訪問したらクリックしてね!

【 更新・新着記事 】

2022/7/6

伝統的七夕

目次1 七夕の物語|彦星と織姫の話2 世界の七夕事情2.1 中国では「恋人の日」2.2 韓国では雨が降ると・・・2.3 ブラジルにもある七夕祭り3 もともとの七夕の行事というのは旧暦の7月7日4 短冊に願い事を書く由来4.1 短冊の5色と意味 七夕の物語|彦星と織姫の話 七夕と言えば有名な彦星と織姫の物語があります。中国が発祥の牛郎織女(ぎゅうろうしょくじょ)というお話です。牛の世話をしていた彦星と結婚した織姫。二人が仲良く、仕事もせず遊んでいました。その結果、牛は瘦せてしまい天の神さまは怒り、二人を天の ...

2022/7/6

葛西臨海公園のカブトムシ徹底調査 2022年版 開始しました

目次1 2022年7月3日 カブトムシは来週か2 2022年7月2日 樹液にカナブン集合3 2022年の有望な木を調査4 外来植物がカブトムシの活動リズムを変化させる5 葛西臨海公園に コクワガタ生息6 葛西臨海公園にノコギリクワガタ生息7 そろそろ終盤の2021/8/29 日中調査8 2021/8/9 雨上がりの日中調査9 葛西臨海公園には、クワガタ生息しているのか調査10 2021/7/24 日の出直後の調査で、立派な角のオス確認  (^O^)11 2021/7/22 日の出直後の調査で、今季初のカブ ...

2022/7/6

新型コロナウイルス 変異ウイルス BA5による第7波の始まり

目次1 明らかな増加傾向2 新型コロナ 変異ウイルス BA5拡大3 マスク着用 新基準4 都会地は集団免疫獲得か5 1/4  オミクロン株か?!   日本も増加傾向へ5.1 オミクロン株の初期症状6 11/247 11/228 随分減少しましたが、これを維持したい9 今年最小の感染者数まで減少 ⇒ 弱毒化により発症する人が減少9.1 今後、弱毒化して最終的には風邪の原因の一つになっていく??10 人流8割減並みの感染者の急減少11 緊急事態宣言 解除12 変異株対策13 緊急事態宣言 延長14 新規感染者 ...

2022/7/6

C 2017/K2 パンスターズ彗星 地球最接近 2022年7月14日 今が見頃

目次1 距離が遠いため見かけは小さいが見事な彗星2 最接近のときは満月なので、現在と今月下旬が見頃です3 近日点通過 2022年12月19日 1.8AU 距離が遠いため見かけは小さいが見事な彗星 最接近のときは満月なので、現在と今月下旬が見頃です c 2017/K2の発見時は太陽から24億kmもの遠方でしたが、すでにコマがある活動が活発な彗星でした。地球最接近といっても、地球から約2億7000万kmを通過するため、明るさは8等級にとどまりますが、彗星の活動が活発なため、写真のような見事な姿が捉えられます。 ...

2022/7/6

2022年の「月面X」 本日、7月6日(水曜日) 18時40分  前後1時間

目次1 7/6 天気状況2 5/8 月面X    東北地方で撮影されたもの2.1 15:30時点 雲が所々にあります2.2 関東の南方に気圧の谷が残りました3 「月面X」の観察できる日時 7/6 天気状況 全国的に天気が不安定ですが、見られる地域はありそうです。 5/8 月面X    東北地方で撮影されたもの 15:30時点 雲が所々にあります 関東の南方に気圧の谷が残りました   「月面X」の観察できる日時 NO 見られる日 見られる時間帯 日没時刻 状況 1 3月10日 16時45分  前後 ...

2022/7/5

キハ40国鉄色車両 富良野~幾寅

JR北海道が廃止を予定している区間を走る キハ40国鉄色車両

2022/7/5

7月10日 小清水原生花園 すなはま宝探し

はな*花 フェスティバル 満開を迎えたエゾスカシユリと、JR釧網線と斜里岳。

2022/7/4

TDR 突然の発表 「ウィークナイトパスポート」「アーリーイブニングパスポート」

突然の発表、驚きました ⇒ 7月5日14:00より販売 現在販売休止中の「アフター6パスポート」「スターライトパスポート」は、2022年7月4日(月)をもって廃止となります。

2022/7/5

日本最北スタバ 北見に7月4日オープン

目次1 開店 大学生で賑わう2 北見KIT FRONT店 開店 大学生で賑わう 北見KIT FRONT店 北見工大の向かいに立地し、アルゴグラフィックス北見カーリングホールにも近接しています。

2022/7/4

次回発売 7月20日 😀 【まるで生ジョッキのうまさ】アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶

目次1 最近は、次回発売の少し前くらいまで、潤沢な在庫あり2 4月以降の発売日3 リニューアル缶 販売状況3.1 4月12日 ローソン再入荷3.2 4月11日 ローソン完売3.3 4月9日  ローソン、アコレ でまだ在庫あり3.4 3月29日 ローソンで販売3.5 3月26日 オーケーで販売  ⇒  3月27日もまだ 在庫あり4 3月29日発売分からリニューアル4.1 生産体制を強化し、年間製造可能数量は昨年の5倍4.1.1 現在                                       ...

