ 2021年11月08日発売 コンビニエンスストア以外の店舗での販売6.1 どこで売っているのか ???7 鬼滅の刃チップス うすしお味 カードリスト 2021年11月30日発売 コンビニエンスストアのみでの販売 12/ ...

2021/12/5

南極皆既日食 2021/12/04

目次1 南極大陸で皆既日食2 現地の様子3 皆既日食 動画 南極大陸で皆既日食 この珍しい天文現象を目撃したのは、一握りの科学者や観光客、たくさんのペンギンでした。皆既日食が観測できたのは南極大陸のみで、現地には一部の科学者や専門家の他、約4万ドル(約450万円)のツアーに参加した少数の観光客が集まりました。 現地の様子 皆既日食 動画 https://hrykosd.com/wp-content/uploads/2021/12/total-solar-eclipse-s.mp4

2021/12/5

鬼滅の刃 遊郭編 いよいよ今夜開演

目次1 東京スカイツリーが“ド派手”にライトアップ 宇髄天元をイメージ 12/5 17:30~24:001.1 「鬼滅の刃」遊郭編ではデータ放送プレゼント企画を実施    dボタンを押して豪華プレゼント1.2 カウントダウン色紙2 あと1日3 あと2日4 あと3日5 あと4日6 第1話 『音柱・宇髄天元』6.1 宇髄と共に遊郭に向かう竈門炭治郎の姿7 「鬼滅の刃 無限列車編」最終話となる第7話「心を燃やせ」放送終了後に次週より公開となる「鬼滅の刃 遊郭編」の予告映像が公開8 “遊郭編”、12月5日(日)か ...

2021/12/5

東京ディズニーリゾート チケット販売 12/8 14:00 2/5~2/11分販売 ・ 12/10 14:00 1/8~1/14分追加販売

目次1 次回の販売予定2 販売済3 今後の販売予定 注意!! 入園日の約2ヶ月前より1週間分のチケットを販売する予定4 追加販売5 10/13の販売枚数6 原則5,000人だった入場制限が、1万人に緩和7 9月22日 「ハロウィーンモーニング・パスポート」発売8 9月8日の販売状況9 チケット販売状況 チェック      &     コンビニ端末でチェック!!10 9月1日の販売状況11 8月25日の販売状況12 8月11日の販売状況13 7月28日の販売状況14 次回チケット販売は7月14日(水 ...

2021/12/5

北京冬季オリンピック(あと61日)・パラリンピック(あと89日) 

目次1 オミクロン株の北京五輪への影響2 29日から 冬の北京オリンピックとパラリンピックをPRする展示会が東京都内で始まる3 北京冬季五輪 選手村の食堂メニュー発表 料理数は678超4 中国河北省張家口 ジャンプ台5 中国河北省張家口にある北京冬季五輪の選手村6 黄色警報発令!北京・天津・河北に大雪の予報  積雪20cm7 2022年北京冬季オリンピック会場  シークレット・ガーデンスキー場 タイウースキー場7.1 シークレット・ガーデンスキー場7.2 タイウースキー場8 北京五輪のコロナ対策9 カウン ...

新型コロナウイルス 怖い後遺症

生活関連

新型コロナウイルス 怖い後遺症

ブレイン・フォグ(脳の霧)

新型コロナに感染し、治癒したにもかかわらず、体の違和感を「後遺症」として訴える元患者が、世界中で後を絶たないようです。女性のほうが、新型コロナウイルス感染症による後遺症を訴える傾向が強いそうですし、高齢者や感染初期に発熱や咳・味覚を失うなどの症状を経験した患者も、後遺症のリスクが高いということです。頭に霧がかかったように物事が思い出せなくなることから『ブレイン・フォグ(脳の霧)』と呼ばれる症状も、後遺症の1つです。具体的には、記憶力や集中力の低下、倦怠感やめまい、日常的な言葉を理解する能力の低下などの認知症状を指します。新型コロナに感染し、記憶を失ったという事例もあるそうです。

新型コロナ感染症にかかった人の脳は、最高で10歳も老化

新型コロナウイルスは脳にも感染し「深刻な脳障害を起こす恐れがある」という報告があります。髄膜炎や脳炎、意識障害のほか、記憶障害が出る人もおり、後遺症が心配されます。原因については、新型コロナのウイルスに対する体の免疫反応によって、脳につながる血管が炎症を起こすからではないかとみられていますが、いまのところまだはっきりしていません。

 

ワクチンの落とし穴

12月2日、イギリスは先進国で初めて米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンを承認しました。米国やEUもこれに続く予定で、日本政府もこのワクチンを来年6月までに6000万人分用意する予定です。ワクチンは、弱毒化もしくは無毒化した抗原を体内に取り込むことで、あらかじめ抗体を作り出し、ウイルスなどの感染を防いだり、感染した場合の重症化を防いだりします。ただし現在、世界で承認されつつあるコロナワクチンは、これまでのワクチンとは異なる点があります。生ワクチンやインフルエンザなどで使われている不活化ワクチンは弱毒化、不活化したウイルスそのものを身体に打ち込みます。一方、ファイザーのコロナワクチンはRNAワクチン、アストラゼネカはベクターワクチンと呼ばれ、ウイルス成分を身体に打ち込むわけではありません。簡単にいえば、ウイルスの設計図を打ち込んで、身体にウイルスと似た構造のたんぱく質を作らせて免疫反応を呼び起こさせようとするものです。従来のワクチンは工場でウイルスやその成分を作るため、時間もコストもかかり、大量生産は難しいのですが、RNAワクチンは合成装置という機械だけで製造でき、コストやスピードの面で圧倒的に有利ではあります。RNAワクチンはいままで人類に対して承認されたことのない、まったく新しいワクチンです。本来はすぐに分解されるはずの遺伝子情報が残って、5年後、10年後に未知の副反応が出てくる懸念もあります。この懸念はどのメーカーも払拭できていないのです。そもそも、あらゆるワクチンに副反応はつきものです。例えば、ワクチンを接種した場所が腫れたり、痛んだりするのも副反応の一種で、これはほぼ避けられません。もっとも、いずれ腫れは引くものなので、これは心配する必要がないものです。問題は、より深刻な副反応です。アナフィラキシー(全身に起こるアレルギー反応で痒くなったり、呼吸困難になったりする)、脳症・脳炎、ギラン・バレー症候群(全身の筋力低下、嚥下力低下、呼吸困難)などが挙げられます。仮にアメリカで1億人打ったとしたら、さまざまな副反応のデータも集まるでしょうから、その時点で、打つか打たないか判断しても遅くないと思われます。

-生活関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.