キンモクセイ(金木犀)

生物関連

キンモクセイ(金木犀)

中国南部が原産で、江戸時代に日本に伝わってきた

本来は雌雄異株ですが、輸入された際に雄株しか入ってこなかったことから、日本にあるキンモクセイには実(種)がつきません。キンモクセイの開花時期は、9月中旬〜10月下旬です。環境によって異なりますが、9月に一旦花が咲き終えた後、10月に新しい花が開花して下旬まで楽しむことができる2分咲きや四季咲き品種もあります。ただし、キンモクセイの花の開花期間は短く、1週間ほどです。庭先で育てることが多いで樹木ですが、鉢植えにも適しています。移動できる鉢植えで部屋の中で香りを満喫できる楽しみがあります。キンモクセイの香りは、3~7日間ほどの短い開花期間のみ感じることができます。

 

-生物関連
-

Copyright© おさのフォト日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.