2022年 天文現象

天文関連

2022年 天文現象

2022年1月

しぶんぎ座流星群

しぶんぎ座流星群はピークの時間帯が短い流星群だけに、極大時刻が非常に重要です。2022年の極大時刻は1月4日の6時ごろと予想されています。日本では日の出が遅い西日本でも薄明が始まる頃のタイミングで、ピークの前後を十分に楽しめません。しかし、夜明け前に一気に出現が増加して、3大流星群の片鱗がうかがえそうです。次に月の条件です。下の星図にある1月4日3時の月齢は1.0です。前日が新月ですから月の影響は全くなく、最良の条件です。

最小の満月

2022年の満月のうち、見かけ上最も小さく見える満月は1月18日の8時48分で、月と地球の距離は約40万1024 km。

2022年2月

2022年3月

2022年3月10日(木)   月面X   16時45分

2022年4月

2022年4月5日(火) 火星と土星が0.4度を切る大接近

火星と土星の間隔は、前日は0.9度、翌日なら0.6度と、こちらも大接近状態です。4月5日に見られない方も、あきらめないでください。

2022年4月28日(木) 金星と海王星が0.1度を切る超大接近

4時20分台に0.04度超まで近づくと表示されるのですが、実際にどこまで近づくか見ものです。

2022年5月

2022年5月1日(日) 金星と木星が0.2度まで超接近

金星は4月28日に海王星と超大接近を果たしたばかりですが、今度は木星と0.2度ちょっとまで近づきます。

2022年5月8日(日) 月面X   19時10分

2022年5月29日(日) 火星と木星が大接近

火星と木星が0.6度まで大接近します。木星は5月1日に金星と、ゴールデンペアの大接近があったばかりです。5月29日の未明は星図のように、木星と火星が0.6度の間隔で並びます。木星の明るさは-2.3等で、火星は0.7等です。

2022年5月31日(火)  ヘルクレス座τ流星群    ダストトレイルとの接近

ダストトレイルへの接近時刻は研究者によって多少違いますが,おおよそ5月31日13:50~14:20JSTあたり。1892年や1897年など別のトレイルとの接近情報もあるため,5月28日~6月1日の活動状況は要注目です。

2022年6月

2022年7月

2022年7月6日(水)

月面X   18時40分

2022年7月14日(木)

2022年の満月のうち、見かけ上最も大きく見える満月は7月14日の3時38分で、その距離は約35万7418 km。

2022年7月21日(木) から22日(金) にかけての夜 火星食

多くの地域では月の縁から火星が現れる「出現」を見ことができます。北海道など月の出が早い一部の地域では、月に隠され始める「潜入」も観測できます。東京で出現となる0時15分ごろ、月の高度は6.7度で、地平線から昇ってから38分しかたっていません。

2022年8月

2022年9月

2022年9月3日(土)

   月面X   17時15分

2022年9月26日(月)  地球と木星が大接近

2022年の接近は1963年以来、59年ぶりとなる大接近です。また、今回以上に今後地球へ近づくのは2129年で、107年後のことになります。

2022年10月

2022年11月

2022年11月1日(火)  月面X   17時20分

2022年11月8日(火)  好条件の皆既月食 皆既月食中に天王星食

日本全国で本影による月食を全経過見ることができます。本影による月食は18時9分に、月の左下が欠け始めることで始まります。19時16分になると皆既月食が始まり、赤銅色に染まった美しい月が見られます。最大食は19時59分で、食分は1.36と十分なものです。皆既継続時間も1時間26分に達し、たっぷり楽しめます。20時42分になると皆既が終わり、復帰が始まります。21時49分には部分月食も終わり、本影による月食が終了します。東京では20時41分に天王星が月の縁に潜入し、21時22分に月の縁から出現します。今回の天王星食は、潜入・出現とも全国で見られる上に、高度も十分ある珍しいものです。

しし座流星群 要注意

2022年は1733年放出のダストトレイルとの接近が予想されています.ただし,予想時刻が19日15:30頃(日本時)です。

2022年12月

2022年12月1日(木)  火星が地球へ中接近

今回は2020年の準大接近に次ぐ中接近となります。地球との距離は、大接近となった2018年の0.385AUや、2020年の準大接近 0.415AUにはおよびませんが、0.545AUとまずまずの距離です。

2022年12月30日(金)    月面X   20時30分

-天文関連
-

PAGE TOP

Copyright© おさのフォト日記 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.